カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[287日目]

投稿日:2020年4月19日

カソリ本読者の宿

北海道編 63日目(2007年10月22日)

「東横イン」(新潟駅前)の朝湯に入り、おにぎり&味噌汁の朝食を食べ、9時30分に出発。

 第1湯目は白根温泉「関根旅館」の湯。ここは内風呂のみ。茶色の湯で体の芯からあたたまる。つづいて湯の越温泉に行ったが、廃業湯だった。

 第2湯目は福寿温泉「じょんのび館」の湯。ここでは落合さんとの出会い。大浴場と露天風呂に一緒に入った。湯から上がると「なめこそば」を食べた。落合さんとはここで別れた。。

 第3湯目は昨日、入りそこねた岩室温泉だ。新潟の奥座敷といった温泉で、何軒かの温泉宿がある。ここでは日帰り湯「よりなれ」の湯に入った。大浴場と露天風呂はともに無色透明の湯。

 岩室温泉からは日本海へ。

 シーサイドラインの国道402号で柏崎に向かっていく。

 第4湯目は田ノ浦温泉。「旅館丸一」の湯に入る。内風呂と露天風呂。ともに無色透明のやわらかな湯。浴室からは日本海を一望する。

 つづいて野積温泉へ。「旅館のぞみ温泉」の玄関前でスズキDR−Z400SMを停め、ヘルメットを脱いだ瞬間、調理人姿の宿の若主人、「石井さん」が飛び出してきた。

「カソリさんではないですか〜!」
 と、驚いたような声を上げる。ありがたいことに、石井さんは高校生のころからのカソリ本の読者で、「峠越え」の連載を読んでくれている。

「今日はご馳走しますよ!」
 という石井さんのひと言で、野積温泉にはまた戻り、今晩は泊めてもらうことにした。

 第5湯目は寺泊岬温泉「太古の湯」。ここは大浴場の内風呂のみ。塩分を含んだ茶色い湯。浴室からは日本海を一望する。次の寺泊海岸温泉は入浴のみは不可で入れなかった。

 第6湯目は寺泊温泉「北新館」の湯。大浴場には2つの湯船。ともに濁り湯で、ひとつは有味無臭の温めの湯。もうひとつは無味無臭の熱めの湯。といっても源泉は24度だ。

 出雲崎では「ふれあいの里」に行ったが、ここは天然温泉ではないのでパスした。

 日本海沿いの国道352号で柏崎に向かっていくと、「中越沖地震」の影響で国道の路面は大きく波打っていた。

 第7湯目は勝見温泉。国道沿いの一軒宿「勝見鉱泉」の湯に入る。内風呂のみ。小さめの湯船。ふたをとって湯につかる。次に大崎温泉の日帰り湯「雪割草の湯」に行くと、「本日、休業」。ということで柏崎の大崎温泉から野積温泉に戻った。

 今晩の宿、野積温泉「旅館のぞみ温泉」に到着したのは17時50分。こんなに早い時間に宿に入るのは初めてのことだ。「岩風呂」にゆったり気分でつかり、湯から上がると、カンビールをキューッと飲み干した。

 19時、夕食。うれしい「宿食」。石井さんは「八海山」の一升瓶をボンと置くと、ついでくれる。うまい。石井さんと話しながら飲むのでよけいにうまい。遠慮なくグイグイと盃をあけていく。

 夕食は「海の幸三昧」!

 まずは「紅ズワイ」を貪るようにして食べた。

 刺身のブリとタイ、甘エビは地のもの。それとサーモン。きわめつけは「ノドグロ」の焼魚。身のしまり具合といい、味といい、焼き加減といい、もういうことなし。さらに具だくさんの「ホタテ鍋」をいただいた。

 味噌汁の具は小鯛。この「小鯛の味噌汁」は絶品だ。

「海の幸三昧」の夕食を食べているところに、DRの旧車を飛ばして、石井さんの友人の「田辺さん」が燕から来てくれた。うれしいことに、田辺さんもカソリ本を何冊も読んでくれている。田辺さんを交えてさらに話ははずみ、あっというまに夜は更けていく。

 野積海岸の野積温泉は、石井さん、田辺さんのおかげで忘れられない温泉になった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝食 「東横イン」(新潟駅前) おにぎり&味噌汁
9時30分 出発
3011湯目 白根温泉「関根旅館」(500円)
湯の腰温泉(廃業湯)
角田岬
3012湯目 福寿温泉「じょんのび館」(850円)
出会い 落合さん
昼食 福寿温泉「じょんのび館」なめこそば(650円)
3013湯目 岩室温泉「よりなれ」(500円)
3014湯目 田ノ浦温泉「旅館丸一」(500円)
3015湯目 寺泊岬温泉「太古の湯」(600円)
寺泊海岸温泉(入浴のみ不可)
3016湯目 寺泊温泉「北新館」(600円)
3017湯目 勝見温泉「勝見鉱泉」(400円)
大崎温泉「雪割草の湯」(定休日)
17時50分 野積温泉「旅館のぞみ温泉」(1泊2食・特例)
3018湯目 野積温泉「旅館のぞみ温泉」
夕食 ご飯、味噌汁、野積温泉「旅館のぞみ温泉」 紅ズワイガニ、ブリ、タイ、甘エビ、サーモンの刺身、ノドグロの焼魚、ホタテ鍋、酢の物、漬物
出会い 田辺さん
本日の走行距離数 140キロ
本日の温泉入浴数 8湯

「東横イン」の朝食白根温泉「関根旅館」「関根旅館」の湯

「東横イン」の朝食 白根温泉「関根旅館」 「関根旅館」の湯

角田岬からの眺め「じょんのび館」の「なめこそば」岩室温泉「よりなれ」

角田岬からの眺め 「じょんのび館」の「なめこそば」 岩室温泉「よりなれ」

田ノ浦温泉「旅館丸一」の湯「旅館丸一」の湯から見る日本海寺泊岬温泉「太古の湯」

田ノ浦温泉「旅館丸一」の湯 「旅館丸一」の湯から見る日本海 寺泊岬温泉「太古の湯」

寺泊の魚市場勝見温泉「勝見鉱泉」の湯大崎温泉の日帰り湯「雪割草の湯」

寺泊の魚市場 勝見温泉「勝見鉱泉」の湯 大崎温泉の日帰り湯「雪割草の湯」

野積温泉「旅館のぞみ温泉」の石井さん「旅館のぞみ温泉」の夕食

野積温泉「旅館のぞみ温泉」の石井さん 「旅館のぞみ温泉」の夕食  

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.84
    9月4日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・前編


    タンデムスタイル No.221
    8月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    北海道編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up