カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[228日目]

投稿日:2019年9月23日

会津の温泉をめぐる

北海道編 4日目(2007年8月24日)

 大塩裏磐梯温泉「ホテル観山」の朝湯に入る。大浴場と露天風呂。大浴場の湯は塩辛い。露天風呂の湯は無色透明無味無臭。湯から上がると、ご飯、味噌汁、塩ジャケ、納豆、半熟卵、豆腐、海苔、ジュンサイ、漬物の朝食を食べ、9時に出発した。

 天気は快晴。夏とは思えないような透き通った青空。スズキDR−Z400SMで切る風はひんやりしている。

 まずは北会津の温泉をめぐる。

 第1湯目は道の駅「喜多の郷」の喜多の郷温泉「蔵の湯」。大浴場と露天風呂の無色透明の湯に入る。ここは「美人の湯」、「美肌の湯」で知られている。大浴場の大風呂は「あっ!」と驚くような広さ。洗い場も広々している。

 第2湯目は大森温泉「夢の森」の湯。大浴場と露天風呂。硫酸塩泉の無色透明の湯につかる。湯から上がると15分寝。湯上りの「15分寝」は最高の気持ちよさ!

 第3湯目は熱塩温泉の共同浴場「下の湯」。近くの「叶屋商店」で200円の入浴料を払って入る。小さな湯船。ほぼ無色透明の湯。若干の塩味がある。

 第4湯目は日中温泉「ゆもとや」の湯。ここは日中ダムのすぐ下の温泉だ。内風呂の「栂峰の湯」から入っていく。この湯は循環している。次の露天の「高倉の湯」は加温をしている。それらをキチンと表示しているところに好感が持てる。露天の「飯森の湯」は檜の樽風呂で源泉掛け流し。湯にはかすかな甘味がある。アブと格闘しながら入った。

 これら4湯に入ると、国道121号の大峠の「峠返し」。「大峠トンネル」(3940m)の入口で折り返した。

 第5湯目は飯豊山麓の一ノ木温泉「いいでのゆ」。大浴場と露天風呂。大浴場には2つの湯船。ともに無色透明の湯だが、ひとつは有味無臭、もうひとつは無味無臭だ。湯から上がるとここで昼食。「カレーライス」を食べた。ここまでが「北会津編」になる。

 つづいて「西会津編」を開始する。

 第6湯目は高郷温泉「ふれあいランド高郷」の湯。大浴場と露天風呂の無色透明の湯に入る。露天風呂ではアブとの壮絶な戦い!

 第7湯目はさゆり温泉「ロータスイン」の湯。大浴場と露天風呂の湯はともにかなり塩分が濃い。大浴場の方はほぼ無色透明で、露天風呂の方は緑色がかった湯の色をしている。

 第8湯目は洲走の湯温泉「洲走の湯」。ここは普通の民家のような温泉で、人の家に行って、「すいません、お風呂に入らせてもらえますか」と頼むような感じ。内風呂のみで、若干の濁り湯。肌にやさしいツルツル湯だ。

 第9湯目は板下温泉「糸桜里の湯ばんげ」。大浴場と露天風呂。露天風呂からは会津盆地を見下ろす。湯から上がると夕食。ここでは「天丼」を食べた。

 最後は会津若松周辺の温泉をめぐる。

 第10湯目は新鶴温泉「新鶴温泉健康センター」の湯。規模の大きな温泉施設でいくつかの湯船がある。それらをひとつづつ入っていく。アルカリ性の単純温泉だ。

 第11湯目は高田温泉「あやめの湯」。ここは大浴場の内風呂のみ。2つの湯船があるが、泉質はともにナトリウムー塩化物・硫酸塩泉。

 高田温泉「あやめの湯」から会津の名湯、東山温泉へ。温泉街の中に入っていく。21時過ぎの「宿探し」開始。「ホテル玉屋」、「新滝旅館」、「原瀧本館」…と、次々に電話した。しかしこの時間ではどうしようもない。すべての宿で断られた。

