カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[232日目]

投稿日:2019年10月17日

仙台を北上する

北海道編 8日目(2007年8月28日)

 谷山温泉「谷山温泉」の朝湯に入る。大浴場と露天風呂。露天風呂は混浴だ。ともに無色透明の湯。谷山温泉での泊まりは「素泊まり」なので7時30分に出発する。

 県道14号→県道25号で岩沼に向かう。

 第1湯目は大師温泉。県道25号のゆるやかな峠を下ったところにある。到着は7時45分だったが、何ともありがたいことに、ここでは入浴OK、朝食もOK。入浴料の500円と朝食代の1000円、合わせて1500円を払って湯に入った。長方形の石造りの湯船。無色透明の湯。自分一人で大浴場の湯につかった。湯から上がると大広間でご飯、味噌汁、焼魚、焼ナス、生卵、インゲン、海苔、漬物の「朝定食」を食べた。

 第2湯目は大河原温泉の日帰り湯の「いい湯」。大浴場と露天風呂。洒落た造りの温泉だ。ゆったり気分で無色透明の湯につかった。

 次に角田の角田温泉「大元荘」に行ったが、まだ湯をわかしていないということで入れなかった。耳の遠いおばあちゃんとの会話で、そこまで聞き出すのが大変なことだった。

 第3湯目は阿武隈川の河口に近いわたり温泉「鳥の海」。新浴場の内風呂に入る。茶色っぽい湯の色。湯から上がると食堂で昼食。「刺身定食」を食べた。

 わたり温泉を出て、国道6号に向かっているときのことだ。すれ違ったヤマハのセローに乗るライダーに大きく手を振られた。田中瑞穂さんではないか。

「やっとカソリさんを捕まえましたよ」
 と言う。

 田中さんは昨夕、わたり温泉「鳥の海」でぼくを待ち構えていたという。
「それが蔵王の方に行ってしまうので、あれれれ…で」。

 田中さんは「旅籠屋・仙台亘理店」の支配人。さっそく国道6号沿いの「旅籠屋」に行ってみる。交通至便、シンプルな、それでいて洒落た感じの造りの「旅籠屋」だ。駐車スペースも広々している。そこで奥さんの好美さんにもお会いする。2人は温泉大好き。温泉めぐりのHPもやっている。6日間の夏休みでは東北の31湯の温泉に入ったという。

 田中さんは1湯、付き合ってくれるという。そこで第4湯目の熊野堂温泉「熊野堂温泉」まで案内してもらった。「えー、仙台のすぐ近くに、こんな温泉があるの!?」と、ちょっとびっくりするような一軒宿の温泉。時代を感じさせる玄関。玄関前の庭にはチャボが放し飼いにされている。田中さんと内風呂の無色透明のやわらかな湯につかった。湯から上がると、好美さんの差し入れの野菜ジュース「野菜生活」で乾杯!

 田中さんと別れたあとは仙台の中心街に入っていく。

 第5湯目はながまち温泉「ペアーレ仙台」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。泉質は含鉄ナトリウム・カルシウム塩化物強塩泉。といっても湯は無味無臭。仙台の中心街にある温泉だ。つづいて第6湯目の仙台七郷温泉「ウェルサンピア仙台」の湯に入った。

 第7湯目は沢乙温泉の一軒宿「内海旅館」の湯。内風呂と露天風呂。総木造りの露天風呂は気持ちよく入れた。次に道珍坊温泉に行ったが、残念ながら営業時間は終了していて入れなかった。

 仙台を離れる。

 第8湯目は大郷温泉「夢実の湯」。大浴場と露天風呂。ここの大露天風呂はすごい。4段の階段状になっている。湯から上がるとここで夕食。「野菜炒め定食」を食べた。
「夢実の湯」を出たところで、「ホリゴメさん」と「ゆぷるさん」に再会。

「ホリゴメさん」は昨日、福島での仕事を早めに切り上げ、国道115号で相馬まで行き、「カソリ捕獲作戦」をおこなったという。青葉温泉ではタッチの差で失敗。そのあとわたり温泉「鳥の海」で待ち構えた。「あそこでまさか、黄金川温泉の方に行くとは…」ということで、またしても「カソリ捕獲」に失敗。「カソリさん、それでも昨日はさんざん、楽しませてもらいましたよ。きっとカソリさんはこのルートを通るはずだ、この温泉に入るはずだって、推理するのはとっても楽しいことでした」といってくれたのだ。

 一方、「ゆぷるさん」は仕事を終えると、ピンポイントで「夢実の湯」にネライをつけてやってきた。そんな「ホリゴメさん」と「ゆぷるさん」はここでバッタリと出くわしたという訳だ。なんとも名残おしかったが、「ホリゴメさん」と「ゆぷるさん」に別れ、みちのく路温泉へ。今晩の宿、みちのく路温泉「湯治館そよ風」に到着したのは20時50分だった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 谷山温泉「谷山温泉」
7時30分 出発
2456湯目 大師温泉「大師温泉」(500円)
朝食 「大師温泉」朝定食(1000円)
2457湯目 大河原温泉「いい湯」(800円)
角田温泉「大元荘」(入れず)
2458湯目 わたり温泉「鳥の海」(500円)
昼食 わたり温泉「鳥の海」刺身定食(1550円)
出会い 田中さん夫妻
2459湯目 熊野堂温泉「熊野堂温泉」(500円)
名取川温泉(廃業湯)
2460湯目 ながまち温泉「ペアーレ仙台」(700円)
2461湯目 仙台七郷温泉「ウェルサンピア仙台」(700円)
2462湯目 沢乙温泉「内海旅館」(500円)
道珍坊温泉(入れず)
2463湯目 大郷温泉「夢実の湯」(500円・割引)
夕食 大郷温泉「夢実の湯」野菜炒め定食(650円)
出会い ホリゴメさん、ゆぷるさん
20時50分 みちのく路温泉「湯治館そよ風」(1泊朝食9650円)
2464湯目 みちのく路温泉「湯治館そよ風」
本日の走行距離数 198キロ
本日の温泉入浴数 9湯

谷山温泉「谷山温泉」の朝湯に入る大師温泉「大師温泉」の湯「大師温泉」の「朝定食」

谷山温泉「谷山温泉」の朝湯に入る 大師温泉「大師温泉」の湯 「大師温泉」の「朝定食」

大河原温泉「いい湯」角田温泉「大元荘」わたり温泉「鳥の海」の「刺身定食」

大河原温泉「いい湯」 角田温泉「大元荘」 わたり温泉「鳥の海」の「刺身定食」

熊野堂温泉「熊野堂温泉」大郷温泉「夢実の湯」の「野菜炒め定食」ホリゴメさん、ゆぷるさん

熊野堂温泉「熊野堂温泉」 大郷温泉「夢実の湯」の「野菜炒め定食」 ホリゴメさん、ゆぷるさん

Comments

Comments are closed.

  • 70代編日本一周

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.79
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    群馬県・榛名山周辺編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up