カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[262日目]

投稿日:2020年2月9日

中国人もビックリ

北海道編 38日目(2007年9月27日)

 旭岳温泉「グランドホテル大雪」の朝湯に入る。大浴場の内風呂のみ。熱めの湯と温めの湯、2つの湯船に入る。湯から上がるとバイキングの朝食を食べ、9時30分に出発。旭岳温泉から旭川に下る。

 第1湯目の龍乃湯温泉「龍乃湯温泉」の湯。旭川近郊の東旭川駅近くにある。大浴場と露天風呂。大浴場には高温湯と中温湯があるが、ともに赤土を溶かしたような色をしている。露天風呂は無色透明の湯。

 第2湯目は協和温泉。国道39号の愛別から道道101号で入っていく。ここは「ラムネ温泉」で知られているが、にごり湯の小さな湯船がその「ラムネ温泉」。大風呂は無色透明の湯だ。

 第3湯目は大雪山中の愛山渓温泉。一軒宿「愛山渓倶楽部」の館内では、薪ストーブが赤々と燃えていた。ここは大浴場の内風呂のみ。にごり湯で、かすかな苦味がある。湯から上がると、ほかには客もいないガラ〜ンとした食堂で昼食の「山菜そば」を食べた。

 国道39号→旭川紋別道路→道央道で塩狩峠を越え、士別へ。

 第4湯目は士別温泉「ホテル美乃湯温泉」の湯。大浴場と露天風呂。大浴場には熱めの湯と温めの湯、2つの湯船。

 第5湯目は日向温泉「日向温泉」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。無色透明の湯。浴室の入口には黒曜石が飾られている。

 国道40号で名寄に向かう。その手前の風連では「カブタン指令」のポイントだった「もち米の里 ふうれん特産館」でDRを停め、「ソフト大福」の詰め合わせを買った。それを持って、名寄の町に入っていく。

 昨日は目を伏せて通り過ぎようとした佐々木さんの営業所に、今日は堂々と入っていく。この日は佐々木さんの誕生日。ひと言、「おめでとう!」をいいたかった。佐々木さんは目ざとくDRをみつけ、飛び出してきてくれた。そんな佐々木さんに「ソフト大福」を手渡し、「誕生日、おめでとう!」をいう。佐々木さんは喜びの色を顔いっぱいに浮かべてくれた。

 名寄からは国道239号で下川へ。「カブタン指令第16号」の桜ヶ丘公園に行く。そこには中国人もビックリの「あるモノ」があるという。それは「万里の長城」だった。見た瞬間、カソリもビックリ。万里の長城の周回はちょうどいいランニングのコースになっているようで、何人もの市民ランナーが走っていた。

「300日3000湯」の前に、「シルクロード横断」(2006年)を走った。下川の「万里の長城」を見ていると、中国大陸の第一歩、天津郊外の「黄崖関長城」が思い出されてならなかった。

 下川から5キロほどの五味温泉へ。第6湯目の「五味温泉」の湯に入る。大浴場にはにごり湯と無色透明の湯、2つの湯船。湯から上がるころには雨になった。

「さー、行くゾ!」
 と、気合を入れて五味温泉前を走り出す。

 雨中のナイトラン。それも距離が長い。

 名寄に戻ると、国道40号を北へ。美深を過ぎ、音威子府で給油するつもりだったが、すでにガソリンスタンドは閉まっていた。雨は一段と激しくなり、大雨の様相。

 国道40号から国道232号に入り、20時30分、天塩に到着。町の入口には「ホクレン」のスタンドがある。すでに営業を終えていたが、事務所には明かりがついていた。もうガス欠寸前。藁をもつかむ思いで「お願いします」と頼んでみた。すると何ともありがたいことに、「現金はもう閉めているので、カードならいいよ」といわれた。「ホクレン」の方は歯をガチガチ鳴らしているぼくの姿を見て、事務所内に招きいれてくれた。ビショ濡れなのに…。そこでひと息、入れることができた。

 第7湯目の天塩温泉「夕映」の湯に入り、元気が蘇った。塩分を含んだ黒湯。

 天塩から羽幌へ。大雨&強風をついて国道232号を走る。

 22時10分、羽幌に到着し、今晩の宿、はぼろ温泉「サンセットプラザはぼろ」に行く。第8湯目の「宿湯」につかりながら、あらためて天塩の「ホクレン」で給油してもらえたことをありがたく思った。あそこでもし、給油できなかったら…。それは考えるだけでも、ゾッとすることだった。湯から上がると、夕食のコンビニ弁当を食べた。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 旭岳温泉「グランドホテル大雪」
朝食 旭岳温泉「グランドホテル大雪」 バイキング
9時30分 旭岳温泉「グランドホテル大雪」を出発
2735湯目 龍乃湯温泉「龍乃湯温泉」(500円)
2736湯目 協和温泉「協和温泉」(400円)
2737湯目 愛山渓温泉「愛山渓倶楽部」(500円)
昼食 愛山渓温泉「愛山渓倶楽部」山菜そば(700円)
2738湯目 士別温泉「ホテル美乃湯温泉」(700円)
2739湯目 日向温泉「日向温泉」(300円)
下川町の万里の長城
2740湯目 五味温泉「五味温泉」(400円)
2741湯目 手塩温泉「夕映」(500円)
22時10分 はぼろ温泉「サンセットプラザはぼろ」(1泊朝食7000円)
2742湯目 はぼろ温泉「サンセットプラザはぼろ」
夕食 コンビニ弁当
本日の走行距離数 463キロ
本日の温泉入浴数 8湯

旭岳温泉「グランドホテル大雪」の朝食「グランドホテル大雪」を出発雪の旭岳を見る

旭岳温泉「グランドホテル大雪」の朝食 「グランドホテル大雪」を出発 雪の旭岳を見る

上川盆地の稲田。稲の収穫が始まっている協和温泉「協和温泉」愛山渓温泉「愛山渓倶楽部」への道

上川盆地の稲田。稲の収穫が始まっている 協和温泉「協和温泉」 愛山渓温泉「愛山渓倶楽部」への道

「愛山渓倶楽部」に到着「愛山渓倶楽部」の「山菜そば」士別温泉「ホテル美乃湯温泉」

「愛山渓倶楽部」に到着 「愛山渓倶楽部」の「山菜そば」 士別温泉「ホテル美乃湯温泉」

日向温泉「日向温泉」下川の「万里の長城」夕食のコンビニ弁当

日向温泉「日向温泉」 下川の「万里の長城」 夕食のコンビニ弁当

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.82
    5月7日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    山梨県/静岡県・天子山地編

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up