カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[227日目]

投稿日:2019年9月5日

天然大露天風呂に入る

北海道編 3日目(2007年8月23日)

 福島駅西口の「東横イン」の朝食(おにぎり&味噌汁)を食べ、9時に出発。

 第1湯目は深山の趣のある山中の一軒宿、不動湯温泉「不動湯温泉旅館」の湯だ。石の湯船の「常盤の湯」、木の湯船の「羽広の湯」、混浴の露天風呂と入った。「ミーンミンミン」とミンミンゼミが鳴きまくっている。

 つづいて奥土湯温泉郷の一軒宿の温泉、小滝温泉、東海温泉、川上温泉の3湯をめぐったが、すべて入浴のみは不可だった。

 第2湯目は安達太良温泉「安達太良温泉旅館」の湯。ここは山中の一軒宿。長方形の石の湯船。無色透明の湯につかりながら浴室のガラス越しに森の緑を眺める。湯から上がるとここで昼食。「ラーメン」を食べたが、麺も汁も素朴な味わい。

 第3湯目は新おおたま温泉「アットホームおおたま」の湯。大浴場の無色透明の湯にどっぷりつかる。浴室からは安達太良高原を一望する。

 第4湯目は奥岳温泉「あだたら高原富士急ホテル」の湯。大浴場と露天風呂の湯に入る。ここの入浴時間は12時から。11時前に来たのだが、入れなかったので、13時過ぎにまたやってきた。

 つづいて前回、入れなかった土湯峠周辺の2湯をめぐる。

 第5湯目は新野地温泉「相模屋旅館」の湯。ここの露天風呂はすごくいい。木の湯船。乳白色の濁り湯につかる。周辺から蒸気がたちこめる。

 第6湯目は鷲倉温泉「鷲倉温泉旅館」の湯。大浴場と露天風呂の白濁の湯に入った。

 土湯峠を越えて、会津側に下っていく。

 第7湯目は沼尻元湯温泉。沼尻温泉「田村屋旅館」のところでで左折し、急坂のダートを登っていく。行き止まり地点の広い駐車場にDR−Z400SMを停め、山道を歩いていくと、急崖に囲まれた「沼尻元湯」に到着だ。そこから沼尻温泉へ、石油のパイプラインを思わせるような太い送湯管が延びている。さっそく湯につかる。といっても別に温泉施設があるわけではない。湯が川になって流れ落ちているので、どこにでも入れる。それも絶妙の湯温。湯滝下の天然大露天風呂に入ったが、あたりにはまったく人影はない。無人の荒野に自分一人で湯につかっているかのような気分だ。

 第8湯目は裏磐梯の川上温泉「菖蒲苑」の湯。内風呂の岩風呂に入る。無色透明の湯。ここではあたたかな雰囲気を感じた。つづいて行った土湯沢温泉は廃業湯だ。

 第9湯目は桧原湖畔の早稲沢温泉「民宿ひばら」の湯。ここは内風呂のみで小さな湯船。無色透明の湯につかった。

 第10湯目は桧原温泉の「湖望の湯」。桧原湖畔の共同浴場で、内風呂のみ。無色透明の湯につかった。

 桧原湖から国道459号で桜峠を越える。第11湯目は桜峠にある桜峠温泉「ラビスパ」の湯。ここは規模の大きな温泉施設。桜峠を下った大塩裏磐梯温泉には20時40分の到着。「ホテル観山」に泊まったのだが、ありがたいことに夕食も用意してくれた。馬刺し、天ぷら、肉と野菜の鉄板焼き、胡麻豆腐、山菜料理、蒸し物、漬物の夕食をいただき、そのあとで第12湯目の宿湯に入るのだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝食 福島駅西口の「東横イン」 おにぎり、味噌汁
9時 福島駅西口の「東横イン」を出発
2403湯目 不動湯温泉「不動湯温泉旅館」(500円)
小滝温泉(入浴のみ不可)
東海温泉(入浴のみ不可)
川上温泉(入浴のみ不可)
2404湯目 安達太良温泉「安達太良温泉旅館」(450円)
昼食 安達太良温泉「安達太良温泉旅館」 ラーメン(500円)
2405湯目 新おおたま温泉「アットホームおおたま」(400円)
2406湯目 奥岳温泉「あだたら高原富士急ホテル」(800円)
2407湯目 新野地温泉「相模屋旅館」(500円)
2408湯目 鷲倉温泉「鷲倉温泉旅館」(500円)
土湯峠(峠越え)
2409湯目 沼尻温泉元湯(無料)
2410湯目 川上温泉「菖蒲苑」(500円)
土湯沢温泉(廃業湯)
2411湯目 早稲沢温泉「民宿ひばら」(500円)
2412湯目 桧原温泉の共同浴場「湖望の湯」(400円)
桜峠(峠越え)
2413湯目 桜峠温泉「ラビスパ」(500円)
20時40分 大塩裏磐梯温泉「ホテル観山」(1泊2食8550円)
2414湯目 大塩裏磐梯温泉「ホテル観山」
夕食 大塩裏磐梯温泉「ホテル観山」 ご飯、味噌汁、馬刺し、天ぷら、肉と野菜の鉄板焼き、胡麻豆腐、山菜料理、蒸し物、漬物
本日の走行距離数 175キロ
本日の温泉入浴数 12湯

「東横イン」の朝食不動湯温泉への道「不動湯温泉旅館」

「東横イン」の朝食 不動湯温泉への道 「不動湯温泉旅館」

「不動湯温泉旅館」の「羽広の湯」「不動湯温泉旅館」の混浴露天風呂安達太良高原のダート県道を行く

「不動湯温泉旅館」の「羽広の湯」 「不動湯温泉旅館」の混浴露天風呂 安達太良高原のダート県道を行く

安達太良温泉「安達太良温泉旅館」の湯「安達太良温泉旅館」の「ラーメン」新おおたま温泉「アットホームおおたま」

安達太良温泉「安達太良温泉旅館」の湯 「安達太良温泉旅館」の「ラーメン」 新おおたま温泉「アットホームおおたま」

新野地温泉「相模屋旅館」沼尻温泉元湯から延びる送湯管沼尻温泉元湯に入る

新野地温泉「相模屋旅館」 沼尻温泉元湯から延びる送湯管 沼尻温泉元湯に入る

川上温泉「菖蒲苑」の湯夕暮れの檜原湖早稲沢温泉「民宿ひばら」

川上温泉「菖蒲苑」の湯 夕暮れの檜原湖 早稲沢温泉「民宿ひばら」

桧原温泉の共同浴場「湖望の湯」桜峠温泉「ラビスパ」大塩裏磐梯温泉「ホテル観山」

桧原温泉の共同浴場「湖望の湯」 桜峠温泉「ラビスパ」 大塩裏磐梯温泉「ホテル観山」

Comments

Comments are closed.

  • 70代編日本一周

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.79
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    群馬県・榛名山周辺編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up