カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[237日目]

投稿日:2019年10月30日

「疲れた…」の言葉が口から出た

北海道編 13日目(2007年9月2日)

 七重浜温泉「スパビーチ・ホテル海王館」の朝湯に入る。大浴場の半透明の薄茶色の湯。函館山がよく見える。木枠の湯船にもつかった。湯から上がると、ご飯、味噌汁、塩ジャケ、サラダ、肉ジャガ、イカリング、ソーセージ、ベーコン、湯豆腐、漬物、ヨーグルトの朝食を食べ、9時15分に出発だ。

 昨日にひきつづいて、函館の温泉をめぐる。

 第1湯目は西桔梗温泉「西桔梗温泉」の湯。ここには「西桔梗グランド」のパークゴルフ場やウォーキングコースがある。内風呂と露天風呂。源泉は61・0度の高温湯。内風呂と露天風呂はともに丸い湯船。ほぼ無色透明の湯で鉄分の味がする。

 第2湯目は花園温泉「花園温泉」の湯。大浴場と露天風呂。露天風呂の湯につかりながら庭園を眺める。

 第3湯目は函館駅に近い函館温泉。「函館温泉ホテル」の湯に入る。大浴場には2つの湯船。ひとつはにごり湯で塩分が濃い。もうひとつは無色透明無味無臭の湯。浴室からは海が見える。この大浴場の一角には、「ロシア蒸気風呂」がある。「サハリン縦断」(2000年)や「シベリア横断」(2002年)で、何度となく入った「バーニャ」だ。さすがロシアに近い北海道だけのことはある。ただ、ロシア人は蒸気浴しながらビシバシと白樺の枝つきの葉で全身が真っ赤になるくらいたたくが、その白樺はなかった。

 函館駅前からは国道5号を行く。

 第4湯目は富岡温泉「富岡温泉センター」の湯。高温と中温、低温の3つの湯船。低温の湯は中温とほとんど変わらない湯温。高温の湯は文句なしに熱い。ここは64・0度の高温湯で源泉掛け流し。「消毒はしません、ろ過はしません、循環はしません」と書かれている。

 第5湯目は亀田温泉「亀田温泉」の湯。大浴場と露天風呂に入る。ここでは常連客の年配の人と「湯の中談義」をした。温泉の好きな人の話というのはおもしろいものだ。

 第6湯目は昭和温泉「昭和温泉」の湯。大浴場には2つの湯船。木の湯船が高温湯で、石の湯船が低温湯。露天風呂は中温湯だ。湯から上がると、ここで昼食。「カレーライス」(450円)を食べたが、じつにうまいシーフードカレー。イカカレーでボリュームも満点。450円なのがうれしい!

 第7湯目は国道5号の新道、「函館新道」沿いにある花の湯温泉の日帰り湯「花の湯」。大規模な温泉施設で入浴料は390円。「何でこういうところに390円で入れるの?」と思ってしまう。東京もしくは東京周辺だったら1500円か2000円。料金があまりにも違いすぎることを見せつけられる。大浴場と露天風呂はともににごり湯。湯船がいくつもある。ここを最後に函館市を離れ、隣の七飯町に入った。

 第8湯目はアップル温泉「七飯町健康センター」の湯。大浴場と露天風呂。大浴場には高温湯と低温湯。高温湯は熱めの湯で、低温湯はほんとうに温めの湯。

 第9湯目は国道5号沿いにあるななえ温泉「ゆうひの館」。大浴場と露天風呂。ちょうど祭りの日で、町内は祭りでにぎわっていた。

 第10湯目は山裾のニヤマ温泉「あじさいの湯」。大浴場と露天風呂。ここはJR仁山駅の駅前温泉。これら10湯の函館市内、函館近郊の温泉に入り、国道5号の名無し峠のトンネルを抜け、大沼へと下った。

 第11湯目は赤井川温泉「グリーンピア大沼」。国道5号から左手に一直線に入り、山裾にぶつかったところにある。大浴場と露天風呂はともに無色透明の湯。湯から上がると夕食だ。「牛シャブ定食」を食べた。肉の味は申し分なく、ボリュームも満点。それが680円。これが「北海道価格」!?

