カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[276日目]

投稿日:2020年3月23日

新潟県に入る

北海道編 52日目(2007年10月11日)

 飯森山温泉「かんぽの郷 酒田」の朝湯に入る。大浴場には各種の湯船。それをひとつづつ入っていく。朝湯から上がるとバイキングの朝食を食べ、9時に出発だ。

 最上川を渡って酒田市内に戻る。

 第1湯目は酒田本町温泉「スパ・ガーデン」の湯。大浴場と露天風呂。露天の歩行浴もある。

 酒田を出発すると、日本海に沿って国道112号→国道7号を南下する。

 第2湯目は湯野浜温泉。ここは山形県内の日本海側では最大の温泉地。「下区公衆浴場」は定休日なので、もうひとつの共同浴場「上区公衆浴場」の湯に入った。ここは大浴場の内風呂のみ。無色透明の熱めの湯。湯から上がっても、しばらくは汗がタラタラ流れ落ちた。

 第3湯目は火打崎温泉「松林館」の湯。内風呂のみで、ほぼ無色透明の湯につかる。浴室からは庄内平野を望む。

 第4湯目は由良温泉「サンリゾート庄内」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。無色透明の湯につかる。浴室からは日本海を眺める。湯から上がると昼食。「焼魚定食」を食べた。鯛の塩焼きで、刺身やサラダ、漬物がついている。ここではもう1湯、「由良温泉センター」の湯にも入った。

 国道7号を南下。波戸崎温泉「ホテル番屋」は廃業湯、湯の瀬温泉「湯の瀬旅館」は入浴のみは不可。

 第5湯目は立岩海底温泉「立岩海底温泉」の大深度温泉の湯。日本海を見ながら無色透明の湯につかる。

 第6湯目は温海温泉。開湯1100年の歴史を誇る温泉地だ。温泉街の中央には朝市が立つ。ここには3ヵ所に共同浴場があるが、そのうちの正面湯に入った。入口の「協力金箱」に200円を入れる。無色透明の熱めの湯につかる。ここが山形県最後の温泉であり、「函館→東京」の東北最後の温泉になった。

 国道7号で県境を越え、新潟県に入る。

「本州西部編」、「本州東部編」でも新潟県の温泉には入っているが、まだ、その大半の温泉に入っていない。ということで新潟県内の温泉をどのようにしてまわるかが大問題。「函館→東京」の最後は「新潟編」だ。

 初っ端の勝木ゆり花温泉「ゆり花館」は休業中で入れず。

 国道7号で葡萄峠を越え、村上へと下っていく。

 第7湯目は朝日まほろば温泉「朝日まほろば温泉」の湯。ここは道の駅「朝日」内にある温泉施設。大浴場と露天風呂の無色透明の湯に入る。岩風呂の露天風呂からは、夕暮れの朝日連峰の山並みを眺めた。

 村上からは第8湯目の瀬波温泉へ。ここは新潟県内の日本海側では最大の温泉地。日帰り湯「龍泉」の湯に入った。大浴場と露天風呂。大浴場の湯はほぼ無色透明。大露天風呂の湯はにごり湯だ。

 瀬波温泉からは国道345号→国道113号で日本海の海岸線を行く。

 第9湯目は塩の湯温泉「サンセット中条」の湯。大浴場の内風呂に入る。にごり湯。その名の通り、かなり濃い塩湯。湯から上がると、食堂で夕食。「ラーメンおにぎり」を食べた。

 塩の湯温泉を出発しようとすると、バイクが1台、やってきた。

「オバラッチ」だ! 

「オバラッチ」は今朝、函館から高速フェリーで青森に渡ると、「カソリの捕獲」を目指して一気に南下。よくぞここまでやってきたものだ。

 今晩は一緒に泊まろうということになり、今晩の宿、胎内温泉の「胎内パークホテル」に一緒に行く。

 まずは第10湯目の「宿湯」に入り、湯から上がると、「オバラッチ」差し入れの「宇宙食」&「ジンギスカンキャラメル」をつまみにカンビールを飲む。乾杯したあとは次々にカンビールを空けていく。「オバラッチ」との飲み会はいつものことだけど、大盛り上りに盛り上り、飲み疲れてお開きになるのだ。今夜もいつものような飲み会になった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 飯森山温泉「かんぽの郷 酒田」
朝食 飯森山温泉「かんぽの郷 酒田」 バイキング
9時 飯森山温泉「かんぽの郷 酒田」を出発
2888湯目 酒田本町温泉「スパ・ガーデン」(500円)
2889湯目 湯野浜温泉「上区公衆浴場」(90円)
2890湯目 火打崎温泉「松林館」(350円)
2891湯目 由良温泉「サンリゾート庄内」(350円)
昼食 由良温泉「サンリゾート庄内」焼魚定食(1200円)
由良温泉「由良温泉センター」(300円)
波戸崎温泉(廃業湯)
湯の瀬温泉(入浴のみ不可)
2892湯目 立岩海底温泉「立岩海底温泉」(400円)
2893湯目 温海温泉「正面湯」(200円)
新潟県に入る
勝木ゆり花温泉「ゆり花館」(休業中)
2894湯目 朝日まほろば温泉「朝日まほろば温泉」(410円)
2895湯目 瀬波温泉「龍泉」(840円)
2896湯目 塩の湯温泉「サンセット中条」(350円)
夕食 塩の湯温泉「サンセット中条」ラーメン&おにぎり(750円)
出会い オバラッチ
2897湯目 胎内温泉「胎内パークホテル」(1泊朝食6000円)
本日の走行距離数 212キロ
本日の温泉入浴数10湯

飯森山温泉「かんぽの郷 酒田」の朝湯に入る「かんぽの郷 酒田」の朝食「かんぽの郷 酒田」を出発

飯森山温泉「かんぽの郷 酒田」の朝湯に入る 「かんぽの郷 酒田」の朝食 「かんぽの郷 酒田」を出発

酒田本町温泉「スパ・ガーデン」日本海を見ながら走る火打崎温泉「松林館」への道

酒田本町温泉「スパ・ガーデン」 日本海を見ながら走る 火打崎温泉「松林館」への道

「松林館」「松林館」の湯由良温泉「サンリゾート庄内」の「焼魚定食」

「松林館」 「松林館」の湯 由良温泉「サンリゾート庄内」の「焼魚定食」

由良温泉「由良温泉センター」の湯立岩海底温泉「立岩海底温泉」の湯「立岩海底温泉」の湯から日本海を見る

由良温泉「由良温泉センター」の湯 立岩海底温泉「立岩海底温泉」の湯 「立岩海底温泉」の湯から日本海を見る

温海温泉「正面湯」「正面湯」の湯国道7号の山形・新潟県境

温海温泉「正面湯」 「正面湯」の湯 国道7号の山形・新潟県境

朝日まほろば温泉「朝日まほろば温泉」「朝日まほろば温泉」の露天風呂塩の湯温泉「サンセット中条」の「ラーメン&おにぎり」

朝日まほろば温泉「朝日まほろば温泉」 「朝日まほろば温泉」の露天風呂 塩の湯温泉「サンセット中条」の「ラーメン&おにぎり」

オバラッチと一緒に胎内温泉「胎内パークホテル」にやってきた

オバラッチと一緒に胎内温泉「胎内パークホテル」にやってきた    

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.84
    9月4日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・前編


    タンデムスタイル No.221
    8月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    北海道編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up