カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[245日目]

投稿日:2019年12月5日

温泉でポーズを変えよう!

北海道編 21日目(2007年9月10日)

 江部乙温泉「江部乙温泉」の朝湯に入る。大浴場には熱めの湯と温めの湯、2つの湯船。ともに無味無臭の濁り湯だ。寝湯もある。源泉の水風呂もある。湯から上がると、ご飯、味噌汁、塩ジャケ、昆布、タラコ、玉子豆腐、納豆、サラダ、漬物の朝食を食べた。

 朝からザーザー降りの雨なので、すぐには出発できずにグズグズしてしまう。意を決して8時30分に出発。そんな大雨の中、ホンダのディグリーに乗って、「佐々木さん」が来てくれた。夜明けとともに名寄を出発し、大雨の中を走りつづけ、江部乙温泉まで来てくれたのだ。

「今日はトコトン、カソリさんにつき合わせてもらいますよ」
 と、佐々木さんはやる気満々だ。

 カソリ&ササキの温泉めぐりが始まった。

 第1湯目は芦別温泉の日帰り湯「星遊館」。大規模な温泉施設。大浴場と露天風呂に入る。この「300日3000湯」では、1湯ごとに湯につかっている写真を防水の携帯で撮り、それをその場で送っているが、すっかり意気投合した「カソリ&ササキ」は「それぞれの温泉でポーズを変えよう!」ということになった。ということでここでは「ガッツポーズ編」とあいなった。広々とした大浴場の大風呂で、カソリの得意な「さー、行くゾ!」のガッツポーズを2人でする。

 第2湯目はエルム高原温泉「エルム高原温泉」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。浴室からは高原の風景を眺める。ここでのポーズは「握手編」。湯につかりながらガッチリと握手をかわす2人の写真を撮った。

 第3湯目は滝川温泉「ふれ愛の里」の湯。大浴場と露天風呂。大浴場には熱めの湯と温めの湯、2つの大風呂。その他の湯船もある。露天風呂にはヒバ風呂と岩風呂。ここでのポーズは「桶隠し編」だ。露天のヒバ風呂で大事なところの「桶隠しポーズ」。「ほんとうは北海道特有のあの大フキの葉がいいんですけどね」と佐々木さん。いいノリをしているよ(笑)

 第4湯目は新ないえ温泉「ホテル北乃湯」。大浴場と露天風呂はともに温めの湯。ここでのポーズは「尻の舞編」。携帯をセルフターマーにしてやるのだが、なかなかうまくいかずに何度も繰り返した。そしてついに成功。ほんとうによくやるよ(笑)

 ところで佐々木さんは大手自動車会社の販売店の所長さん。この「尻の舞編」には後日談があって、昭文社の桑原さんの逆鱗に触れ、な、なんとサイトの速報欄からは削除された。桑原さ〜ん、さんざん苦労したんですけどねぇ…。

 第5湯目は上砂川岳温泉「パンケの湯」。大浴場の内風呂のみ。ここでのポーズは「ワニさん編」。湯船のふちに置いた携帯に向かってワニさんスタイルで突進。「ウォーーーッ」と雄たけびを上げた。

 第6湯目は歌志内温泉「チロルの湯」。大浴場と露天風呂。ここでのポーズは「ヘルメット&グローブ編」。およそ温泉の入浴には似つかわしくないヘルメットとグローブを浴室内にもちこみ、そっと露天風呂へ。そこでヘルメットをかぶり、グローブをして湯につかり、「我らライダー!」と携帯に向かって叫んだ。あまりの出来栄えの良さ(!?)に感動し、固い握手をかわした。ここが佐々木さんと一緒に入る温泉の最後になった。

 第7湯目はかもい岳温泉「かもい岳温泉」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。無色透明の湯にどっぷりつかった。

 奈井江砂川ICで道央道に入り、美唄ICへ。

 19時、美唄温泉「ゆ〜りん館」に到着。ここが今晩の宿。ホッとした気分。雨は一日中、降りつづいた。さっそく第8湯目の「宿湯」に入る。大浴場と露天風呂。湯につかりながら、佐々木さんと入った温泉の数々を思い出してみるのだった。湯から上がると夕食の「鰻重」を食べた。鰻はぼくの大好物なので、何かちょっと得したような気分になった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 江部乙温泉「江部乙温泉」
朝食 江部乙温泉「江部乙温泉」 ご飯、味噌汁、塩ジャケ、昆布、タラコ、玉子豆腐、納豆、サラダ、漬物
8時30分 江部乙温泉「江部乙温泉」を出発
出会い 佐々木さん
2569湯目 芦別温泉「星遊館」(600円)
2570湯目 エルム高原温泉「エルム高原温泉」(500円)
2571湯目 滝川温泉「ふれ愛の里」(1000円・ランチつき)
昼食 滝川温泉「ふれ愛の里」ビーフカレー
2572湯目 新ないえ温泉「ホテル北乃湯」(500円)
2573湯目 上砂川岳温泉「パンケの湯」(500円)
2574湯目 歌志内温泉「チロルの湯」(500円)
2575湯目 かもい岳温泉「かもい岳温泉」(450円)
19時 美唄温泉「ゆ〜りん館」(1泊朝食9000円)
2576湯目 美唄温泉「ゆ〜りん館」
夕食 美唄温泉「ゆ〜りん館」鰻重(950円)
本日の走行距離数 212キロ
本日の温泉入浴数 8湯

朝から雨がバシャバシャ降っている江部乙温泉「江部乙温泉」の朝食江部乙温泉に佐々木さんが来てくれた!

朝から雨がバシャバシャ降っている 江部乙温泉「江部乙温泉」の朝食 江部乙温泉に佐々木さんが来てくれた!

芦別温泉「星遊館」「星遊館」の露天風呂に入るエルム高原温泉からの眺め

芦別温泉「星遊館」 「星遊館」の露天風呂に入る エルム高原温泉からの眺め

滝川温泉「ふれ愛の里」の「ビーフカレー」上砂川岳温泉「パンケの湯」歌志内温泉「チロルの湯」

滝川温泉「ふれ愛の里」の「ビーフカレー」 上砂川岳温泉「パンケの湯」 歌志内温泉「チロルの湯」

佐々木さんとの別れかもい岳温泉「かもい岳温泉」道央道の美唄ICに到着

佐々木さんとの別れ かもい岳温泉「かもい岳温泉」 道央道の美唄ICに到着

美唄温泉「ゆ〜りん館」の「鰻重」

美唄温泉「ゆ〜りん館」の「鰻重」    

Comments

Comments are closed.

  • 70代編日本一周

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.79
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    群馬県・榛名山周辺編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up