カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[244日目]

投稿日:2019年12月2日

十津川と新十津川

北海道編 20日目(2007年9月9日)

 月形温泉「はな工房」では真夜中の2時に起き、テレビのスイッチを入れて、サッカーのU21の日本対サウジアラビア戦を見る。4時35分に終了したが、結果は0対0の引き分け。まあ、負けなかったからいいかと、朝湯に入り、湯から上がると朝寝をする。

 7時に目をさますとすぐに2度目の朝湯に入り、湯から上がると朝食だ。

 ご飯、味噌汁、刺身、焼魚、イカの煮つけ、タラコ、サラダ、納豆、海苔、煮物、青菜のおひたし、漬物の朝食を食べ、8時45分に出発する。

 第1湯目は北村温泉「北村温泉ホテル」の湯。大浴場と露天風呂。ともに濁り湯でかなり塩分の濃い湯。ナトリウムー塩化物強塩泉で源泉は43・9度。

 第2湯目は中小屋温泉「中小屋温泉」の湯。大浴場と屋根つき露天風呂の湯につかる。ともに無色透明の湯。

 2湯に入り、月形温泉に戻ると、ここからは国道275号を北に向かっていく。

 第3湯目は浦臼温泉「温泉保養センター」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。無色透明の湯。浴室からは鶴沼を見下ろす。

 第4湯目は新十津川温泉。「グリーンパークしんとつかわ」の湯に入る。ここも大浴場の内風呂のみ。半透明の薄茶色の湯。そんな湯につかりながら紀伊半島の十津川温泉を思い浮かべた。

 明治初期、十津川の大洪水で十津川村は壊滅的な被害を受けた。そのとき村人たちは北海道の新天地に移り住み、今日の新十津川村の元を築いた。千何百キロという距離を置いて、十津川温泉と新十津川温泉はつながっている。

 新十津川温泉「グリーンパークしんとつかわ」の湯から上がると、ここで昼食。「ジンギスカン定食」を食べた。

 新十津川温泉からさらに北へ。

 北竜町に入ると、国道275号沿いのあちこちでヒマワリ畑を見る。北竜町は「ヒマワリの町」として知られている。ヒマワリは町のシンボル。毎年、8月の第1土曜、日曜には「ひまわり祭り」がおこなわれる。

 第5湯目はそんな北竜町の北竜温泉。「サンフラワーパーク」の湯に入った。大浴場と露天風呂。有味無臭の色つき湯。露天風呂の方が色が濃く、味も濃い。

 第6湯目は幌新温泉「ほたる館」の湯。大浴場と露天風呂はともに無色透明の湯。どっぷりと湯につかる。そのあとで源泉の水風呂につかったが、「キャー!」と思わず声が出る。冷たすぎる。泉温は9・8度で10度を割っている。ここでは湯上りに、カソリの好物の「フルーツ牛乳」を飲んだ。

 幌新温泉からは深川方向へ、国道233号を行く。

 第7湯目は秩父別温泉「ちっぷ・ゆう&ゆ」の湯。大浴場と露天風呂。ともに無色透明の湯。大浴場には各種の湯船があり、ひとつづつ入っていった。

 第8湯目は妹背牛温泉「ペペル」の湯。大浴場と露天風呂。うす茶色の湯で無味無臭。

 第9湯目は深川イルム温泉「アグリ工房まあぶ」の湯。大浴場と露天風呂。大浴場には湯温の違う2つの湯船。

 夕食は国道12号の道の駅「たきかわ」で。レストラン「楽楽」の「五目ラーメン」を食べた。

 19時30分、JR函館本線江部乙駅前の江部乙温泉「江部乙温泉」に到着。ここが今晩の宿。さっそく第10湯目の「宿湯」に入る。湯から上がると、部屋でカンビールを飲みながら江部乙駅を見る。旭川方向に特急列車が通り過ぎていく。札幌方向には貨物列車が通り過ぎていく。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 月形温泉「はな工房」
朝食 月形温泉「はな工房」 ご飯、味噌汁、刺身、焼魚、イカの煮つけ、タラコ、サラダ、納豆、海苔、煮物、青菜のおひたし、漬物
8時45分 月形温泉「はな工房」を出発
2559湯目 北村温泉「北村温泉ホテル」(500円)
2560湯目 中小屋温泉「中小屋温泉」(500円)
2561湯目 浦臼温泉「温泉保養センター」(400円)
2562湯目 新十津川温泉「グリーンパークしんとつかわ」(500円)
昼食 新十津川温泉「グリーンパークしんとつがわ」ジンギスカン定食(700円)
「いきいき湯」(天然温泉ではないので入らず)
2563湯目 北竜温泉「サンフラワーパーク」(500円)
2564湯目 幌新温泉「ほたる館」(400円)
2565湯目 秩父別温泉「ちっぷ・ゆう&ゆ」(500円)
2566湯目 妹背牛温泉「ペペル」(500円)
2567湯目 深川イルム温泉「アグリ工房まあぶ」(500円)
夕食 道の駅「たきかわ」五目ラーメン(900円)
19時30分 江部乙温泉「江部乙温泉」(1泊朝食5400円)
2568湯目 江部乙温泉「江部乙温泉」
本日の走行距離数 203キロ
本日の温泉入浴数 10湯

月形温泉「はな工房」の朝湯に入る「はな工房」の朝食「はな工房」を出発

月形温泉「はな工房」の朝湯に入る 「はな工房」の朝食 「はな工房」を出発

北村温泉「北村温泉ホテル」一面の稲田!中小屋温泉「中小屋温泉」

北村温泉「北村温泉ホテル」 一面の稲田! 中小屋温泉「中小屋温泉」

「中小屋温泉」の湯に入る新十津川温泉「グリーンパークしんとつがわ」の「ジンギスカン定食」これがジンギスカン鍋

「中小屋温泉」の湯に入る 新十津川温泉「グリーンパークしんとつがわ」の「ジンギスカン定食」 これがジンギスカン鍋

北竜町のヒマワリ畑北竜温泉「サンフラワーパーク」幌新温泉へ

北竜町のヒマワリ畑 北竜温泉「サンフラワーパーク」 幌新温泉へ

秩父別温泉「ちっぷ・ゆう&ゆ」道の駅「たきかわ」の「五目ラーメン」

秩父別温泉「ちっぷ・ゆう&ゆ」 道の駅「たきかわ」の「五目ラーメン」  

Comments

Comments are closed.

  • 70代編日本一周

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.79
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    群馬県・榛名山周辺編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up