カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[229日目]

投稿日:2019年9月25日

会津若松から奥会津へ

北海道編 5日目(2007年8月25日)

 東山温泉「鳥一旅館」の朝湯に入る。無色透明の熱めの湯。体がシャキッとする。湯から上がると、ご飯、味噌汁、玉子焼き、納豆、海苔、青菜のおひたし、明太子、カボチャ、サケの粕漬、漬物の朝食を食べ、8時30分に出発。

 会津若松から奥会津へ。

 第1湯目は松沢温泉「松沢荘」の湯。明るい浴室のガラスの向こうに会津盆地が広がっている。広々とした稲田の向こうには会津磐梯山が見える。「おー、絶景!」。

 第2湯目は会津本郷温泉「湯陶里」の湯。大浴場と露天風呂。露天風呂からは真下を流れる阿賀川を眺める。その上流に目をやると、奥会津の山々がよく見える。湯から上がると、「のむヨーグルト」を飲んだ。

 第3湯目は芦ノ牧温泉「芦ノ牧グランドホテル」の湯。大浴場と露天風呂。ここの日帰り入浴は11時30分からで、10分ほど待って一番湯に入れた。入浴客はぼく一人。大温泉ホテルの大浴場を独り占め。露天風呂からは阿賀川の上流、大川の渓谷を見下ろす。

 湯野上温泉の手前からは国道118号で鳳坂峠へ。

 第4湯目は二岐温泉「湯小屋」の湯。内風呂と露天風呂。源泉掛け流しで飲泉可。

 第5湯目は岩瀬湯本温泉「湯口屋」の湯。ここは茅葺屋根の老舗温泉旅館。内風呂のみで熱めの湯。隣には共同浴場があるが、利用できるのは地元の皆さんだけだ。

 国道118号の鳳坂峠の「峠返し」。峠の真上で折り返し、国道118号沿いの食堂「清水」で昼食。「しょうが焼き定食」を食べた。

 第6湯目は羽鳥湖温泉。「レジーナの森」の「彩光の湯」に入った。ここは入浴料が1200円で上限の1000円を超えるが、「まあ、いいか」で、例外的な措置で大浴場と露天風呂の湯につかった。

 国道118号で湯野上温泉に戻ってくる。

 第7湯目の湯野上温泉では渓流のわきにある無料湯の混浴露天風呂に入った。

 湯につかっているときはまだよかったが、湯から上がってからが大変。アブの猛攻を受け、何発も刺された。とくに尻とか太ももの裏側をやられる。これでこのあと、何日も「かゆい、かゆい、かゆいよ〜」とかきむしらなくてはならない。夏の東北の露天風呂、アブさえいなければ極楽なのだが…。

 湯野上温泉からは国道121号を行く。

 第8湯目は弥五島温泉「郷の湯」。料金箱に入浴料の300円を入れて、源泉掛け流しの湯につかる。素朴感の漂ういい湯だ。

 南会津の中心、田島からは国道289号で駒止峠を越える。

 第9湯目は南郷の道の駅「きらら289」の山口温泉「きらら289」の湯。大浴場と露天風呂。ここは人気の湯なので混んでいた。

 第10湯目は宮床温泉「宮床温泉」の湯。赤茶けた湯につかる。

 最後は木賊温泉。

 木賊温泉に到着すると、共同浴場「広瀬の湯」に入る。男女別の湯。木賊温泉は前回、入っているので、カウントしない。

「広瀬の湯」から上がり、さっぱりしたところで、今晩の宿、「若松屋」へ。バイクの音を聞きつけ、美人女将のえみ子さんが飛び出してきてくれた。玄関前でひとしきり話す。前回、ほんとうは「若松屋」で泊まりたかったのだが留守だった。

 同宿の茨城県からやってきた永見隆志さん、増井竜也さんと一緒に夕食を食べる。2人ともライダーでバイクでやってきた。永見さん、増井さんは大阪の大学時代の同級生。そんな2人は奇しくも今は茨城県に住んでいる。

