カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[231日目]

投稿日:2019年10月14日

宮城県に入った

北海道編 7日目(2007年8月27日)

 中の湯温泉「ホテル中の湯」の朝湯に入る。5階の展望風呂。湯につかりながら、すぐ近くを通る磐越道を見る。湯から上がると、ご飯、味噌汁、イカ刺、焼魚、サラダ、明太子、納豆、豆腐、ザーサイ、漬物の朝食を食べ、8時30分に出発だ。

 福島県の太平洋側の浜通りを北上。

 第1湯目は目の湯温泉「真砂屋旅館」の湯。無色透明無味無臭の湯につかる。

 第2湯目はべこ湯温泉「べこ湯」。ここは豊かな自然に囲まれた鉱泉宿。小さな湯船の湯につかる。湯から上がると、宿の主人、高橋周介さんから「カソリさんですよね」と声をかけられた。高橋さんはバイク大好きな人で、何年か前までは夢中になってモトクロスをやっていたという。「べこ湯」で昼食。「天ざる」を食べ、高橋さんに別れを告げて出発した。

 相馬市に入った。

 第3湯目は羽黒湯温泉「羽黒湯」。山中の一軒宿で最後は短いダートを走る。入浴料を払おうとすると、「一回入りだね」と聞かれた。「一回入り」という言い方もあるのか。ここは内風呂のみで無色透明の湯につかった。

 第4湯目は相馬松川浦温泉「ホテル飛天」の湯。大浴場と大露天風呂。大露天風呂ではアブにやられることもなく、気持ちよく無色透明の湯につかった。

 相馬からは国道113号で宮城県境に向かっていく。

 第5湯目は県境に近い鹿狼温泉。鹿狼山麓の一軒宿「鹿狼の湯」に入る。内風呂のみで小さな木の湯船。木の感触がすごくいい。湯から上がると、国道113号で阿武隈山地の大沢峠を越え、宮城県に入った。

 第6湯目は阿武隈山中の青葉温泉「青雲閣」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。無色透明の湯につかった。このあと斉川温泉、斗蔵温泉に寄ったのだが、ともに廃業湯だった。

 国道113号で白石に出た。

 白石からは蔵王エコーラインにつづく県道12号を行く。

 第7湯目は黄金川温泉「白鳥荘」の湯。熱めの湯で濁り湯。かなり濃い味がする。

 第8湯目は蔵王曲竹温泉「ルビナスセンター」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。2つの大きな湯船があって、ひとつは熱めの湯、もうひとつは温めの湯だ。ともに無味無臭の濁り湯。湯から上がると夕食の「ウナギ定食」を食べた。

 県道12号から県道25号に入り、東北道の村田ICに向かっていく。その途中で左折し、第9湯目の鎌倉温泉へ。車1台がやっと通れるくらいの超狭路。あたりは真っ暗。ほんとうにこの奥に温泉宿があるのだろううかと不安にかられたが、「あった!」。

 山中の一軒宿、鎌倉温泉「鎌倉温泉」の湯に入る。小さなかわいらしい湯船。無色透明の湯につかりながら、思わず「やったゼ!」のガッツポーズだ。

 東北道の村田ICからは県道14号を行く。

 20時30分、今晩の宿、第10湯目の谷山温泉「谷山温泉」に到着。「宿湯」の大浴場と露天風呂の湯にどっぷりつかった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 中の湯温泉「ホテル中の湯」
朝食 中の湯温泉「ホテル中の湯」 ご飯、味噌汁、イカ刺、焼魚、サラダ、明太子、納豆、豆腐、ザーサイ、漬物
8時30分 中の湯温泉「ホテル中の湯」を出発
白岩温泉(入れず)
2446湯目 目の湯温泉「真砂屋旅館」(500円)
2447湯目 べこ湯温泉「べこ湯」(500円)
昼食 「べこ湯」天ざるそば(1100円)
2448湯目 羽黒湯温泉「羽黒湯」(500円)
2449湯目 相馬松川浦温泉「ホテル飛天」(800円)
2450湯目 鹿狼温泉「鹿狼の湯」(400円)
大沢峠(峠越え)
宮城県に入る
2451湯目 青葉温泉「青雲閣」(500円)
斉川温泉(廃業湯)
斗蔵温泉(廃業湯)
2452湯目 黄金川温泉「白鳥荘」(350円)
2453湯目 蔵王曲竹温泉「ルビナスセンター」(400円)
夕食 「ルビナスセンター」ウナギ定食(800円)
2454湯目 鎌倉温泉「鎌倉温泉」(200円)
20時30分 谷山温泉「谷山温泉」(素泊まり4665円)
2455湯目 谷山温泉「谷山温泉」
本日の走行距離数 271キロ
本日の温泉入浴数 10湯

中の湯温泉「ホテル中の湯」の朝湯に入る「ホテル中の湯」の朝食「ホテル中の湯」を出発

中の湯温泉「ホテル中の湯」の朝湯に入る 「ホテル中の湯」の朝食 「ホテル中の湯」を出発

白岩温泉「金波旅館」べこ湯温泉「べこ湯」「べこ湯」に入る

白岩温泉「金波旅館」 べこ湯温泉「べこ湯」 「べこ湯」に入る

「べこ湯」の「天ざるそば」「べこ湯」の高橋周介さん羽黒湯温泉「羽黒湯」への道

「べこ湯」の「天ざるそば」 「べこ湯」の高橋周介さん 羽黒湯温泉「羽黒湯」への道

「羽黒湯」相馬松川浦温泉「ホテル飛天」の露天風呂「ホテル飛天」の露天風呂に入る

「羽黒湯」 相馬松川浦温泉「ホテル飛天」の露天風呂 「ホテル飛天」の露天風呂に入る

鹿狼温泉「鹿狼の湯」「鹿狼の湯」に入る国道113号の大沢峠

鹿狼温泉「鹿狼の湯」 「鹿狼の湯」に入る 国道113号の大沢峠

青葉温泉「青雲閣」黄金川温泉「白鳥荘」蔵王曲竹温泉「ルビナスセンター」

青葉温泉「青雲閣」 黄金川温泉「白鳥荘」 蔵王曲竹温泉「ルビナスセンター」

「ルビナスセンター」の「ウナギ定食」鎌倉温泉「鎌倉温泉」の湯

「ルビナスセンター」の「ウナギ定食」 鎌倉温泉「鎌倉温泉」の湯  

Comments

Comments are closed.

  • 70代編日本一周

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.79
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    群馬県・榛名山周辺編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up