カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[249日目]

投稿日:2019年12月15日

「サラブレッド街道」を行く

北海道編 25日目(2007年9月14日)

 沙流川温泉「ひだか高原荘」の朝湯に入る。大浴場の内風呂のみ。湯が滝になって湯船に流れ落ちている。湯から上がるとバイキングの朝食を食べ、食後に15分寝の朝寝をして9時に出発だ。

 沙流川温泉から国道237号で富川へ。沙流川の流れを見ながらスズキDR−Z400SMを走らせる。さわやかな青空。広々とした牧場の風景。

 富川からは太平洋岸の国道235号、通称「サラブレッド街道」を行く。

 第1湯目は国道235号沿いの門別温泉「とねっこの湯」。大浴場と露天風呂。黒湯でかすかな味と臭いがする。ゆったり広々の温泉施設。

 第2湯目は新冠温泉「レ・コードの湯」。国道235号から高台に上がったところにある。大浴場と露天風呂はともに無色透明の湯。浴室からの眺めがいい。牧場の向こうに海が広がっている。新冠の町並みも見える。

 静内を過ぎたところで、「カブタン指令第3号」の「二十間道路の桜並木」に寄り道する。ここは「北海道遺産」のひとつ。桜並木の二十間道路はこの季節、「コスモスロード」になっている。色とりどりの秋桜(コスモス)が咲いていた。

 国道235号に戻ると、静内川の河口にかかる橋を渡る。河口にはJR日高本線の錆の浮いた長い鉄橋が架かっている。その向こうに広がる太平洋は秋の空を映してより青い。

 第3湯目は静内温泉「静内温泉」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。熱めの湯、温めの湯とあるが、ともにツルツル湯の黒湯だ。

 第4湯目は三石昆布温泉「蔵三」の湯。ここの入浴料金は390円だが、マンゴージュース券つきの500円券を買った。大浴場と露天風呂。ともに無色透明の湯。真っ青な日高の海を眺めながら湯につかった。湯から上がるとマンゴージュースを飲み、昼食の「御造御膳」を食べた。

 三石昆布温泉から浦河へ。

 浦河を過ぎたところで国道236号に入り、日高山脈に向かっていく。交通量は少なく、登り勾配もそれほどきつくはない。峠道のカーブもゆるやかで走りやすい。あっというまに北海道最長トンネル、全長4332メートルの「野塚トンネル」の突入。トンネルを抜け出ると十勝だ。広尾に向かって一気に下っていく。大平原に出ると、DRのバックミラーには夕暮れの青く霞んだ日高山脈の山並みが映っていた。

 さー、十勝の温泉めぐりの開始だ。

 第5湯目は晩成温泉「晩成温泉」の湯。赤っぽい湯の色。塩分が濃い。ここは日本でもあまり例がない高濃度のヨード泉。皮膚病にはよく効くという。太平洋の大海原を眺めながら湯につかった。

 第6湯目は忠類温泉「ナウマン温泉ホテル」の湯。大浴場の無色透明の湯にどっぷりつかる。肌に膜がはるようなツルツル湯。こじんまりとした露天風呂もある。湯から上がるとここで夕食。「十勝にやってきたからには!」という気分で「豚丼」を食べた。

 第7湯目は更別温泉「福祉の里温泉」の湯。大浴場と露天風呂の湯には若干、色がついている。

 第8湯目は芽室温泉「鳳の舞」の湯。大浴場と露天風呂はともに半透明の薄茶色の湯。ここはモール泉。

 21時30分、今晩の宿、帯広温泉「北海道ホテル」に到着。さっそく第9湯目の宿湯に入ったが、ここもモール泉の温泉だ。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 沙流川温泉「ひだか高原荘」
朝食 沙流川温泉「ひだか高原荘」バイキング
9時 沙流川温泉「ひだか高原荘」を出発
2607湯目 門別温泉「とねっこの湯」(500円)
2608湯目 新冠温泉「レ・コードの湯」(500円)
2609湯目 静内温泉「静内温泉」(400円)
三石温泉(廃業湯)
2610湯目 三石昆布温泉「蔵三」(390円)
昼食 三石昆布温泉「蔵三」御造御膳(1380円)
「アポイ山荘」(500円・天然温泉ではないのでカウントせず)
「あえるの湯」(天然温泉ではないようなので入らず)
2611湯目 晩成温泉「晩成温泉」(500円)
2612湯目 忠類温泉「ナウマン温泉ホテル」(500円)
夕食 忠類温泉「ナウマン温泉ホテル」豚丼(980円)
2613湯目 更別温泉「福祉の里温泉」(350円)
2614湯目 芽室温泉「鳳の舞」(380円)
21時30分 帯広温泉「北海道ホテル」(1泊朝食12145円)
2615湯目 帯広温泉「北海道ホテル」
本日の走行距離数 408キロ
本日の温泉入浴数 9湯

沙流川温泉「ひだか高原荘」の朝湯に入る「ひだか高原荘」の朝食「ひだか高原荘」を出発

沙流川温泉「ひだか高原荘」の朝湯に入る 「ひだか高原荘」の朝食 「ひだか高原荘」を出発

門別温泉「とねっこの湯」新冠温泉「レ・コードの湯」「レ・コードの湯」からの眺め

門別温泉「とねっこの湯」 新冠温泉「レ・コードの湯」 「レ・コードの湯」からの眺め

日高のサラブレッドの牧場北海道遺産の「二十間道路の桜並木」を行く三石温泉は廃業湯

日高のサラブレッドの牧場 北海道遺産の「二十間道路の桜並木」を行く 三石温泉は廃業湯

三石昆布温泉「蔵三」「蔵三」の「御造御膳」鮮度満点の「お造り」

三石昆布温泉「蔵三」 「蔵三」の「御造御膳」 鮮度満点の「お造り」

国道236号を行く忠類温泉「ナウマン温泉ホテル」の「豚丼」これが十勝の「豚丼」だ!

国道236号を行く 忠類温泉「ナウマン温泉ホテル」の「豚丼」 これが十勝の「豚丼」だ!

今晩の宿、帯広温泉の「北海道ホテル」に到着

今晩の宿、帯広温泉の「北海道ホテル」に到着    

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.223
    10月24日発売

    賀曽利隆の分割日本一周

    北海道編


    アンダー400 No.84
    9月4日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    南会津・前編

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • メルマガ「カソリング」

    賀曽利隆の「東アジア走破行」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • ツーリングマップル

    カソリのメッセージ
    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up