 奥会津の地のものをふんだんに使った夕食。イワナの刺身と塩焼き、イワナの酒粕漬け、ワラビやヤマウド、ギョウジャニンニクなどの山菜料理を食べながら永見さん、増井さんとビールで「乾杯!」を繰り返す。ビールの空き瓶が次々に増えていく。

 イワナの「骨酒」が出ると、宴会モードに突入だ。

「今日はとってもいい日!」
 といって、えみ子さんも一緒になって宴会に加わってくれた。

 イワナのうまみが染み出た地酒の「花泉」がうまい。そのあとはにごり酒。あっというまに日付けが変わり、最後に「そば」と「マイタケご飯」を食べ、宴会終了。

 話は尽きず、この続きは朝、コーヒーを飲みながらということになった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 東山温泉「鳥一旅館」
朝食 東山温泉「鳥一旅館」 ご飯、味噌汁、玉子焼き、納豆、海苔、青菜のおひたし、明太子、カボチャ、サケの粕漬、漬物
8時30分 東山温泉「鳥一旅館」を出発
「ふれあいの湯」(500円)天然温泉ではないようなのでカウントせず
2427湯目 松沢温泉「松沢荘」(500円)
2428湯目 会津本郷温泉「湯陶里」(500円)
2429湯目 芦ノ牧温泉「芦ノ牧グランドホテル」(700円)
2430湯目 二岐温泉「湯小屋」(500円)
2431湯目 岩瀬湯本温泉「湯口屋」(500円)
鳳坂峠(峠返し)
昼食 国道118号沿いの食堂「清水」しょうが焼き定食(850円)
2432湯目 羽鳥湖温泉「レジーナの森」(1200円)
2433湯目 湯野上温泉「河原の露天風呂」(無料)
2434湯目 弥五島温泉「郷の湯」(300円)
駒止峠(峠越え)
2435湯目 山口温泉「きらら289」(500円)
2436湯目 宮床温泉「宮床温泉」(500円)
木賊温泉「広瀬の湯」(300円)
19時30分 木賊温泉「民宿若松屋」(1泊2食6700円)
本日の走行距離数 232キロ
本日の温泉入浴数 10湯

東山温泉「鳥一旅館」の朝湯に入る「鳥一旅館」の朝食「ふれあいの湯」に入る

東山温泉「鳥一旅館」の朝湯に入る 「鳥一旅館」の朝食 「ふれあいの湯」に入る

松沢温泉「松沢荘」の湯会津盆地から見る奥会津の山々会津本郷温泉「湯陶里」

松沢温泉「松沢荘」の湯 会津盆地から見る奥会津の山々 会津本郷温泉「湯陶里」

芦ノ牧温泉「芦ノ牧グランドホテル」の大浴場「芦ノ牧グランドホテル」の露天風呂二岐温泉「湯小屋」の露天風呂に入る

芦ノ牧温泉「芦ノ牧グランドホテル」の大浴場 「芦ノ牧グランドホテル」の露天風呂 二岐温泉「湯小屋」の露天風呂に入る

国道118号の鳳坂峠に到達国道118号沿いの食堂「清水」の「しょうが焼き定食」湯野上温泉「河原の露天風呂」

国道118号の鳳坂峠に到達 国道118号沿いの食堂「清水」の「しょうが焼き定食」 湯野上温泉「河原の露天風呂」

弥五島温泉「郷の湯」宮床温泉「宮床温泉」「宮床温泉」の湯

弥五島温泉「郷の湯」 宮床温泉「宮床温泉」 「宮床温泉」の湯

木賊温泉「民宿若松屋」の夕食「民宿若松屋」の「骨酒」

木賊温泉「民宿若松屋」の夕食 「民宿若松屋」の「骨酒」  

Comments

Comments are closed.

  • イベント情報

    オオサンショウウオ
    ソロツーリングラリー
    日時:2019年10月27日
    前夜祭:26日(申込先着100名)
    詳細は上のバナーをクリック!
  • Vストロームミーティング2019

    日時:2019年11月10日(日)
    会場:スズキ株式会社本社
       浜松市南区高塚町300
    参加費:無料
    詳しくは下記をクリック
    Vストロームミーティング 2019
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.78
    9月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    長野県・岡谷地区 後編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up