カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[284日目]

投稿日:2020年4月12日

信越県境地帯の温泉に入る

北海道編 60日目(2007年10月19日)

 早朝の鹿渡温泉「しかわたり館」に「索さん」が来てくれた。第500湯目の信州・長嶺温泉に来てくれた人だ。一緒に朝湯に入る。無色透明の湯。湯から上がると、ご飯、味噌汁、塩ジャケ、温泉卵、納豆、キノコ料理、ゼンマイ、海苔、漬物の朝食を食べる。

「索さん」は今日一日、付き合ってくれるという。ありがたいことだ。

 9時、鹿渡温泉「しかわたり館」を出発。温泉のスペシャリスト、索さんの車についてDRを走らせる。

 第1湯目はグリーンピア津南温泉「ニュー・グリーンピア津南」の湯。大浴場の湯につかりながら、索さんとの温泉談義。索さんの日本各地で入った温泉の話を聞く。

 第2湯目は妻有温泉「ゆくら妻有」の湯。大浴場と露天風呂。ほぼ無色透明の湯。

 第3湯目は津南駅前温泉「リバーサイド津南」の湯。ここは駅舎温泉。JR飯山線の津南駅2階の温泉。浴室からは飯山線の線路を見下ろす。

 津南からは国道117号で長野県境へ。

 新潟・長野の県境地帯の温泉に入る。

 第4湯目は竜ヶ窪温泉「竜神の館」。大浴場と露天風呂。内風呂の湯口は見事な造りの龍。露天風呂は充実している。露天の寝湯もある。

 第5湯目は小下里湯温泉「なごみの湯」。「津南物産館」に併設されている温泉施設。ここは大浴場の内風呂のみ。ほぼ無色透明のツルツル湯。湯から上がると食堂で昼食。「みさと定食」を食べた。

 第6湯目は北野温泉の日帰り湯「北野天満温泉」。ここは県境を越えた長野側にある。大浴場の内風呂のみ。細長い湯船。浴室からは揺れるススキの穂波を眺めた。

 第7湯目は宮野原温泉。県境の新潟側にある一軒宿「宝山荘」の湯に入る。内風呂のみ。ほぼ無色透明のツルツル湯。湯にはかすかな甘味がある。

 国道117号で県境を越え、長野県に入る。

 第8湯目は中条温泉「トマトの国」の湯。ここは内風呂のみ。無色透明の湯。高台にある温泉なので、浴室からの眺めはすばらしい。幾重にも重なりあった信越国境の山並みを一望。まさに「七重八重」の山並みで、しっかり数えてみると、「九重」。その一番奥に苗場山(2145m)が見えている。

 第9湯目は百合居温泉。国道117号から南に入った日帰り湯。ここは「索さん」に案内してもらわなかったら、みつけられなかったことだろう。入浴料の100円を入口の料金箱に入れる。内風呂のみ。無色透明の湯。湯につかりながら「索さん」とガッチリ握手をかわす。「索さん」にとっては朝湯で入った鹿渡温泉も1湯に数えるので、百合居温泉が第10湯目になる。新たな「ジュットラー」の誕生だ。

 百合居温泉は「索さん」にとっては思い出の温泉。娘さんと入った最初の温泉なのだ。1歳2ヵ月になる娘さんはすでに50湯近い温泉に入っているとのことで、将来は父親と同じような温泉のスペシャリストに育て上げるようだ。

 第10湯目はいいやま北竜温泉。北竜湖の湖畔にある温泉ホテル「文化北竜館」の湯に入った。すでに日帰り入浴の時間は過ぎていたが、索さんの「顔」で入ることができた。大浴場と露天風呂。露天風呂からは神秘感の漂う北竜湖を眺めた。

 ここで索さんと別れる。

 国道117号で新潟県に戻る。

 雨が激しく降り出し、きつい雨中の走行になった。

 第11湯目はさきほどは清掃中で入れなかった田中温泉の一軒宿「しなの荘」の湯。湯から上がると、20時の「宿探し」。だが、みつけられない…。

 そのまま雨の中を走り、第12湯目の宮中島温泉へ。21時15分、宮中島温泉の「ミオンなかさと」に到着。ここには宿泊施設がある。フロントで聞いてみると、「いいですよ」とのこと。助かった!

 雨に打ちのめされて鉛色の重い気分だったものがいっぺんに晴れた。

 第12湯目の「宿湯」に入る。湯から上がると、索さん差し入れの「赤いぶどう」を飲み干す。そのあとで、夕食の「笹寿司」を食べた。これも索さんの差し入れ。さらに「信州わさびの柿の種」をつまみに地酒の「水尾」を飲んだ。これも索さんの差し入れだ。

 索さん、ありがとう。おかげで楽しい夜になりましたよ。

本日のデータ 料金等は当時のものです
出会い 索さん
朝湯 鹿渡温泉「しかわたり館」
朝食 鹿渡温泉「しかわたり館」 ご飯、味噌汁、塩ジャケ、温泉卵、納豆、キノコ料理、ゼンマイ、海苔、漬物
9時 鹿渡温泉「しかわたり館」を出発
2976湯目 グリーンピア津南温泉「ニュー・グリーンピア津南」(500円)
2977湯目 妻有温泉「ゆくら妻有」(500円)
2978湯目 津南駅前温泉「リバーサイド津南」(500円)
2979湯目 竜ヶ窪温泉「竜神の湯」(500円)
2980湯目 小下里温泉「なごみの湯」(400円)
昼食 小下里温泉「なごみの湯」みさと定食(680円)
2981湯目 北野温泉「北野天満温泉」(300円)
2982湯目 宮野原温泉「宝山荘」(500円)
長野県に入る
2983湯目 中条温泉「トマトの国」(300円)
2984湯目 百合居温泉「百合居温泉」(100円)
2985湯目 いいやま北竜温泉「文化北竜館」(800円)
新潟県に入る
2986湯目 田中温泉「しなの荘」(500円)
21時15分 宮中島温泉「ミオンなかさと」(1泊朝食6400円)
2987湯目 宮中島温泉「ミオンなかさと」
夕食 索さんの差し入れの「笹寿司」
本日の走行距離数 185キロ
本日の温泉入浴数 12湯

索さんと鹿渡温泉「しかわたり館」の朝湯に入る鹿渡温泉「しかわたり館」の朝食索さんから差し入れをいただく

索さんと鹿渡温泉「しかわたり館」の朝湯に入る 鹿渡温泉「しかわたり館」の朝食 索さんから差し入れをいただく

グリーンピア津南温泉「ニュー・グリーンピア津南」竜ヶ窪温泉「竜神の湯」小下里温泉「なごみの湯」の「みさと定食」

グリーンピア津南温泉「ニュー・グリーンピア津南」 竜ヶ窪温泉「竜神の湯」 小下里温泉「なごみの湯」の「みさと定食」

北野温泉「北野天満温泉」宮中島温泉「ミオンなかさと」で索さんの差し入れの「笹寿司」を食べる

北野温泉「北野天満温泉」 宮中島温泉「ミオンなかさと」で索さんの差し入れの「笹寿司」を食べる  

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.84
    9月4日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・前編


    タンデムスタイル No.221
    8月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    北海道編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up