カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[274日目]

投稿日:2020年3月15日

月山の山中に入っていく

北海道編 50日目(2007年10月9日)

 米沢駅前の「東横イン」でおにぎりと味噌汁の朝食を食べ、8時に出発。米沢からは山形県の「母なる流れ」の最上川に沿って下っていく。

 第1湯目は米沢郊外のおいたま温泉「賜の湯」。大浴場と露天風呂。露天風呂の湯につかりながら米沢盆地の田園風景を眺める。

 第2湯目は前回の「本州東部編」で入り損ねた高畠町の湯沼温泉。広々とした米沢盆地の山際にある温泉で、一軒宿の「駒草荘」の湯に入った。アルカリ性の温泉でPH9.0。庭にはウメモドキの赤い実が鈴なりに成っていた。

 国道13号西側の上山市の中山温泉は休業中で入れず…。

 上山からは国道458号→国道348号で白鷹へ。

 白鷹温泉「大森荘」の湯も休業中で入れなかった。

 最上川沿いの国道287号の道の駅「白鷹」の「あゆ茶屋」で昼食。「あゆ定食」を食べた。アユの塩焼き、味噌焼き、甘露煮にコンニャクの刺身や山菜料理がついている。まずは山ブドウジュースを飲んだ。

 国道287号から朝日連峰の山中に入っていく。

 第3湯目は黒鴨温泉。一軒宿「滝乃屋旅館」の湯に入る。ここは内風呂のみで、無色透明の湯は驚きのツルツル湯だ。

 黒鴨温泉からは黒鴨林道で愛染峠に登り、大荒れの大規模林道で朝日温泉に下っていく。

 第4湯目は朝日連峰の登山口になっている朝日温泉。一軒宿「ナチュラリストの家」の湯に入る。鉄分を多く含んだ赤茶けた湯。

 第5湯目は古寺温泉。ここも朝日連峰の登山口で、一軒宿「朝陽館」の湯に入る。赤茶けた湯。2つの湯船があって、ひとつは温めの湯、もうひとつは源泉の冷泉。

 第6湯目は大井沢温泉「湯ったり館」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。木の湯船にどっぷりつかった。

 第7湯目は柳川温泉。大浴場と露天風呂の湯に入る。ここから最上川河畔の町、左沢に戻った。

 左沢からは国道458号経由で国道112号に出る。

 第8湯目は海味温泉「西川町老人福祉センター」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。ここは地域の憩いの場といったところで、無色透明の湯につかりながら、地元のみなさんの「湯の中談義」を聞いていた。

 第9湯目は水沢温泉「水沢温泉館」の湯。ここは道の駅「にしかわ」にある日帰り湯の温泉施設。大浴場の無色透明の湯につかった。

 国道112号の旧道に入り、月山の山中に入っていく。

 第10湯目は月山志津温泉。到着は20時10分。ここには何軒かの温泉旅館がある。「つたや」、「まいづるや」と聞いてまわったが、この時間だと、もう入浴はさせてもらえない。それでも諦めずに、3軒目の「かしわや」で入浴を頼んだ。すると「さー、どうぞ!」と、快く入らせてもらえた。ここは大浴場の内風呂のみ。無色透明のやわらかな肌ざわりの湯。湯につかり、体があたたまってくると、「さー、また、走っていこう!」という気力が湧いてきた。

 月山志津温泉からさらに国道112号の旧道を行く。夜間の交通量はまったくといっていいほどにない。六十里越街道の峠、大越を越え、21時20分、今晩の宿、湯殿山温泉「湯殿山ホテル」に到着。さっそく第11湯目の「宿湯」に入ったが、きつい月山の寒さにやられて体調を崩し、何とも辛い夜になった…。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝食 米沢駅前の「東横イン」 おにぎりと味噌汁
8時 出発
金池温泉(休業中)
2867湯目 おいたま温泉「賜の湯」(300円)
2868湯目 湯沼温泉「駒草荘」(300円)
中山温泉(休業中)
白鷹温泉(休業中)
昼食 「あゆ茶屋」あゆ定食(1890円)
2869湯目 黒鴨温泉「滝乃湯旅館」(300円)
愛染峠(峠越え)
2870湯目 朝日温泉「ナチュラリストの家」(400円)
2871湯目 古寺温泉「朝陽館」(500円)
2872湯目 大井沢温泉「湯ったり館」(300円)
大井沢峠(峠越え)
2873湯目 柳川温泉「柳川温泉」(300円)
夕食 国道112号沿いの「サンクス」コンビニ弁当
2874湯目 海味温泉「西川町老人福祉センター」(200円)
2875湯目 水沢温泉「水沢温泉館」(300円)
2876湯目 月山志津温泉「かしわや」(300円)
大越(峠越え)
21時 湯殿山温泉「湯殿山ホテル」(1泊朝食5500円)
2877湯目 湯殿山温泉「湯殿山ホテル」
本日の走行距離数 240キロ
本日の温泉入浴数 11湯

「東横イン」の朝食湯沼温泉「駒草荘」の露天風呂中山温泉は休業中

「東横イン」の朝食 湯沼温泉「駒草荘」の露天風呂 中山温泉は休業中

「あゆ茶屋」の「あゆ定食」「あゆ定食」のアユの塩焼きとアユの味噌焼き白鷹を流れる最上川

「あゆ茶屋」の「あゆ定食」 「あゆ定食」のアユの塩焼きとアユの味噌焼き 白鷹を流れる最上川

黒鴨林道で愛染峠へ朝日温泉「ナチュラリストの家」古寺温泉「朝陽館」

黒鴨林道で愛染峠へ 朝日温泉「ナチュラリストの家」 古寺温泉「朝陽館」

「朝陽館」の湯につかる柳川温泉「柳川温泉」夕食のコンビニ弁当

「朝陽館」の湯につかる 柳川温泉「柳川温泉」 夕食のコンビニ弁当

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.84
    9月4日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・前編


    タンデムスタイル No.221
    8月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    北海道編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up