 だが、ここで諦めるようなカソリではない。電話は止めにして、飛び込みで宿に行く。「おー、ここだな。一人ではダメだといったところだ。でも、申し訳ありませんねえって、とってもていねいに応対してくれたな」。

 そんな「鳥一旅館」に行って宿泊を頼むと、快く泊めてもらえた。一発で宿をゲット。「やったね!」

 すぐさま第12湯目の「宿湯」に入った。ドーーーッと、湯が湯口から湯船に勢いよく流れ落ちている。湯量豊富。ここは24時間、入浴可。

「腰痛とか肩こりにはとってもよく効く湯なんですよ」
 と、女将さんは言っていた。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 大塩裏磐梯温泉「ホテル観山」
朝食 大塩裏磐梯温泉「ホテル観山」 ご飯、味噌汁、塩ジャケ、納豆、半熟卵、豆腐、海苔、ジュンサイ、漬物
9時 大塩裏磐梯温泉「ホテル観山」を出発
2415湯目 喜多の郷温泉「蔵の湯」(500円)
2416湯目 大森温泉「夢の森」(500円)
2417湯目 熱塩温泉の共同浴場「下の湯」(200円)
2418湯目 日中温泉「ゆもとや」(800円)
大峠(峠返し)
相川温泉(廃業湯)
2419湯目 一ノ木温泉「いいでのゆ」(500円)
昼食 一ノ木温泉「いいでのゆ」 「カレーライス」
2420湯目 高郷温泉「ふれあいランド高郷」(500円)
2421湯目 さゆり温泉「ロータスイン」(400円)
2422湯目 洲走の湯温泉「洲走の湯」(350円)
2423湯目 坂下温泉「糸桜里の湯ばんげ」(500円)
夕食 坂下温泉「糸桜里の湯ばんげ」 「天丼」
2424湯目 新鶴温泉「新鶴温泉健康センター」(500円)
高橋温泉(廃業湯)
2425湯目 高田温泉「あやめの湯」(300円)
21時40分 東山温泉「鳥一旅館」(1泊朝食10650円)
2426湯目 東山温泉「鳥一旅館」
本日の走行距離数 190キロ
本日の温泉入浴数 12湯

大塩裏磐梯温泉「ホテル観山」の朝湯に入る「ホテル観山」の朝食喜多の郷温泉「蔵の湯」

大塩裏磐梯温泉「ホテル観山」の朝湯に入る 「ホテル観山」の朝食 喜多の郷温泉「蔵の湯」

大森温泉「夢の森」熱塩温泉の共同浴場「下の湯」日中ダムの下にある日中温泉「ゆもとや」

大森温泉「夢の森」 熱塩温泉の共同浴場「下の湯」 日中ダムの下にある日中温泉「ゆもとや」

日中温泉「ゆもとや」の浴室「ゆもとや」の露天風呂に入る国道121号の大峠

日中温泉「ゆもとや」の浴室 「ゆもとや」の露天風呂に入る 国道121号の大峠

一ノ木温泉「いいでのゆ」の「カレーライス」高郷温泉「ふれあいランド高郷」洲走の湯温泉「洲走の湯」

一ノ木温泉「いいでのゆ」の「カレーライス」 高郷温泉「ふれあいランド高郷」 洲走の湯温泉「洲走の湯」

坂下温泉「糸桜里の湯ばんげ」「糸桜里の湯ばんげ」の「天丼」高田温泉「あやめの湯」

坂下温泉「糸桜里の湯ばんげ」 「糸桜里の湯ばんげ」の「天丼」 高田温泉「あやめの湯」

Comments

Comments are closed.

  • イベント情報

    オオサンショウウオ
    ソロツーリングラリー
    日時:2019年10月27日
    前夜祭:26日(申込先着100名)
    詳細は上のバナーをクリック!
  • Vストロームミーティング2019

    日時:2019年11月10日(日)
    会場:スズキ株式会社本社
       浜松市南区高塚町300
    参加費:無料
    詳しくは下記をクリック
    Vストロームミーティング 2019
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.78
    9月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    長野県・岡谷地区 後編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up