カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[291日目]

投稿日:2020年4月25日

エンジン全開で東京へ

北海道編 67日目(2007年10月26日)

 秋和温泉「秋和鉱泉旅館」の朝湯に入る。湯から上がると朝食。塩ジャケ、キノコの卵とじ、酢の物、漬物…でいつもの「三杯飯」。具だくさんの味噌汁がおいしい。これぞ信州の味!

 宿を出発するときは、「カソリさん、気をつけてくださいね」と、女将さんにはやさしい言葉をかけられ、さらに「リンゴ」と「ラフランス」までいただいた。

 第1湯目の岳の湯温泉へ。その途中では、昨日、一緒に温泉をめぐった「よかさん」の家に寄っていく。上田に近い「よか家」前の自販機でカンコーヒーを飲む約束をしていたからだ。その自販機に到着すると、「よかさん」と「溶接屋さん」が待ち構えていた。2人も一緒に岳の湯温泉に行くという。「よかさん」の車が先頭で、つづいてカソリのスズキDR−Z400SM、「溶接屋さん」のスズキGRガンマがつづく。「溶接屋さん」は伝説の名車を時間をかけて復活させた。2サイクルエンジンのサウンドがたまらない。

 岳の湯温泉の一軒宿「雲渓荘」には10時過ぎに到着。ここの日帰り湯は10時から。ドンピシャのタイミングで着いた。男湯の方は貸切湯同然でほかに入浴客もいない。無色透明の湯にどっぷりつかりながら、「溶接屋さん」との「湯の中談義」を楽しんだ。浴室からはきれいな紅葉が眺められた。「紅葉狩り」の湯はたまらない。湯から上がると、「よかさん」、「溶接屋さん」とグレープフルーツジュースで乾杯。ロビーのソファーに座りながらの話は尽きない。

「溶接屋さん」は岳の湯温泉から帰っていった。

「よかさん」とは国道152号沿いのコンビニまで一緒に行き、そこで「また、いつか、お会いしましょうね」といって別れるはずだった。だが別れがたくて、よかさんの「近くにおいしいラーメン屋さんがあるのよ」の一言で、「かじかや」で昼食。手打ちの幅広麺の「中華そば」をよかさんにご馳走になった。

 よかさんと別れ、国道152号で大門峠に向かっていくと、激しい雨になった。

 あっというまの出来事で、道路が冠水するほどの降り方だ。

 大門峠を越える。

 冬の温泉めぐりではツルンツルンのアイスバーンに泣かされた大門峠だが、今回は大雨…。

 大門峠を下ったところで第2湯目の唐沢温泉「唐沢鉱泉旅館」の湯に入る。木の湯船の無色透明の湯につかった。

 つづいて第3湯目の原村八ヶ岳温泉「もみの湯」に入る。大浴場と露天風呂。茶色がかった半透明の湯には温泉の味がする。

 長野県から山梨県に入ると、南アルプス山中の3湯を目指した。

 雨はさらに激しくなっている。豪雨といっていい。

 すでに日は暮れ、雨中の林道ナイトラン。路面のいたるところに大きな水溜まりができている。バシャー、バシャーと盛大な水しぶきをあげながら突き進んでいく。

 あやうく路肩を踏みはずしそうになり、あわや谷底に転落…という危機もあった。

 第4湯目は御座石温泉。一軒宿の「御座石鉱泉旅館」に到着したのは18時30分。すでに玄関の明かりは消えていたが、無理いって入らせてもらった。内風呂のみ。若干のにごり湯。湯につかったときのうれしっさといったらない。豪雨の林道ナイトランに打ち勝ったような気分。湯から上がると、女将さんはわざわざ外に出て、
「気をつけて帰ってくださいね」
 といって見送ってくれた。

 第5湯目は青木温泉。一軒宿の「青木鉱泉旅館」に着くと、やはり電気は消えていた。「ゴメンクダサ〜イ!」

 大声を張り上げると電気をつけてくれ、入浴もさせてくれた。無理して来た甲斐があったというもの。内風呂の無色透明の湯につかった。

 第6湯目は大藪温泉。湯元の「鈴木旅館」に着いたのは21時。ここでは電気はついていたが、玄関が閉まっていた。またまた大声を張り上げ、「ゴメンクダサイ!」を連発する。番犬がワンワン、火のついたように吠えまくっている。しばらくして出てきた女将さんに、「こんな時間で…、ほんとうに申し訳ないのですが…」と謝って入浴を頼むと、快く入れさせてくれた。ありがたい。大浴場の無色透明の湯。これで南アルプス山中の3鉱泉の湯に入ることができた。

