カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[233日目]

投稿日:2019年10月20日

温泉のヤクルト

北海道編 9日目(2007年8月29日)

 みちのく路温泉「湯治館そよ風」の朝湯に入る。2階の大浴場「みはらしの湯」。温泉心をくすぐられるような円形の湯船。ほかに入浴客もいないので、自分一人でどっぷりと湯につかる。高台にあるので、浴室からは一面、雲海に覆われた下界を見下ろした。

 湯から上がると、ご飯、味噌汁、塩ジャケ、目玉焼き、煮物、トロロ、漬物の朝食を食べ、9時15分に出発する。

 第1湯目は涌谷温泉「わくや天平の湯」。手の甲にスタンプを押してもらい、それをセンサーにかざして入る。大浴場と露天風呂。2階の浴室からは広々とした大水田地帯を見下ろす。石造りの露天風呂は趣がある。

 第2湯目は国道45号の道の駅「上品の郷」にある上品の郷温泉「ふたごの湯」。大浴場と露天風呂。ともに濁り湯で濃い味がする。入口には足湯(無料)には気持ちよく足をつけられる。このあと北上川沿いに走り、白浜岬から北上川の河口を見下ろした。

 第3湯目の追分温泉「追分温泉」は山中の一軒宿。木の湯船、木の洗い場と、ふんだんに木を使った温泉だ。湯上がりに自販機の「ヤクルト」を飲んだが、1本(40円)売り。初めて見た。温泉でヤクルトを置いてるところは少なくないが、決まって2本売り。2本で80円、すこし高いところで100円。120円というところもある。そんな温泉のヤクルトなので、1本売りの40円には宿の良心を感じた。温泉の湯上りのヤクルトはぼくの大好物だ。

 国道45号に戻ると、北上川沿いに走る。柳津からは国道342号を行く。やはり北上川沿いの道。国道398号にぶつかったところで佐沼へ。ここは中世の藤原氏以来の城下町だ。

 第4湯目はみなみかた温泉「みなみかた温泉」の湯。玄関の自動ドアは閉まっていたが、諦めてスゴスゴと引き返さないところがカソリのすごさ!? 自動ドアを手で開け、中に入ると、「ただいま留守にしています。お帰りのときに入浴料金を置いていってください」と書かれたメモ紙が貼ってあった。
「やったね!」

 留守の温泉宿に勝手に入り込み、「すいませ〜ん」とひと言いって湯につかった。無味無臭のにごり湯で、なかなかの湯だ。湯から上がると、入浴料がいくらなのかわからなかったので、500円玉を1個、置いて外に出た。

 第5湯目は長沼温泉の日帰り湯「ヴィーナスの湯」。大浴場のにごり湯につかりながら長沼を一望。長沼はラムサール条約に登録されている伊豆沼のすぐ南の沼。ここからの長沼の眺めはすごく良かった。

 第6湯目は加護坊温泉の日帰り湯「さくらの湯」。駐車場の入口には、会社からそのまま抜け出してきたかのような格好の「えむけーさん」が立っていた。会社を早退してずっとここで待っていたという。頭痛か腹痛か…、どんな理由にしたのかは聞かなかったが。「さくらの湯」には「えむけーさん」と一緒に入った。大浴場と露天風呂。ともにほぼ無色透明の湯。湯には味がする。大露天風呂にはガスの松明がある。夜になると灯るという。湯から上がると、昼食の「サラダうどん」を食べた。

「えむけーさん」とはもう1湯、第7湯目の金成温泉「金成延年閣」の湯に入った。大浴場と露天風呂。無色透明の湯につかりながら、「えむけーさん」との湯の中談義を楽しんだ。湯から上がったところで「えむけーさん」と別れた。

 金成温泉からは国道4号→県道4号→国道398号→国道342号と夜道を走り、柳津で国道45号に出た。

 国道45号沿いの「津山食堂」で夕食。「焼肉定食」を食べたが、大盛りの丼飯つきでボリューム満点。それをパワー源にして横山峠を越えて三陸海岸へ。20時45分、今晩の宿、南三陸温泉「ホテル観洋」に到着した。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 みちのく路温泉「湯治館そよ風」
朝食 みちのく路温泉「湯治館そよ風」 ご飯、味噌汁、塩ジャケ、目玉焼き、煮物、トロロ、漬物
9時15分 みちのく路温泉「湯治館そよ風」を出発
2465湯目 涌谷温泉「わくや天平の湯」(800円)
2466湯目 上品の郷温泉「ふたごの湯」(500円)
白浜岬
2467湯目 追分温泉「追分温泉」(300円)
2468湯目 みなみかた温泉「みなみかた温泉」(500円置いて出た)
2469湯目 長沼温泉「ヴィーナスの湯」(600円)
2470湯目 加護坊温泉「さくらの湯」(600円)
昼食 加護坊温泉「さくらの湯」サラダうどん(550円)
出会い えむけーさん
2471湯目 金成温泉「金成延年閣」(400円・割引)
夕食 国道45号沿いの「津山食堂」焼肉定食(850円)
横山峠(峠越え)
20時45分 南三陸温泉「ホテル観洋」(1泊朝食8400円)
2472湯目 南三陸温泉「ホテル観洋」
本日の走行距離数 270キロ
本日の温泉入浴数 8湯

みちのく路温泉「湯治館そよ風」の朝湯に入る「湯治館そよ風」の朝食「湯治館そよ風」を出発

みちのく路温泉「湯治館そよ風」の朝湯に入る 「湯治館そよ風」の朝食 「湯治館そよ風」を出発

涌谷温泉「わくや天平の湯」上品の郷温泉「ふたごの湯」白浜岬から見る北上川の河口

涌谷温泉「わくや天平の湯」 上品の郷温泉「ふたごの湯」 白浜岬から見る北上川の河口

追分温泉「追分温泉」みなみかた温泉「みなみかた温泉」長沼温泉「ヴィーナスの湯」

追分温泉「追分温泉」 みなみかた温泉「みなみかた温泉」 長沼温泉「ヴィーナスの湯」

加護坊温泉「さくらの湯」「さくらの湯」の「サラダうどん」「津山食堂」の「焼肉定食」

加護坊温泉「さくらの湯」 「さくらの湯」の「サラダうどん」 「津山食堂」の「焼肉定食」

Comments

Comments are closed.

  • 70代編日本一周

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.79
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    群馬県・榛名山周辺編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up