カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[286日目]

投稿日:2020年4月16日

「ジュットラー」が勢ぞろい

北海道編 62日目(2007年10月21日)

 広田温泉「湯元館」の朝湯に入る。大浴場と露天風呂。ほぼ無色透明のツルツル湯。湯から上がると ご飯、味噌汁、塩ジャケ、半熟卵、サラダ、ハム、ダイコン、豆腐、海苔、漬物の朝食を食べ、9時30分に出発する。

 広田温泉の「湯元館」には昨夜にひきつづいて「スパット神田さん」が来てくれた。つづいて「下田さん」、「長谷川さん」も来てくれた。「ジュットラー」が勢ぞろいだ。

 第1湯目は国道8号に近い灰下温泉「灰下の湯」。ここにはやはり「ジュットラー」の「永井さん」が来てくれた。「ジュットラー軍団」で「灰下の湯」に入る。ここは内風呂のみ。半透明の茶色い湯はツルツル湯だ。

 第2湯目は青葉温泉「アクアーレ長岡」の湯。ここは大規模な日帰り湯の温泉施設。国営の越後丘陵公園が近い。「ジュットラー軍団」と一緒に、大浴場と露天風呂の無色透明の湯に入った。湯から上がったところで、桑原さんと若林さんは東京へと帰っていった。

 第3湯目は三島谷温泉。一軒宿「永久荘」の湯に入る。「スパット神田さん」はここの湯が新潟では一番の黒湯だという。内風呂のみ。トロ〜ンとした湯面にはかすかな油が浮いている。つづいて地蔵温泉、油田温泉、宮本温泉と行ったが、3湯とも「廃業湯」。宮本温泉では「永井さん」と別れた。

 第4湯は花みずき温泉「喜芳」の湯。大浴場と露天風呂に入る。ここは絶景湯。

 コンビニで「ハムエッグサンド」の昼食を食べ、午後の温泉めぐりを開始。

 第5湯目は塩之入温泉「志保の里荘」の湯。大浴場と露天風呂。ほぼ無色透明の湯。つづいて山裾の一軒宿の温泉、越の湯温泉に行ったが休業中で入れず。ここで下田さん、長谷川さんと別れた。こうして1人欠け、また1人欠けていくのは寂しいものだ。

 信濃川の分水路を渡り、「スパット神田さん」と弥彦山麓の温泉をめぐる。

 第6湯目は長崎温泉「てまりの湯」。大浴場の内風呂のみ。ここではナトリウム・カルシウム塩化物泉と単純硫黄泉の2つの湯を楽しめる。

 第7湯目は桜井郷温泉「さくらの湯」。ここでは「カソリの捕獲」にやってきた落合さんとの出会い。東京の町田から下道だけでここまでやってきたという。落合さんも一緒に「さくらの湯」に入った。大浴場と露天風呂。メインの大風呂は若干のにごり湯だ。

 第8湯目は観音寺温泉「長生館」の湯。ほぼ無色透明の硫黄臭のする湯につかる。

 第9湯目は弥彦温泉「バーデンヴァイス」の湯。大浴場と露天風呂。無色透明の湯。

 第10湯目は多宝温泉「だいろの湯」。ここは自前の源泉を3本も持っているような温泉施設。広い駐車場は満車に近い状態だったが、大浴場と露天風呂にはいくつもの湯船があるのでそれほど混みあってはいなかった。ここで「スパット神田さん」は3度目の「1日10湯」を達成。このあと何軒かの温泉宿が建ち並ぶ岩室温泉に行ったが、時間切れで入れず。落合さんと別れ、「スパット神田さん」と一緒に新潟へ。

 コンビニで「中華丼」の夕食を食べ、22時、今晩の宿、新潟駅前の「東横イン」に到着。ここで「スパット神田さん」と別れた。部屋で一人宴会を開始。スパット神田さんが差し入れてくれた越後の地酒、「北雪」と「越の寒中梅」を飲む。ともにうまい酒。はらわたにしみ込むようなうまさだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 広田温泉「湯元館」
朝食 広田温泉「湯元館」 ご飯、味噌汁、塩ジャケ、半熟卵、サラダ、ハム、ダイコン、豆腐、海苔、漬物
9時30分 広田温泉「湯元館」を出発
出会い スパット神田さん、永井さん、下田さん、育さん
3001湯目 灰下温泉「灰下の湯」(400円)
3002湯目 青葉温泉「アクアーレ長岡」(700円)
3003湯目 三島谷温泉「永久荘」(400円)
地蔵温泉(休業中)
油田温泉(廃業湯)
宮本温泉(廃業湯)
3004湯目 花みずき温泉「喜芳」(1000円・休日料金)
昼食 「ハムエッグサンド」(231円)、午後の紅茶
3005湯目 塩之入温泉「志保の里荘」(500円)
越の湯温泉(休業中)
3006湯目 長崎温泉「てまりの湯」(500円)
出会い 落合さん
3007湯目 桜井郷温泉「さくらの湯」(950円)
3008湯目 観音寺温泉「長生館」(600円)
3009湯目 弥彦温泉「バーデンヴァイス」(750円)
3010湯目 多宝温泉「だいろの湯」(800円)
夕食 コンビニ弁当の「中華丼」
22時 新潟 「東横イン 新潟駅前」(1泊朝食6510円)
本日の走行距離数 139キロ
本日の温泉入浴数 10湯

広田温泉「湯元館」の朝湯に入る「湯元館」の朝食花みずき温泉「喜芳」

広田温泉「湯元館」の朝湯に入る 「湯元館」の朝食 花みずき温泉「喜芳」

昼食の「ハムエッグサンド」スパット神田さんと長崎温泉「てまりの湯」に入る夕食の「中華丼」

昼食の「ハムエッグサンド」 スパット神田さんと長崎温泉「てまりの湯」に入る 夕食の「中華丼」

スパット神田さんの差し入れの「北雪」と「越の寒中梅」を飲む

スパット神田さんの差し入れの「北雪」と「越の寒中梅」を飲む    

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.84
    9月4日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・前編


    タンデムスタイル No.221
    8月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    北海道編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up