カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[271日目]

投稿日:2020年3月6日

色白の美人女将

北海道編 47日目(2007年10月6日)

 華の湯温泉「ホテルルートイン グランティア秋田」の朝湯に入る。大浴場と露天風呂。ともに赤湯だ。塩分の濃い湯。露天風呂には大風呂が3つある。湯から上がるとバイキングの朝食を食べ、9時に出発。

 秋田から国道7号を南へ。

 第1湯目は岩城温泉「アイランドパーク」の「港の湯」。ここは道の駅「岩城」内の温泉施設。大浴場と露天風呂の湯はともに無色透明。露天風呂からは日本海を一望する。

 次に親川の湯温泉に行ったが廃業湯、つづいて内陸に入り、白狐の湯温泉に行ったが、ここも廃業湯だった。

 第2湯目は大内温泉「ぽぽろっこ」の「楠の湯」。大浴場と露天風呂。無色透明の湯。

 第3湯目はかすみ温泉「かすみ温泉」の湯。ここは山間の一軒宿の温泉で内風呂のみ。小さめな湯船。無色透明無味無臭の湯につかる。

 第4湯目は本荘郊外の三六温泉「三六温泉」の湯。ここは以前、泊まったことがあるのでなつかしい。小さな湯船の内風呂のみで、無色透明の炭酸鉄泉に入る。

 第5湯目は本荘の中心街にある鶴舞温泉「鶴舞温泉」の湯。大浴場と露天風呂。若干の色つき湯で塩分を含んでいる。露天風呂の方が湯の色が濃い。湯から上がると昼食。「しょっつるラーメン」を食べた。つづいて安楽温泉に行ったが、ここは入浴のみは不可だった。

 本荘からは国道108号で鳥海山周辺の温泉をめぐる。

 第6湯目は伊豆温泉「伊豆温泉」の湯。鳥海高原入口の矢島にある一軒宿の温泉だ。小さな湯船の無色透明の湯に入る。

 ここから鳥海山麓の温泉群へ。

 第7湯目は湯の沢温泉「ホテルまさか」の湯。ここは内風呂のみで小さめな湯船。無色透明の湯。浴室からは鳥海山がよく見える。

 第8湯目は猿倉温泉「鳥海荘」の日帰り湯「あっぽの湯」。大浴場と露天風呂。無色透明のツルツル湯。露天風呂からは西日を浴びた鳥海山を見る。

 第9湯目は鳥海猿倉温泉「フォレスタ鳥海」の湯。大浴場と露天風呂。無色透明のツルツル湯にどっぷりとつかる。

 第10湯目は野宅温泉「丁荘」の湯。丁岳からとった宿名なのだろう。ここは内風呂のみで無色透明の湯。湯から上がり、出ようとすると、色白の美人女将が来てくれた。そして何と玄関前に立ちつくし、深々と頭を下げて見送ってくれた。感動のシーン。立ち寄り湯で、ちょっと入らせてもらっただけなのに…。女将さんの「どうぞ、また来てくださいね」のひと言が胸に残った。

 本荘に戻ると、国道7号で南へ。

 第11湯目ははまなす温泉「はまなす温泉」の湯。大浴場と露天風呂。ともに濁り湯で塩分が濃い。

 第12湯目は象潟温泉「ねむの丘」の湯。道の駅「象潟」の温泉で、4階の展望風呂なのだが、残念ながらすでに日は落ち、見えるのは夜の日本海…。半透明の茶色っぽい湯で塩分が濃い。湯から上がると食堂で夕食。「刺身定食」を食べた。食べ終わったところで「宿探し」を開始する。魔の土曜日ということもあって、どこも温泉宿はとれない…。

 ついに温泉宿は諦め、西目の健康ランドで仮眠することにした。

 ということで「象潟→西目」間の温泉に入っていく。

 第13湯目は羽州温泉「象潟シーサイドホテル」の湯。大浴場と露天風呂。塩分を含んだ茶色っぽい湯。露天風呂からは暗い日本海を眺めた。

 第14湯目は仁賀保温泉「神の湯温泉」の湯。仁賀保の町中にある温泉銭湯で黒湯だ。ここはしばらくぶりだったが、改装されてすっかりきれいになっていた。

 西目の「にしめ湯っ娘ランド」に到着したのは22時。湯から上がると、仮眠室のベッドに倒れ込むようにして眠った。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 華の湯温泉「ホテルルートイン グランティア秋田」
朝食 華の湯温泉「ホテルルートイン グランティア秋田」 バイキング
9時 出発
2832湯目 岩城温泉「アイランドパーク」の「港の湯」(400円)
親川の湯温泉(廃業湯)
白狐の湯温泉(廃業湯)
2833湯目 大内温泉「ぽぽろっこ」(400円)
2834湯目 かすみ温泉「かすみ温泉」(300円)
2835湯目 三六温泉「三六温泉」(350円)
2836湯目 鶴舞温泉「鶴舞温泉」(500円)
昼食 鶴舞温泉「鶴舞温泉」しょっつるラーメン(500円)
安楽温泉(入浴のみ不可)
2837湯目 伊豆温泉「伊豆温泉」(300円)
2838湯目 湯の沢温泉「ホテルまさか」(500円)
2839湯目 猿倉温泉「あっぽの湯」(350円)
2840湯目 鳥海猿倉温泉「フォレスタ鳥海」(500円)
2841湯目 野宅温泉「丁荘」(400円)
2842湯目 はまなす温泉「はまなす温泉」(300円)
2843湯目 象潟温泉「ねむの丘」(500円)
夕食 象潟温泉「ねむの丘」刺身定食(1350円)
2844湯目 羽洲温泉「象潟シーサイドホテル」(350円)
2845湯目 仁賀保温泉「神の湯温泉」(360円)
22時 「にしめの湯っ娘ランド」(1泊朝食2500円)
本日の走行距離数 280キロ
本日の温泉入浴数 14湯

華の湯温泉「ホテルルートイン グランティア秋田」の朝湯に入る「ホテルルートイン グランティア秋田」の朝食岩城温泉「アイランドパーク」の「港の湯」

華の湯温泉「ホテルルートイン グランティア秋田」の朝湯に入る 「ホテルルートイン グランティア秋田」の朝食 岩城温泉「アイランドパーク」の「港の湯」

親川の湯温泉は廃業湯白狐の湯温泉も廃業湯かすみ温泉「かすみ温泉」

親川の湯温泉は廃業湯 白狐の湯温泉も廃業湯 かすみ温泉「かすみ温泉」

「かすみ温泉」の湯三六温泉「三六温泉」「三六温泉」の湯

「かすみ温泉」の湯 三六温泉「三六温泉」 「三六温泉」の湯

鶴舞温泉「鶴舞温泉」の「しょっつるラーメン」伊豆温泉「伊豆温泉」鳥海山を眺める

鶴舞温泉「鶴舞温泉」の「しょっつるラーメン」 伊豆温泉「伊豆温泉」 鳥海山を眺める

猿倉温泉「あっぽの湯」野宅温泉「丁荘」の湯象潟温泉「ねむの丘」の「刺身定食」

猿倉温泉「あっぽの湯」 野宅温泉「丁荘」の湯 象潟温泉「ねむの丘」の「刺身定食」

Comments

Comments are closed.

  • 連載中







  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.81
    3月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    上総編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up