 大藪温泉を出発したのは21時30分。

 国道20号に出ると、韮崎ICで中央高速に入り、双葉SAで夕食のナン&チキンカレーを食べた。

 双葉SAからはDRのエンジン全開で東京へ。

 雨より怖いのはツルツルタイヤだ。車線を変えるたびにツルッと滑り、ヒヤヒヤした。

 都内に入ると、首都高→湾岸→東関道→京葉道路と高速道をひた走り、貝塚ICで高速を降りたのは午前1時。屋根をみつけると、その下で「午前1時の宿探し」。

 千葉駅前の「東横イン」に電話すると満室。この時間だから当然か…。だが、ありがたいことに、「千葉みなと駅前」にもあるという。すぐさま電話すると部屋がとれた。「午前1時の宿探し」、成功!

「東横イン・千葉みなと駅前」に到着したのは1時40分。ここまで来れば、「3000湯の夕べ」のイベントが行なわれる勝浦温泉までそれほど遠くはない。

「東横イン」の温泉ではない湯に入り、湯から上がると「溶接屋さん」が差し入れしてくれた「千曲錦」を飲んだ。瓶にはマジックで「祝!3000湯」と書かれてあった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 秋和温泉「秋和鉱泉」
朝食 秋和温泉「秋和鉱泉」
9時30分 秋和温泉「秋和鉱泉」を出発
出会い よかさん、溶接屋さん
3042湯目 岳の湯温泉「雲渓荘」(400円)
昼食 「かじかや」中華そば(550円)
大門峠(峠越え)
3043湯目 唐沢温泉「唐沢鉱泉旅館」(700円)
3044湯目 原村八ヶ岳温泉「もみの湯」(500円)
3045湯目 御座石温泉「御座石鉱泉旅館」(1260円)
3046湯目 青木温泉「青木鉱泉旅館」(1000円)
3047湯目 大藪温泉「湯元 鈴木旅館」(710円)
夕食 中央道の双葉SA ナン&チキンカレー(700円)
1時40分 千葉「東横イン 千葉みなと駅前」(1泊朝食6090円)
本日の走行距離数 480キロ
本日の温泉入浴数 6湯

秋和温泉「秋和鉱泉」の朝湯に入る「秋和鉱泉」の朝食よかさん、溶接屋さんとの出会い

秋和温泉「秋和鉱泉」の朝湯に入る 「秋和鉱泉」の朝食 よかさん、溶接屋さんとの出会い

岳の湯温泉「雲渓荘」「溶接屋さん」とスズキGRガンマ「かじかや」の「中華そば」

岳の湯温泉「雲渓荘」 「溶接屋さん」とスズキGRガンマ 「かじかや」の「中華そば」

豪雨の大門峠を越えた!唐沢温泉「唐沢鉱泉旅館」双葉SAの「ナン&チキンカレー」

豪雨の大門峠を越えた! 唐沢温泉「唐沢鉱泉旅館」 双葉SAの「ナン&チキンカレー」

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.228
    3月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周


    モトチャンプ 2021年5月号
    4月6日発売

    賀曽利隆の
    クレイジージャニー


    アンダー400 No.87
    3月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド
    房総編

  • ツーリングマップル 2021

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

  • 短期集中連載「東日本大震災」

    まもなく10年目の3・11を迎えます。2011年3月11日に発生した「東日本大震災」の直後から、ぼくはいたたまれないような気持ちで、「地平線通信」に毎月のように書きました。それら一連の「東日本大震災」の関連原稿をお読みください。それを通して当時の状況が伝われば幸いです。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • おすすめの一冊


    松尾清晴
    ワルキューレ1500cc
    オートバイ地球ひとり旅
    アフリカ編

    鳥影社
    344ページ 1,600円+税

    19年間で140ヵ国、39万㎞を走った松尾さんの地球ひとり旅。その第1弾目として「アフリカ編」が出た。松尾さんのパワーには圧倒されるが、旅への情熱がけた外れに大きい。JRを早期退職して56歳で世界に旅立った松尾さん。「アフリカ編」のあとは、
    「ヨーロッパ編」
    「アメリカ大陸編」
    「シベリア横断・中央アジア編」
    「アジア・オセアニア編」
    「朝鮮半島編」
    「東南アジア編」と出版予定。

    (賀曽利隆)

    御年77歳の海外ツーリングライダー、松尾さんの初めての著書。英語もほとんど話せず、ガイドブックも持たず、地図は高校の授業で使う世界地図帳だけ。まさに行き当たりばったりの旅ながら、何とかなってしまうのだから凄い。私もインド・バラナシでお会いしましたが、ホントに日本語とジェスチャーだけでも通じていました。海外ツーリングを夢見る、すべてのライダーに勇気を与えてくれる本です。

    (荒木優子)

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up