カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[289日目]

投稿日:2020年4月22日

これぞ「信州の秘湯」

北海道編 65日目(2007年10月24日)

「上越サンプラザホテル」の朝湯(温泉ではない)に入り、ご飯、味噌汁、塩ジャケ、納豆、半熟卵、サラダ、煮物、海苔、漬物の朝食を食べ、9時に出発。

 直江津から北陸道で能生へ。

「本州西部編」のときには冬期閉鎖で入れなかった島道温泉に行く。ここが第1湯目。県道246号→県道377号で一気に山中に入り、最後は急坂を駆け上り、一軒宿の「島道鉱泉」に到着。木造2階建の「越後の秘湯」に入る。小さめな湯船。深い浴槽。無色透明の湯につかっていると、「これで前回の借りを返したな」という気分になってくる。

 直江津に戻ると、国道18号→国道405号を行く。

 第2湯目は日向温泉。国道405号から県道184号を北へ。そこから山中に入ったところにある。「ホテル本陣」の湯。大展望風呂の「空中風呂」に入る。無色透明の湯。湯につかりながら日向温泉の速報を携帯で送っているときのことだった。

「絶景湯ですね!」
 という声が背後でした。

 だがぼくは携帯での送信に夢中で、その声が自分に向けられたものだとは思わなかった。ふたたび「絶景湯ですねえ!」の声がする。

 しつこいヤツだなあ…と思って後ろを振り向くと、何と「よねさん」ではないか。びっくりした。
「本州西部編」の富山・石川県内では連日のように、勤務先を抜け出して来てくれた「よねさん」が今、目の前にいる。

 こうして「よねさん」との温泉めぐりがはじまった。

 カソリのDR−Z400SMが先を行き、「よねさん」のスカイウェーブ400がフォローする。次の多能温泉は「定休日」だったが、そこでは「よねさん」の差し入れの「ますの寿司」をいただいた。

 第3湯目は山中の一軒宿のまるたき温泉「まるたき温泉」の湯。昨日は定休日で入れなかった温泉だ。硫黄冷鉱泉の湯で浴室にはプーンと硫黄の臭いが漂う。内風呂のみ。小さな湯船。次の宇津俣温泉「深山荘」は休業中。

 第4湯目は鷹羽温泉「鷹羽鉱泉」の湯。山上の一軒宿。そこからの眺望は抜群。はるか遠くに日本海を望む。見下ろす山々の間には高田平野の一角が見えている。ここは内風呂のみ。にごり湯で泉質は硫化水素泉。

 鷹羽温泉から国道403号に戻ると、国道沿いの「ローソン」でバイクを停める。そこで「よねさん」の差し入れの「あんころ」を食べた。それを最後に「よねさん」は金沢へと帰っていく。今日は娘さん誕生日で、「バースデーケーキ」を取りにいくのが「よねさん」の仕事なのだという。別れぎわに白山市の地酒「おかっぽれ」を手渡された。よねさん、ありがとう!

 第5湯目は板倉郊外のゑしんの里温泉「やすらぎ荘」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。大風呂は「飯田温泉」で硫黄冷鉱泉。小さい湯船は「大峯温泉」でナトリウム−塩化物泉。2つの泉質の湯に入り、これをもって新潟県の温泉めぐりを終えた。

 国道292号で富倉峠を越え、長野県に入った。

 第6湯目は滝野脇温泉。国道から細道で山上の集落の滝野脇へ。その一角に共同浴場「金平の湯」がある。

「えー、こんなところに!」
 と、思わず声が出る。

 これぞ、「信州の秘湯」といった趣。ここは内風呂のみで、入浴料の200円を料金箱に入れて湯につかる。

 飯山に到着すると、町中の「ローソン」で夕食にする。「握りずし」を食べた。それを速報で流した直後に「索さん」が奥さん、娘さん連れでやってきた。「カソリさ〜ん、ローソンといえばここだなって、すぐにわかりましたよ」。

 そんな「索さん一家」と一緒に斑尾高原温泉へ。「斑尾の湯」に「索さん」と1歳になる「千夏ちゃん」と一緒に入った。千夏ちゃんは温泉が大好き。湯から上がったところで「索さん一家」に別れを告げ、飯山に下った。

 さきほどの「ローソン」で20時の「宿探し」。この時間で、なおかつまだ入っていない信州の温泉ということで、「宿探し」は困難をきわめた。

 長野市内のビジネスホテルにしようかと、何度、思ったことか。

 だが、諦めなくってよかった。ついに温泉宿をGETした。

 今晩の宿、聖高原に近い草湯温泉に向かう。豊田飯山ICから上信越道→長野道と夜の高速道を突っ走り、麻績ICで高速を降り、草湯温泉「冠着荘」に到着したのは21時30分のことだった。

 第8湯目の「宿湯」に入り、湯から上がると、「よねさん」の差し入れの「おかっぽれ」を飲んだ。さすが「よねさん」が自慢するだけのことはあって、「おかっぽれ」はじつにうまい酒だった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 「上越サンプラザホテル」
朝食 「上越サンプラザホテル」 ご飯、味噌汁、塩ジャケ、納豆、半熟卵、サラダ、煮物、海苔、漬物
9時 出発
3029湯目 島道温泉「島道鉱泉」(300円)
3030湯目 日向温泉「ホテル米本陣」(500円)
出会い よねさん
昼食 よねさんの差し入れ ますずし
多能温泉「多能鉱泉」(休業中)
3031湯目 まるたき温泉「まるたき温泉」(500円)
宇津俣温泉「深山荘」(休業中)
3032湯目 鷹羽温泉「鷹羽鉱泉」(600円)
3033湯目 ゑしんの里温泉「やすらぎ荘」(500円)
長野県に入る
3034湯目 滝野脇温泉「金平の湯」(200円)
夕食 飯山の「ローソン」の「握りずし」
出会い 索さん一家
3035湯目 斑尾高原温泉「斑尾の湯」(800円)
21時30分 草湯温泉「冠着荘」(1泊朝食6500円)
3036湯目 草湯温泉「冠着荘」
本日の走行距離数 308キロ
本日の温泉入浴数 8湯

「上越サンプラザホテル」の朝食島道温泉「島道鉱泉」日向温泉「ホテル米本陣」での「よねさん」との出会い

「上越サンプラザホテル」の朝食 島道温泉「島道鉱泉」 日向温泉「ホテル米本陣」での「よねさん」との出会い

「よねさん」の差し入れの「ますずし」をいただく鷹羽温泉にやってきた鷹羽温泉「鷹羽鉱泉」の湯に入る

「よねさん」の差し入れの「ますずし」をいただく 鷹羽温泉にやってきた 鷹羽温泉「鷹羽鉱泉」の湯に入る

「よねさん」の差し入れの「あんころ」をいただくゑしんの里温泉「やすらぎ荘」の湯滝野脇温泉「金平の湯」

「よねさん」の差し入れの「あんころ」をいただく ゑしんの里温泉「やすらぎ荘」の湯 滝野脇温泉「金平の湯」

夕食は「ローソン」の「握りずし」

夕食は「ローソン」の「握りずし」    

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.84
    9月4日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・前編


    タンデムスタイル No.221
    8月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    北海道編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up