カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[282日目]

投稿日:2020年4月8日

還暦になっても…

北海道編 58日目(2007年10月17日)

 上野温泉「名月荘」の朝湯に入り、「ゆーゆーさん」と一緒に朝食を食べる。ご飯、味噌汁、焼き魚、ソーセージ、サラダ、玉子焼き、のり、漬物で、いつものような「三杯飯」。食べ終わったところで、「ゆーゆーさん」とのお別れだ。

 9時30分、上野温泉「名月荘」を出発。

 第1湯目は上ノ原温泉。国道17号で六日町まで戻り、そこから国道253号で八箇峠に登ったところにある。「スター高原ホテル」は工事中で入れず。「上の原館」は休業中。「ひいらぎ山荘」は玄関が閉まっていた。ということで4軒目の「いろり庵」の湯に入れた。大浴場と露天風呂。湯から上がると高原の草地にバイクを停め、そこで大の字になってひっくり返り、そのままひと眠り。

 目がさめると、パソコンを開いた。

「あぁ〜。ようやくUPしたと思ったら、いつもより短め。…ったく、もう。それにしても、美人&美肌のゆーゆーちゃんとの混浴とは! 還暦になっても過酷な旅に挑んだ甲斐があるっちゅーもんですね」(寝太郎)
 といったカキコミを読むのだった。

 八箇峠まで行き、「峠返し」で折り返して、六日町に戻った。

 第2湯目は梨ノ木平温泉。「上越国際スキー場」の「ホテルグリーンプラザ」の湯に入る。大浴場と露天風呂。つづいて舞子高原温泉に行く。石打の舞子高原スキー場にある温泉だが、残念ながら冬期間だけの営業で入れなかった。

 第3湯目は国道17号沿いの二十日石温泉「石打ユングパルナス」の湯。駐車場には何と今朝、上野温泉で別れたばかりの「ゆーゆーさん」の車が停まっているではないか。そのすぐ隣にDRを停め、速攻で湯に入る。大浴場と露天風呂。露天風呂からは魚野川の広い谷間を一望。駐車場に戻ると、ゆーゆーさんがにこやかな、ちょっといたずらっぽそうな笑顔で立っていた。

「カソリさん、きっとここに来ると思っていたよ」

 これでゆーゆーさんとの出会いは9回目になり、「ホリゴメさん」と並んだ。

 前日にひきつづいて、ゆーゆーさんとの温泉めぐりが始まる。

 第4湯目は湯沢温泉。共同浴場「山の湯」に入る。内風呂のみ。源泉掛け流しの無色透明の湯。ここでは毎日、入りにくるという常連客と「湯の中談義」だ。

「ここの湯は湯沢でも一番。湯沢周辺でも、ここ以上の湯はないね」
 と、地元の温泉自慢だ。

 こういう話は聞いていてもいやではない。誰でもそうだが、自分のよく入る温泉というのは自慢したくなるものなのだ。

 次の土樽温泉「岩の湯」は定休日。

 第5湯目は神立温泉「神立の湯」。湯沢温泉から国道17号で三国峠に向かったところにある。大浴場の内風呂のみ。源泉掛け流し。湯から上がると、女将さんはちょうど食べごろのメロンを切ってくれた。この神立温泉がゆーゆーさんとの温泉めぐりの最後になった。湯沢に戻り、関越道の湯沢ICへ。そこでゆーゆーさんと握手をかわして別れた。

 湯沢からは国道17号を疾走。

 いや〜、それにしても寒い。バイクで走っていると、もう冬と変わらない寒さだ。

 三国峠の「峠返し」。新潟・群馬県境のトンネルの入口で折り返した。

 第6湯目は苗場温泉「雪ささの湯」。大浴場と露天風呂。無色透明の赤茶けた湯につかる。有味有臭の湯。

 第7湯目は二居温泉「宿場の湯」。ここは大浴場の内風呂のみ。無色透明無味無臭の湯につかる。湯から上がると、ここで夕食。「さば味噌煮定食」を食べた。つづいて貝掛温泉に行ったが、日帰り入浴は14時で終了。三俣温泉「街道の湯」は休業中。

