カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[265日目]

投稿日:2020年2月18日

余市周辺の温泉をめぐる

北海道編 41日目(2007年9月30日)

 盃温泉「もいわ荘」の朝湯に入る。大浴場は1階と2階にあって、階段でつながっている。無色透明の湯。露天風呂もある。朝湯から上がるとご飯、味噌汁、塩ジャケ、タラコ、玉子焼き、サラダ、昆布、納豆、海苔、漬物の朝食。カブタン夫妻と一緒に食べる。昨夜の大宴会のつづきのようなノリで、朝食を食べながらおおいに語り合うのだった。

 10時、カブタン夫妻の見送りを受けて盃温泉「国民宿舎もいわ荘」を出発したが、辛い別れになった。

 国道229号で岩内へ。

 第1湯目は岩内のいわない温泉「いこいの湯」。熱めの湯と温めの湯につかる。ともに黄土色の湯。

 第2湯目は雷電海岸の雷電温泉。「ホテル雷電」は休業中で、「観光かとう」の湯に入った。大浴場と露天風呂。露天風呂からは日本海を一望する。

 第3湯目は朝日温泉。雷電温泉のすぐ近くから山中に入っていく。すぐにダートに突入。急勾配の上り坂を登っていく。路面は深くえぐれてかなりラフ。深い森の中を行く。3キロほど走って朝日温泉「三浦温泉旅館」に到着。まずは館内の内風呂に入る。ほぼ無色透明の湯。湯の華が浮いている。つづいて露天風呂へ。いったん外に出て、渓流にかかる丸木橋を渡っていく。こちらはきれいな白濁湯。目の前の渓流を眺めながら湯につかった。

 岩内に戻ると国道276号→国道5号で余市へ。

 余市の「道の駅スペース・アップルよいち」に到着。ここが「カブタン指令第19号」のポイントだ。ここには「余市宇宙記念館スペース童夢」がある。売店で「余市リンゴ」を1個買い、丸かじりする。これがカブタンの指令。そのあと食堂で昼食の「ニシンそば」を食べた。

 そのとき、女性ライダーに「カソリさ〜ん!」と、にこやかな笑顔で声をかけられた。

 何と、昨日、一緒に朝里川温泉に入った「仕事人さん」の奥さんの「こずえさん」だ。昨日は夫、今日は妻。連日の「仕事人さん」一家との出会い。こずえさんはスズキのボルティーを走らせ、ニセコ周辺をまわり、札幌に帰るところだった。

「こずえさん」と別れると、余市から道道36号で赤井川へ。

 冷川峠を越えると、パーッと視界が開け、小盆地の風景が目の中に飛び込んでくる。ここは単なる小盆地ではなく、火山地形の赤井川カルデラ。そのカルデラ内が赤井川村で、豊かな農業地帯になっている。

 第4湯目は赤井川温泉「赤井川カルデラ温泉」の湯。大浴場の無色透明の湯につかりながら、「おばんです、日が短くなりましたなあ…」、「寒くなりましたねえ。ジンジン冷える」、「今年は雪が少ないといいですねえ。もうこの歳になると雪おろしが辛くて…」といった村人たちの会話を聞く。そのあと暮れなずむ景色を見ながら露天風呂に入った。

 余市に戻ると、余市周辺の温泉をめぐる。

 第5湯目はよいち観光温泉「よいち観光温泉」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。無色透明の湯は若干の塩分を含んでいる。泡風呂は温めの湯。

 第6湯目は鶴亀温泉「鶴亀温泉」の湯。大浴場と屋根つきの露天風呂。黄土色の湯はここも若干の塩分を含んでいる。浴室中央の楕円形の湯船は無色透明で温めの湯だ。

 第7湯目ははまなす温泉「日本海余市保養センター」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。塩分の濃い無色透明の湯だ。

 第8湯目はフゴッペ温泉「天山楽」の湯。国道5号から6キロほど山中に入ったところにある。大浴場と露天風呂。湯から上がると食堂で夕食。「海の幸カレー」を食べた。海鮮の具だくさんのカレーで、なかなか良かった。

 余市に戻ると、国道5号で稲穂峠へ。寒さがひときわこたえる。登るにつれて気温がガクン、ガクンと下がっていく。峠のトンネルはこういうときはありがたい。トンネル内に充満した排気煙のおかげで、わずかな時間、暖をとることができた。

 今晩の宿、国道5号沿いのワイス温泉に到着したのは21時10分。大浴場に直行し、第9湯目の「宿湯」につかり、息を吹き返すカソリだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 盃温泉「国民宿舎もいわ荘」
朝食 盃温泉「国民宿舎もいわ荘」 ご飯、味噌汁、塩ジャケ、タラコ、玉子焼き、サラダ、昆布、納豆、海苔、漬物
10時 盃温泉「国民宿舎もいわ荘」を出発
2761湯目 いわない温泉「いこいの湯」(500円)
2762湯目 雷電温泉「観光かとう」(500円)
2763湯目 朝日温泉「三浦温泉旅館」(600円)
稲穂峠(峠越え)
「道の駅 スペース・アップルよいち」
昼食 「道の駅 スペース・アップルよいち」ニシンそば
出会い 「仕事人さん」の奥さんのこずえさん
冷水峠(峠越え)
2764湯目 赤井川温泉「赤井川カルデラ温泉」(400円)
冷水峠(峠越え)
2765湯目 よいち観光温泉「よいち観光温泉」(380円)
2766湯目 鶴亀温泉「鶴亀温泉」(600円)
2767湯目 はまなす温泉「日本海余市保養センター」(600円)
2768湯目 フゴッペ温泉「天山楽」(600円)
夕食 フゴッペ温泉「天山楽」海の幸カレー(850円)
稲穂峠(峠越え)
21時10分 ワイス温泉「ワイス温泉」(1泊朝食5085円)
2769湯目 ワイス温泉「ワイス温泉」
本日の走行距離数 205キロ
本日の温泉入浴数 9湯

盃温泉「国民宿舎もいわ荘」の朝湯に入る「国民宿舎もいわ荘」でのカブタンとの別れ雷電海岸の雷電岬

盃温泉「国民宿舎もいわ荘」の朝湯に入る 「国民宿舎もいわ荘」でのカブタンとの別れ 雷電海岸の雷電岬

雷電温泉「観光かとう」の露天風呂から見る日本海「観光かとう」の湯につかる朝日温泉「三浦温泉旅館」への道

雷電温泉「観光かとう」の露天風呂から見る日本海 「観光かとう」の湯につかる 朝日温泉「三浦温泉旅館」への道

「三浦温泉旅館」に到着「三浦温泉旅館」の露天風呂「三浦温泉旅館」の渓流沿いの露天風呂

「三浦温泉旅館」に到着 「三浦温泉旅館」の露天風呂 「三浦温泉旅館」の渓流沿いの露天風呂

道の駅「スペース・アップルよいち」の「ニシンそば」「スペース・アップルよいち」で出会った「こずえさん」フゴッペ温泉「天山楽」の「海の幸カレー」

道の駅「スペース・アップルよいち」の「ニシンそば」 「スペース・アップルよいち」で出会った「こずえさん」 フゴッペ温泉「天山楽」の「海の幸カレー」

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.223
    10月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    北海道編


    アンダー400 No.84
    9月4日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・前編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up