カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[243日目]

投稿日:2019年11月27日

「スズキミーティング」の開幕

北海道編 19日目(2007年9月8日)

 舘山寺温泉「鞠水亭」の朝湯に入る。大浴場と露天風呂。昨夜の「スズキミーティング前夜祭」の大宴会の余韻がまだたっぷりと残っている。

 湯から上がると、ご飯、味噌汁、塩ジャケ、イクラ、サラダ、豆腐、温泉卵、ゆずの香キノコ、漬物の朝食を食べ、浜名湖畔の「スズキミーティング」の会場へ。広い駐車場は日本全国からやってきたライダーたちのバイクで埋め尽くされていた。

 10時、「スズキミーティング」の開幕。スズキの津田社長の挨拶。四輪絶好調のスズキだが、津田社長はバイク大好きというのが何ともうれしい。ここでは津田社長や次廣常務、井口常務といったスズキ首脳陣のみなさんと親しく話しをさせてもらった。津田社長からはじきじきに「300日3000湯」を成し遂げてくださいとの励ましのお言葉をいただいた。技術の山岡さんやデザインの高次さん、いつもお世話になっている宮本さんと、スズキのみなさんとの話は尽きない。舞台ではスズキ車の各オーナーズクラブのみなさんが紹介されている。

 そんな「スズキミーティング」の会場に、昭文社の桑原さんが東名をぶっ飛ばして来てくれた。一緒に木陰で昼食。フードコーナーで手に入れた赤飯を食べる。さらに「富士宮焼きそば」や「浜松餃子」も。

 午後は「マン島TTレース」で日本人選手としては初めて優勝した伊藤光夫さんと、昨夜の「前夜祭」では隣同士だった北川選手のトークショー。伊藤さんの歳を感じさせないバイクへの情熱、「マン島」への熱い想い、当時の鮮明な記憶には胸を打たれた。一方のの北川選手は何とも格好いい。北川選手は日本人選手初の「世界耐久選手権」のチャンピオンだ。

 つづいて「ヨシムラジャパン」の「スズカ8耐」の優勝報告がおこなわれた。総帥の吉村不二雄さんもうれしそう。「オヤジ(故吉村秀男氏)によくいわれたことだけど、『勝って兜の緒をしめよ!』ですね」の一言が、ズッシリと重く響く。監督や若手ライダーのみなさんも目が輝いていた。

 そのあとがカソリのトークショー。バイク大好き、温泉大好きの女性MC、三井さんと語り合う。熱く語るカソリ、それをさりげない笑顔で受け止めてくれる三井さん。息もぴったり。最後は「これからすぐに北海道に戻り、夜道を温泉に向かって走っていきま〜す!」とみなさんに話して舞台を降りると、スズキのみなさんに挨拶し、すぐさま用意してくれたタクシーに乗り込み、浜松駅へ。

 浜松発15時44分の「ひかり416号」に乗り込むと、離れゆく浜松にカンビールで乾杯。カンビールを飲み終えたところで、車内販売の駅弁を食べた。

 17時05分、品川着。京急で羽田空港へ。18時15分発のANA77便で機上の人となり、19時45分には新千歳空港に戻ってきた。

 駐輪場で無事なDR−Z400SMの姿を見たときは、ギューッと抱きしめたくなったほど。

「DRよ、ごめん。待たせたな!」
 と謝った。

 すぐさまエンジンをかけて、夜道を走り出し、千歳ICで道央道に入る。

 DRのアクセル全開で走りつづけ、21時30分、美唄ICに到着。

 美唄から道道33号→道道6号→国道275号で今晩の宿の月形温泉へ。

 月形温泉に到着したのは22時10分。宿泊施設「はな工房」に行き、遅い到着となったことを詫び、すぐさま「宿湯」に入った。薄茶色の湯。なんともホッとする湯。湯から上がるとコンビニ餅を食べるのだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 舘山寺温泉「菊水亭」
朝食 舘山寺温泉「菊水亭」 ご飯、味噌汁、塩ジャケ、イクラ、サラダ、豆腐、温泉卵、ゆずの香キノコ、漬物
8時 舘山寺温泉「菊水亭」を出発
8時30分 スズキミーティング会場
昼食 「スズキミーティング会場」 赤飯、富士宮焼きそば、浜松餃子
夕食 「東海道新幹線」 新幹線弁当(850円)
18時15分 羽田空港発 ANA77便
19時45分 新千歳空港着
22時10分 月形温泉「はな工房」(1泊朝食5500円)
2558湯目 月形温泉「はな工房」
夜食 コンビニ餅
本日の走行距離数 119キロ
本日の温泉入浴数 1湯

舘山寺温泉「菊水亭」の朝湯に入る「菊水亭」の朝食「スズキミーティング」の会場に到着

舘山寺温泉「菊水亭」の朝湯に入る 「菊水亭」の朝食 「スズキミーティング」の会場に到着

スズキ車が「スズキミーティング」の会場を埋め尽くす懐かしのGT380が展示されている。1972年、カソリはGT380でアメリカの全州を走破した!舞台ではスズキ車の各オーナーズクラブのみなさんが次々に紹介される

スズキ車が「スズキミーティング」の会場を埋め尽くす 懐かしのGT380が展示されている。1972年、カソリはGT380でアメリカの全州を走破した! 舞台ではスズキ車の各オーナーズクラブのみなさんが次々に紹介される

昭文社の桑原さんが駆けつけてきてくれた。木陰での楽しい昼食会桑原さんとの昼食会で食べた赤飯伊藤光夫さんと北川圭一選手のトークショー

昭文社の桑原さんが駆けつけてきてくれた。木陰での楽しい昼食会 桑原さんとの昼食会で食べた赤飯 伊藤光夫さんと北川圭一選手のトークショー

「ヨシムラジャパン」の「スズカ8耐」の優勝報告夕食の新幹線弁当新千歳空港でのDR−Z400SMとの再会!

「ヨシムラジャパン」の「スズカ8耐」の優勝報告 夕食の新幹線弁当 新千歳空港でのDR−Z400SMとの再会!

新千歳空港を出発千歳ICから高速に入る今晩の宿、月形温泉「はな工房」に到着

新千歳空港を出発 千歳ICから高速に入る 今晩の宿、月形温泉「はな工房」に到着

夜食のコンビニ餅

夜食のコンビニ餅    

Comments

Comments are closed.

  • 70代編日本一周

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.79
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    群馬県・榛名山周辺編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up