カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[277日目]

投稿日:2020年3月26日

佐渡に乾杯!

北海道編 53日目(2007年10月12日)

 胎内温泉「胎内パークホテル」の朝湯に入る。「オバラッチ」と一緒だ。大浴場の湯はツルツル湯。無色透明のやわらかな湯で、若干、温め。朝湯から上がると、ご飯、味噌汁、塩ジャケ、サラダ、レンコンの煮物、胡麻和え、豆腐、納豆、半熟卵、のり、梅干、漬物の朝食を食べる。いつものような「三杯飯」。朝食を食べ終わると、「オバラッチ」は盛岡へと帰っていった。

 9時、胎内温泉「胎内パークホテル」を出発。国道7号を南下する。

 第1湯目は貝屋温泉「さくらの湯」。ここは内風呂のみで、無色透明のやわらかな湯につかる。

 第2湯目は聖籠観音温泉「ざぶ〜ん」の湯。大浴場と露天風呂はともに茶色っぽい湯の色。塩分が濃い。大浴場には寝湯や泡湯もある。

 第3湯目は天神の湯温泉「天神の湯」。大浴場と露天風呂はともに濁り湯。ここも塩分の濃い湯だ。

 これらの3湯に入ったところで、舞台を阿賀野川の津川周辺に移す。

 津川の「セブンイレブン」で昼食を食べ、温泉めぐりを開始。

 第4湯目は御神楽温泉「みかぐら荘」の湯。大浴場と露天風呂。無色透明の湯につかる。浴室からの眺めがすごくいい。越後山脈へとつづく山並みを一望する。

 第5湯目は七福温泉「七福荘」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。硫黄泉のツルツル湯にどっぷりつかる。

 第6湯目きりん山温泉「富久住」の湯。大浴場と露天風呂はともに絶景湯。湯につかりながら阿賀野川の流れを見下ろす。

 第7湯目はかのせ温泉「赤湯」。その名の通りの赤湯。大浴場と露天風呂。大浴場には2つの湯船。ひとつは熱めの湯。もうひとつは超熱い湯。露天風呂は若干、温め。ここの源泉は59.5度の高温湯だ。

 角神温泉「ホテル角神」は入浴のみは不可。

 第8湯目は津川温泉「津川高原保養センター」の湯。大浴場と屋根つきの露天風呂。無色透明のツルツル湯。ここを最後に津川周辺の温泉めぐりを終えた。

 磐越道で新潟へ。

 最終のフェリーで佐渡に渡るつもりにしていたが、磐越道を走っている最中、「1日10湯」を達成できない悔しさが胸にこみ上げてきた。

 新津ICまで来ると、無意識のうちに高速を降りていた。そして秋葉山近くの秋葉温泉「花水」へ。速攻で第9湯目に入った。湯から上がったのは18時40分。佐渡フェリーの最終便は19時30分だ。

「何としてもそれに乗るぞ!」
 と、DRにビシバシ、ムチを入れて磐越道を突っ走る。

 新潟亀田ICで高速を降り、国道49号→国道7号で新潟の中心街へ。

 新潟駅のすぐ近くを通り、国道113号経由で佐渡汽船のターミナルへ。

 到着は19時20分。

 DRのエンジンも切らずに、全力疾走で窓口に飛び込み、発券してもらった。

「間に合った!」

 佐渡汽船の大型フェリー「おけさ丸」に乗り込むと、すぐさま「ジャーン、ジャーン、ジャーン!」と、銅鑼の音が鳴り響く。

 DRの乗船を待っての出港。ギリギリで乗せてくれた佐渡汽船には感謝、感謝だ。

「おけさ丸」は信濃川の河口港から暗い日本海へと出ていく。

 船内の食堂で「チャーシュメン&明太ライス」の夕食を食べた。

「おけさ丸」の両津港到着は22時。

 佐渡に上陸すると、すぐさま今晩の宿、椎崎温泉「佐渡グリーンホテルきらく」に行く。第10湯目の「宿湯」に入ったときは、心底、ほっとした。

「1日10湯」を達成して、「ほんとうによかった!」。

 湯から上がると、佐渡に乾杯!

 部屋の冷蔵庫の瓶ビールを飲む。飲みながらネットで「寝太郎さん」や「ゆーゆーさん」、「カブタン」とやりとりするうちに、2本目、3本目を空けていく。ネットでの乾杯で佐渡の夜はふけていくのだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 胎内温泉「胎内パークホテル」
朝食 胎内温泉「胎内パークホテル」 ご飯、味噌汁、塩ジャケ、サラダ、レンコンの煮物、胡麻和え、豆腐、納豆、半熟卵、のり、梅干、漬物
9時 胎内温泉「胎内パークホテル」を出発
2898湯目 貝屋温泉「さくらの湯」(500円)
2899湯目 聖籠観音温泉「ざぶ〜ん」(700円)
2900湯目 天神の湯温泉「天神の湯」(600円)
昼食 津川の「セブンイレブン」サンドイッチ&午後の紅茶
2901湯目 御神楽温泉「みかぐら荘」(500円)
2902湯目 七福温泉「七福荘」(500円)
2903湯目 きりん山温泉「富久住」(500円)
2904湯目 かのせ温泉「赤湯」(300円)
角神温泉(入浴のみ不可)
2905湯目 津川温泉「津川高原保養センター」(300円)
2906湯目 秋葉温泉「花水」(950円)
19時20分 新潟港着
19時30分 新潟港発 佐渡汽船
夕食 船内 チャーシューメン&明太ライス(1000円)
22時 両津港着
22時10分 椎崎温泉「佐渡グリーンホテルきらく」(1朝食7500円)
2907湯目 椎崎温泉「佐渡グリーンホテルきらく」
本日の走行距離数 276キロ
本日の温泉入浴数 10湯

胎内温泉「胎内パークホテル」からの眺め「胎内パークホテル」の朝湯に入る「胎内パークホテル」の朝食

胎内温泉「胎内パークホテル」からの眺め 「胎内パークホテル」の朝湯に入る 「胎内パークホテル」の朝食

「胎内パークホテル」を出発貝屋温泉「さくらの湯」「さくらの湯」に入る

「胎内パークホテル」を出発 貝屋温泉「さくらの湯」 「さくらの湯」に入る

天神の湯温泉「天神の湯」「天神の湯」に入る津川の「セブンイレブン」で昼食

天神の湯温泉「天神の湯」 「天神の湯」に入る 津川の「セブンイレブン」で昼食

御神楽温泉「みかぐら荘」「みかぐら荘」の大浴場きりん山温泉「富久住」の湯

御神楽温泉「みかぐら荘」 「みかぐら荘」の大浴場 きりん山温泉「富久住」の湯

かのせ温泉「赤湯」角神温泉「ホテル角神」夕食の「チャーシューメン&明太ライス」

かのせ温泉「赤湯」 角神温泉「ホテル角神」 夕食の「チャーシューメン&明太ライス」

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.84
    9月4日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・前編


    タンデムスタイル No.221
    8月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    北海道編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up