カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[275日目]

投稿日:2020年3月18日

羽黒山山麓の温泉をめぐる

北海道編 51日目(2007年10月10日)

 湯殿山温泉「湯殿山ホテル」の朝湯に入る。大浴場の内風呂「薬師の湯」に入る。「出羽三山」のひとつ、湯殿山のご神体を模した赤岩の湯口。有味無臭のにごり湯だ。こうして朝湯に入ると、急速に体調が回復し、「さー、今日も行くゾ!」と湯船でガッツポーズ。温泉の効能の中でも、とくに朝湯にはすごいものがある。朝湯の効き目は抜群に大きい。

 朝湯から上がると、ご飯、味噌汁、塩ジャケ、湯葉、温泉卵、ゼンマイの煮物、インゲン、梅干、漬物の朝食を食べ、9時に出発。

 月山を下り、庄内平野の3湯をめぐる。

 第1湯目はかたくり温泉「ぼんぼ」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。塩分を含んだ無色透明の湯につかる。

 第2湯目はくしびき温泉「ゆ〜Town」の湯。ここは有味無臭の赤湯。2階は無色透明の湯だ。

 第3湯目はやまぶし温泉「ゆぽか」の湯。ここは大規模な温泉施設で、大浴場と露天風呂に入る。ともに塩分を含んだ無色透明の湯。源泉は71・7度という高温湯。湯から上がると昼食の「カツカレー」を食べた。

「さー、午後の部の開始だ!」
 と気合を入れて、羽黒山の山裾の温泉をめぐる。

 ところが…。

 川代温泉「末広屋旅館」は入浴のみは不可。

 羽黒温泉「宮田坊」も入浴のみは不可。

 羽黒山温泉「菊田旅館」は休業中。

 筍沢温泉「滋生館」は入浴のみは不可。

 何と4連続で入れなかった。

 それでもメゲずに、さらに羽黒山の山麓の温泉をめぐる。

 第4湯目は月の沢温泉「北月山荘」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。浴室からは羽黒山から月山へとつづく山並みを見る。

 第5湯目は湯の沢温泉「地蔵の湯」。ここも内風呂のみ。無色透明の湯につかりながら羽黒山麓の風景を眺める。若干の塩分を含んだ湯で、ほんわかほのぼのとした湯を楽しむ。

 羽黒山麓の温泉をめぐり終えると、羽黒山の出羽三山神社を参拝し、庄内平野の中心地、鶴岡の町に入っていった。

 第6湯目は鶴岡郊外の湯田川温泉。山形県内では小野川温泉と並ぶ最古の温泉地。ここでは温泉街の中央にある共同浴場「正面湯」に入った。古風な造り。入口には鍵がかかっていたが、すぐ近くの土産物店で入浴料を払うと、店の主人が鍵をあけてくれた。内風呂のみ。ちいさめな湯船。無色透明の湯で湯量は豊富だ。

 第7湯目はなの花温泉「田田」の湯。ここは道の駅「庄内みかわ」に隣接した温泉施設。大浴場の内風呂のみで、半透明の黄色っぽい湯と濁り湯の2つの湯船がある。

 第8目は長沼温泉「厚生館」の湯。ここは内風呂のみで、小さな湯船。塩分を含んだ濁り湯につかりながら思い出にひたる。ここはなつかしの湯。1991年の「サハリン行」では東京から稚内まで走ったが、その時に入った温泉なのだ。

 長沼温泉から国道47号の余目に出たが、余目温泉は廃業湯で入れなかった。

 第9湯目は国道7号沿いの日向川温泉「爽やか」の湯。大浴場と露天風呂。洗い場はすべて畳敷き。ここは装いをすっかり新にしたが、以前は酒田健康ランド「ゆうゆ館」。ここの湯には何度か入り、また泊まったこともある。湯の中では何人かのロシア人と一緒になった。酒田新港にも近いので、ロシア船の船乗りではないかと推測したが、しばらくは湯につかりながらロシア語の会話を聞いていた。

 酒田に戻ってきた。

 最上川を渡ったところにある飯森山温泉「かんぽの郷 酒田」に到着したのは21時30分。第10湯目の「宿湯」に入り、湯から上がると、コンビニの納豆巻きとおにぎりの夕食を食べるのだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 湯殿山温泉「湯殿山ホテル」
朝食 湯殿山温泉「湯殿山ホテル」 ご飯、味噌汁、塩ジャケ、湯葉、温泉卵、ゼンマイの煮物、インゲン、梅干、漬物
9時 湯殿山温泉「湯殿山ホテル」を出発
2878湯目 かたくり温泉「ぼんぼ」(350円)
2879湯目 くしびき温泉「ゆ〜Town」(350円)
2880湯目 やまぶし温泉「ゆぽか」(350円)
昼食 やまぶし温泉「ゆぽか」カツカレー(650円)
川代温泉(入浴のみは不可)
羽黒温泉「宮田坊」(入浴のみ不可)
羽黒山温泉「菊田旅館」(休業中)
筍沢温泉「滋生館」(入浴のみ不可)
2881湯目 月の沢温泉「北月山荘」(350円)
2882湯目 湯の沢温泉「地蔵の湯」(300円)
新山温泉(廃業湯)
2883湯目 湯田川温泉「正面湯」(200円)
2884湯目 なの花温泉「田田」(400円)
2885湯目 長沼温泉「厚生館」(300円)
余目温泉(廃業湯)
2886湯目 日向川温泉「爽やか」(500円)
21時30分 飯森山温泉「かんぽの郷酒田」(1泊朝食5100円)
2887湯目 飯森山温泉「かんぽの郷酒田」
夕食 コンビニの納豆巻きとおにぎり
本日の走行距離数 202キロ
本日の温泉入浴数 10湯

湯殿山温泉「湯殿山ホテル」の朝湯に入る「湯殿山ホテル」の朝食「湯殿山ホテル」を出発

湯殿山温泉「湯殿山ホテル」の朝湯に入る 「湯殿山ホテル」の朝食 「湯殿山ホテル」を出発

やまぶし温泉「ゆぽか」「ゆぽか」の「カツカレー」川代温泉「末広屋旅館」

やまぶし温泉「ゆぽか」 「ゆぽか」の「カツカレー」 川代温泉「末広屋旅館」

羽黒温泉「宮田坊」羽黒山温泉「菊田旅館」筍沢温泉「滋生館」

羽黒温泉「宮田坊」 羽黒山温泉「菊田旅館」 筍沢温泉「滋生館」

月の沢温泉「北月山荘」湯の沢温泉「地蔵の湯」羽黒山の山麓では柿の木の実が成っている

月の沢温泉「北月山荘」 湯の沢温泉「地蔵の湯」 羽黒山の山麓では柿の木の実が成っている

湯田川温泉「正面湯」夕食はコンビニの納豆巻きとおにぎり

湯田川温泉「正面湯」 夕食はコンビニの納豆巻きとおにぎり  

Comments

Comments are closed.

  • 連載中







  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.81
    3月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    上総編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up