 湯沢に戻ると、第8湯目の中里温泉「エンゼルグランディア中里」の湯に入る。大浴場と露天風呂。ここも無色透明無味無臭の湯だ。

 次の岩原温泉「のんのんの湯」は「休業中」で入れなかった。これで「1日10湯」は厳しくなった。

 湯沢から松之山温泉へ。

 国道17号から国道353号に入る。昨夜、ゆーゆーさんと一緒に泊まった上野温泉「名月荘」の前を通り、十二峠を越える。

 十二峠下には清津峡温泉がある。「清津館」に行き、入浴を頼むと、入浴OK。ということで、ここが第9湯目になった。大浴場の湯にどっぷりつかる。無色透明の湯。浴室内には硫黄のにおいが漂っている。湯から上がったときは「やったね!」と、ガッツポーズだ。

 今晩の宿、松之山温泉「凌雲閣」に到着したのは21時35分。松之山温泉は「鷹の湯」、「鏡の湯」、「庚申の湯」から成っているが、ここは「鷹の湯」だ。木造の旧館に泊まったが、3部屋つづきの広い部屋。そこに自分一人で泊まる。信じられないような贅沢さ。浴衣に着替え、第10湯目の「宿湯」に入るのだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 上野温泉「名月荘」
朝食 上野温泉「名月荘」 ご飯、味噌汁、焼魚、玉子焼き、サラダ、ソーセージ、海苔、漬物
9時30分 上野温泉「名月荘」を出発
八箇峠(峠返し)
2954湯目 上ノ原高原温泉「いろりあん」(600円)
2955湯目 梨ノ木平温泉「ホテルグリーンプラザ上越」(1000円)
舞子温泉(休業中)
2956湯目 二十日石温泉「石打ユングパルナス」(900円)
出会い ゆーゆーさん
2957湯目 湯沢温泉「山の湯」(400円)
土樽温泉「岩の湯」(定休日)
2958湯目 神立温泉「神立の湯」(1000円)
芝原峠(峠越え)
三国峠(峠返し)
2959湯目 苗場温泉「雪ささの湯」(800円)
2960湯目 二居温泉「宿場の湯」(600円)
夕食 二居温泉「宿場の湯」さば味噌煮定食(900円)
貝掛温泉(入れず)
三俣温泉(休業中)
2961湯目 中里温泉「エンゼルグランディア中里」(1000円)
岩原温泉「のんのん湯」(休業中)
十二峠(峠越え)
2962湯目 清津峡温泉「清津館」(700円)
21時35分 松之山温泉「凌雲閣」(1泊朝食8000円)
2963湯目 松之山温泉「凌雲閣」
本日の走行距離数 178キロ
本日の温泉入浴数 10湯

上野温泉「名月荘」の朝湯に入る「名月荘」の朝食「名月荘」を出発

上野温泉「名月荘」の朝湯に入る 「名月荘」の朝食 「名月荘」を出発

上ノ原高原温泉「いろりあん」の湯梨ノ木平温泉「ホテルグリーンプラザ上越」「ホテルグリーンプラザ上越」の湯

上ノ原高原温泉「いろりあん」の湯 梨ノ木平温泉「ホテルグリーンプラザ上越」 「ホテルグリーンプラザ上越」の湯

二十日石温泉「石打ユングパルナス」の湯湯沢温泉「山の湯」土樽温泉「岩の湯」は定休日

二十日石温泉「石打ユングパルナス」の湯 湯沢温泉「山の湯」 土樽温泉「岩の湯」は定休日

神立温泉「神立の湯」「神立の湯」に入る「神立の湯」の女将さんにいただいたメロン

神立温泉「神立の湯」 「神立の湯」に入る 「神立の湯」の女将さんにいただいたメロン

芝原峠の芝原トンネル二居温泉「宿場の湯」の「さば味噌煮定食」うまいサバの味噌煮だった!

芝原峠の芝原トンネル 二居温泉「宿場の湯」の「さば味噌煮定食」 うまいサバの味噌煮だった!

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.82
    5月7日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    山梨県/静岡県・天子山地編

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up