 夕食を食べ終わったところで、19時の「宿探し」を開始する。しかし、これがなかなかうまくいかない。温泉宿をみつけられないのだ。というよりも、ずっしりと重く疲れが溜まった気分で、思わず「疲れた…」の言葉が自分の口から出た。

「宿がとれなかったから…」
 を自分自身への言い訳にして、「グリーンピア大沼」のフロントで「部屋は空いてますか」と聞いてみた。するとラッキーなことに泊まれた。

 ということで「グリーンピア大沼」が今晩の宿になったが、ほんとうはもう2、3時間、夜の温泉めぐりをしたかった。

「まあ、いいか。まあ、仕方ないか…」
 で、本日の入浴数は11湯止まりになった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 七重浜温泉「スパビーチ・ホテル海王館」
朝食 七重浜温泉「スパビーチ・ホテル海王館」 ご飯、味噌汁、塩ジャケ、サラダ、肉ジャガ、イカリング、ソーセージ、ベーコン、湯豆腐、漬物、ヨーグルト
9時15分 七重浜温泉「スパビーチ・ホテル海王館」を出発
2505湯目 西桔梗温泉「西桔梗温泉」(370円)
2506湯目 花園温泉「花園温泉」(390円)
2507湯目 函館温泉「函館温泉ホテル」(550円)
2508湯目 富岡温泉「富岡温泉センター」(390円)
2509湯目 亀田温泉「亀田温泉」(390円)
2510湯目 昭和温泉「昭和温泉」(390円)
昼食 昭和温泉「昭和温泉」カレーライス(450円)
2511湯目 花の湯温泉「花の湯」(390円)
2512湯目 アップル温泉「七飯町健康センター」(400円)
2513湯目 ななえ温泉「ゆうひの館」(400円)
2514湯目 ニヤマ温泉「あじさいの湯」(400円)
18時10分 赤井川温泉「グリーンピア大沼」(1泊朝食7150円)
2515湯目 赤井川温泉「グリーンピア大沼」
夕食 赤井川温泉「グリーンピア大沼」牛シャブ定食(680円)
本日の走行距離数 77キロ
本日の温泉入浴数 11湯

七重浜温泉「スパビーチ・ホテル海王館」の朝湯に入る「スパビーチ・ホテル海王館」からの眺め「スパビーチ・ホテル海王館」の朝食

七重浜温泉「スパビーチ・ホテル海王館」の朝湯に入る 「スパビーチ・ホテル海王館」からの眺め 「スパビーチ・ホテル海王館」の朝食

「スパビーチ・ホテル海王館」を出発花園温泉「花園温泉」函館温泉「函館温泉ホテル」の湯

「スパビーチ・ホテル海王館」を出発 花園温泉「花園温泉」 函館温泉「函館温泉ホテル」の湯

富岡温泉「富岡温泉センター」昭和温泉「昭和温泉」「昭和温泉」の「カレーライス」

富岡温泉「富岡温泉センター」 昭和温泉「昭和温泉」 「昭和温泉」の「カレーライス」

花の湯温泉「花の湯」アップル温泉「七飯町健康センター」ななえ温泉「ゆうひの館」

花の湯温泉「花の湯」 アップル温泉「七飯町健康センター」 ななえ温泉「ゆうひの館」

ニヤマ温泉「あじさいの湯」赤井川温泉「グリーンピア大沼」からの眺め「グリーンピア大沼」の「牛シャブ定食」

ニヤマ温泉「あじさいの湯」 赤井川温泉「グリーンピア大沼」からの眺め 「グリーンピア大沼」の「牛シャブ定食」

Comments

Comments are closed.

  • 70代編日本一周

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.79
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    群馬県・榛名山周辺編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up