カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[235日目]

投稿日:2019年10月26日

22時30分、青森港に到着

北海道編 11日目(2007年8月31日)

 小本温泉「小本温泉」の朝湯に入り、ご飯、味噌汁、塩ジャケ、野菜サラダ、ポテトサラダ、ナス、イクラ、トロロ、納豆、生卵、海苔、漬物の朝食を食べ、8時45分に出発する。

 小本温泉には「koshiさん」が来てくれる。「koshiさん」との温泉めぐりが始まった。

 国道45号を北へ。道の駅「たのはた」で小休止。「koshiさん」おすすめの「でんがく」を食べる。豆腐の味噌田楽だ。豆腐も味噌もなかなかの味。炭火で焼く焼き加減もちょうどいい。

 第1湯目は新山根温泉。野田で県道29号に入り、白石峠を越えていく。「べっぴんの湯」に入ったが、名前通りのツルツル湯。ここはPH10.8という日本でも最高の部類の強アルカリ性。新山根温泉から久慈に出た。

 久慈からは国道395号で大野温泉へ。道の駅「おおの」に隣接した「健康の湯」に行く。だがここは天然温泉ではないようなのでパスした。

 第2湯目は大谷温泉。国道395号→県道11号→県道269号で行く。ここは温泉銭湯風の日帰り湯。東北でも有数のラジウム泉で、無色透明の湯。湯から上がると「鍋焼きうどん」を食べ、そのあとは昼寝。気持ちのいい「15分寝」。ここで昼寝につきあってくれた「koshiさん」と別れた。

 大谷温泉からは山越えのルートで県道20号に出ると「アグリパーク」へ。ここも天然温泉ではないようなのでパス。そのまま県道20号を走り、太平洋岸の種市へ。

 第3湯目は種市温泉「ステラマリン」の湯。種市の町中にある温泉施設だ。浴室からは太平洋を一望。海を眺めながら湯につかった。

 種市から国道45号を北へ。県境を越えて青森県に入る。海岸近くには一軒宿の角の浜温泉がある。だがここは残念ながら日帰り入浴は不可。

 八戸市に入ったところでは新井田温泉に入ったが、ここは天然温泉ではないようなのでカウントしない。温泉めぐりの難しさを感じてしまう。

 第4湯目は金吹沢温泉。国道45号から種差海岸に向かったところにある。一軒宿「金吹沢ラジウム鉱泉」の湯に入る。無色透明の湯。浴室からは広々とした庭園を眺める。

 国道45号で八戸の市街地に入ると、八戸市内の3湯をめぐる。

 第5湯目は青葉温泉「青葉温泉」の湯。ここは温泉銭湯で大浴場にはいくつもの湯船がある。湯は豪快に滝となって流れ落ちている。

 第6湯目は石堂温泉「石堂温泉」の湯。ここも温泉銭湯でわさわさと混みあっていた。八戸市民のみなさんにもまれるようにして湯につかった。

 第7湯目は新八温泉「はちのへゆーゆらんど」の湯。入浴料は1160円で上限の1000円を超えるが、ここは「東京→青森」最後の温泉になるので、「まあ、いいか」と例外的な温泉にした。

 八戸からは国道45号→国道4号へ。途中、国道4号沿いの「ミニストップ」で夕食の「ハヤシオムライス」を食べ、青森港に到着したのは22時30分。

「さー、北海道だ〜!」

 青森港のフェリーターミナルで再度の夕食。「ホタテ塩ラーメン」を食べるのだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 小本温泉「小本温泉」
朝食 小本温泉「小本温泉」 ご飯、味噌汁、塩ジャケ、野菜サラダ、ポテトサラダ、ナス、イクラ、トロロ、納豆、生卵、海苔、漬物
8時45分 小本温泉「小本温泉」を出発
出会い koshiさん
白石峠(峠越え)
2481湯目 新山根温泉「べっぴんの湯」(400円)
大野温泉「健康の湯」(天然温泉ではないので入らず)
2482湯目 大谷温泉「大谷温泉」(350円)
昼食 大谷温泉「大谷温泉」鍋焼うどん(500円)
「アグリパーク」(天然温泉ではないので入らず)
2483湯目 種市温泉「ステラマリン」(380円)
青森県に入る
角の浜温泉(入浴のみ不可)
新井田温泉(390円・天然温泉ではない)
2484湯目 金吹沢温泉「金吹沢ラジウム鉱泉」(500円)
2485湯目 青葉温泉「青葉温泉」(390円)
2486湯目 石堂温泉「石堂温泉」(390円)
2487湯目 新八温泉「はちのへゆーゆらんど」(1160円)
夕食 「ミニストップ」の「ハヤシオムライス」
22時30分 青森港
夕食 「フェリーターミナル」ホタテ塩ラーメン(800円)
本日の走行距離数 308キロ
本日の温泉入浴数 7湯

小本温泉「小本温泉」の朝湯に入る「小本温泉」の朝食「小本温泉」を出発。「koshiさん」が来てくれる

小本温泉「小本温泉」の朝湯に入る 「小本温泉」の朝食 「小本温泉」を出発。「koshiさん」が来てくれる

道の駅「たのはた」の「でんがく」を食べる。豆腐の味噌田楽新山根温泉「べっぴんの湯」大谷温泉「大谷温泉」

道の駅「たのはた」の「でんがく」を食べる。豆腐の味噌田楽 新山根温泉「べっぴんの湯」 大谷温泉「大谷温泉」

「大谷温泉」の「鍋焼うどん」金吹沢温泉「金吹沢ラジウム鉱泉」「ミニストップ」の「ハヤシオムライス」

「大谷温泉」の「鍋焼うどん」 金吹沢温泉「金吹沢ラジウム鉱泉」 「ミニストップ」の「ハヤシオムライス」

「フェリーターミナル」の「ホタテ塩ラーメン」

「フェリーターミナル」の「ホタテ塩ラーメン」    

Comments

Comments are closed.

  • 70代編日本一周

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.79
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    群馬県・榛名山周辺編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up