カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[241日目]

投稿日:2019年11月20日

重要ポイント、苫小牧へ

北海道編 17日目(2007年9月6日)

 白老温泉「湯処ななかまど」の朝湯に入る。2つの湯船。ともに濁り湯だが、湯温、湯の色が若干、違う。体の芯からポカポカしてくるいい湯だ。

 湯から上がると、ご飯、味噌汁、納豆、生卵、海苔、昆布、佃煮、梅干、漬物の朝食。いつものように三杯飯で、三杯目は「梅干し茶漬け」にした。

 9時、白老温泉「湯処ななかまど」を出発。宿のおかみさんは外に出て、コーナーを曲がるまで手を振ってくれた。

 第1湯目はポロト温泉「ポロト温泉」の湯。黒湯でかなり色が濃い。湯上りには「15分寝」。温泉に入ったあとの15分寝はすごく体に効く。

 第2湯目は樽前温泉「ゆのみの湯」。大浴場と露天風呂に入る。ともに濁り湯でかなり塩分の濃い湯。露天風呂の湯につかりながら庭園を眺めた。

 第3湯目はいといの湯温泉「いといの湯」。入浴料は上限の1000円を超えるが、「まあ、いいか」で入った。ここは1分間に1100リットルの湧出量があるとのことだが、浴室に入ると、プーンと塩素臭がする。これだけの湯量があっても、かなりの消毒をしなくてはならないようだ。塩素臭を我慢して大浴場と露天風呂に入った。

 これら3湯に入り、苫小牧へ。ここは「温泉めぐり北海道一周」の重要なポイントになる。

 まずは国道276号で支笏湖へ。朝から雨が降っていたが、秋雨前線と台風9号の影響でかなり激しい雨になる。

 第4湯目は支笏湖温泉「休暇村」の湯。茶色っぽい半透明の湯だ。浴室からは緑豊かな森を眺める。ここの売りは「自然」。湯から上がるとレストランで昼食にする。「蝦夷鹿丼」を食べた。エゾシカの肉にはまったくクセはなく、ごく普通に食べられた。

 第5湯目は支笏湖畔の伊藤温泉。一軒宿「伊藤温泉」の湯に入る。湖岸の露天風呂はかなりの広さ。入浴客はぼく一人。湯につかりながら目の前に広がる支笏湖、対岸の風不死岳(1102m)を中心とした山並みを眺めた。

 第6湯目は丸駒温泉「丸駒温泉」の湯。大浴場と露天風呂は伊藤温泉とは対照的にワサワサ混みあっていた。渡り廊下を歩いていったところにはもうひとつの露天風呂。そこはよかった。湯船の底には小石が敷詰められ、足裏への刺激が気持ちいい。かなり深い湯船で、中腰になって湯につかった。

 丸駒温泉を最後に支笏湖に別れを告げ、来た道で苫小牧に戻った。

「函館→函館」の「北海道一周編」の基本ルートは海岸線だが、苫小牧からはいったん内陸に入り、大きく内陸部をまわってまた苫小牧に戻ってくる予定だ。

 苫小牧からは国道36号を行く。

 第7湯目はなごみの湯温泉「なごみの湯」。ここは深さ1430mまで掘った大深度温泉で、大浴場と露天風呂はともに濁り湯。塩分の濃い湯だ。

 第8湯目は鶴の湯温泉「鶴の湯温泉」の湯。一軒宿の前は蓮池で、きれいな蓮の花が咲いていた。ここは大浴場の内風呂のみで、無味無臭の濁り湯につかった。浴室からは蓮池を見下ろした。

 次の松原温泉は残念ながら「本日定休日」。

 第9湯目は恵庭温泉「ラ・フォーレ」の湯。大浴場と露天風呂。大浴場は無色透明無味無臭の湯。露天風呂は黒湯でコーヒー色をしている。温泉成分の濃い味がする。湯から上がるとここで夕食の「広東麺」を食べた。

 夕食を食べ終わったところで宿探し。長沼温泉、馬追温泉、竹山高原温泉…と電話しまくるが、なかなか宿をゲットできない。今晩は宿なしか…と諦めかけたとき、南幌温泉の「ハート&ハート」で泊めてもらえることになった。

 思わずホッと胸をなでおろす。

 20時、今晩の宿、南幌温泉「ハート&ハート」に到着。露天風呂の焦げ茶色の湯にどっぷりつかる。この宿湯に入ったときの安堵感はたまらない。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 白老温泉「湯処ななかまど」
朝食 白老温泉「湯処ななかまど」 ご飯、味噌汁、納豆、生卵、海苔、昆布、佃煮、梅干、漬物
9時 白老温泉「湯処ななかまど」を出発
2548湯目 ポロト温泉「ポロト温泉」(300円)
2549湯目 樽前温泉「ゆのみの湯」(600円)
2550湯目 いといの湯温泉「いといの湯」(1050円)
2551湯目 支笏湖温泉「休暇村」(700円)
昼食 支笏湖温泉「休暇村」 蝦夷鹿丼(800円)
2552湯目 伊藤温泉「伊藤温泉」(700円)
2553湯目 丸駒温泉「丸駒温泉」(1000円)
2554湯目 なごみの湯温泉「なごみの湯」(850円)
2555湯目 鶴の湯温泉「鶴の湯温泉」(400円)
松原温泉(休業中)
2556湯目 恵庭温泉「ラ・フォーレ」(380円)
夕食 恵庭温泉「ラ・フォーレ」 広東麺(550円)
20時 南幌温泉「ハート&ハート」(1泊朝食8500円)
2557湯目 南幌温泉「ハート&ハート」
本日の走行距離数 234キロ
本日の温泉入浴数 10湯

白老温泉「湯処ななかまど」の朝湯に入る「湯処ななかまど」の朝食ポロト湖

白老温泉「湯処ななかまど」の朝湯に入る 「湯処ななかまど」の朝食 ポロト湖

樽前温泉「ゆのみの湯」支笏湖温泉「休暇村」の湯「休暇村」の「蝦夷鹿丼」

樽前温泉「ゆのみの湯」 支笏湖温泉「休暇村」の湯 「休暇村」の「蝦夷鹿丼」

支笏湖畔を行く伊藤温泉「伊藤温泉」の露天風呂鶴の湯温泉前の蓮池

支笏湖畔を行く 伊藤温泉「伊藤温泉」の露天風呂 鶴の湯温泉前の蓮池

恵庭温泉「ラ・フォーレ」の「広東麺」

恵庭温泉「ラ・フォーレ」の「広東麺」    

Comments

Comments are closed.

  • 70代編日本一周

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.79
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    群馬県・榛名山周辺編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up