カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[220日目]

投稿日:2019年8月12日

5人での大宴会

東部編 46日目(2007年8月4日)

 小野川温泉「亀屋万年閣」の朝湯に入る。大浴場と露天風呂。露天風呂は小さめな湯船だが、落ち着いた気分で入れる。湯から上がると、ご飯、味噌汁、焼魚、焼肉、納豆、半熟卵、豆腐、海苔、漬物の朝食を食べ、9時に出発だ。

 朝から雨…。小野川温泉には「ホリゴメさん」が来てくれた。秋田からの仕事帰りに寄ってくれたのだ。ホリゴメさんと一緒に走り出す。

 まずは国道121号の山形・福島県境の大峠まで行き、「峠返し」で折り返した。

 米沢に戻ると、国道287号→国道113号を行く。

 第1湯目は添川温泉「しらさぎ荘」の湯。大浴場と露天風呂は、ともに無味無臭の赤ちゃけた湯。ここは日帰り湯の温泉だが、宿泊も可。今度は泊まりたいなと思わせた。

 第2湯目はがまの湯温泉「いいで旅館」の湯。大浴場と露天風呂はともに濁り湯だが、若干の色違いの湯。湯から上がると国道113号の道の駅「いいで」で昼食にする。飯豊牛の「牛丼セット」を食べ、ここで仙台に戻っていく「ホリゴメさん」と別れた。

 国道113号で新潟県境まで行き、そこで折り返して飯豊連峰へ。

 第3湯目は泡ノ湯温泉「三好荘」の湯。ここは日本でも屈指の炭酸泉。小さめな湯船に入る。にごり湯でかなり濃い味がする。浴室からは飯豊連峰から流れてくる渓流を眺める。

 第4湯目は飯豊温泉の国民宿舎「梅花皮荘」の湯。大浴場の湯は無色透明だが、湯船には温泉の成分が鉄粉のようになって溜まっている。

 国道113号に戻ると、今度は山形県から新潟県に入り、「荒川峡温泉郷」の温泉めぐりを開始する。

 第5湯目は鷹ノ巣温泉。荒川にかかるつり橋を渡って「鷹ノ巣館」へ。だがここは入浴のみは不可。その奥の「喜久屋」の露天風呂に入った。湯温の違う2つの湯船。

 第6湯目は雲母温泉「雲母本館」の湯。2階の内風呂に入った。無色透明の熱めの湯。浴室からは荒川の流れを見下ろせる。湯から上がろうとしたとき、「クレープ神田さん」が浴室に飛び込んできた。

「カソリさ〜ん、さんざん探しましたよ〜」

 クレープ神田さんはカソリを探し求めて広河原温泉まで行ったという。

 ここからは「クレープ神田さん」と一緒に温泉をめぐる。

 第7湯目は湯沢温泉。ここには今度は「ゆぷるさん」が車で駆けつけて来てくれた。3人で共同浴場の小さな湯船に入った。

 第8湯目は桂の関温泉「ゆ〜む」の湯。温泉に入る前に、近くのレストラン「山水庵」で夕食にする。「ハンバーグ定食」を食べながら、「クレープ神田さん」、「ゆぷるさん」とおおいに語り合い、もう大盛り上がりだ。夕食を終えて「ゆ〜む」に戻ると、そこには何と京都からやってきた「吉田さん」がいるではないか。これはもう大変なことになった。吉田さんは今朝、青森を発ち、大雨の国道7号を南下してきたという。4人で一緒に「ゆ〜む」の大浴場と露天風呂の湯に入った。テンションの上がった我ら4人組の「湯の中談義」は際限なくつづいた。

 21時を過ぎたところで今晩の宿、高瀬温泉の温泉旅館「ニュー萬力」へ。宿に到着したのは21時10分。「クレープ神田さん」、「ゆぷるさん」、「吉田さん」も一緒に泊まるという。さらに「スパット神田さん」が車を飛ばして新潟からやってきた。

 5人全員で「ニュー萬力」に泊まった。湯から上がると、5人での大宴会の開始。各自の部屋の冷蔵庫のビールをすべて宴会部屋に集める。それとスパット神田さん差し入れの「越後ビール」を飲む。つまみはスパット神田さん差し入れのB級グルメ「新潟イタリアン」。それとクレープ神田さん差し入れの「自衛隊の非常食」。すべてを飲みきり、すべてを食べきったところで大宴会はお開きになったが、日付けはとっくに8月5日に変わっていた。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 小野川温泉「亀屋万年閣」
朝食 小野川温泉「亀屋万年閣」 ご飯、味噌汁、焼魚、焼肉、納豆、半熟卵、豆腐、海苔、漬物
9時 小野川温泉「亀屋万年閣」を出発
出会い ホリゴメさん
大峠(峠返し)
玉庭温泉(廃業湯)
長井温泉(廃業湯)
2336湯目 添川温泉「しらさぎ荘」(400円)
2337湯目 がまの湯温泉「いいで旅館」(400円)
昼食 道の駅「いいで」 飯豊丼(1000円)
宇津峠(峠越え)
小国温泉「松風館」(時間外)
大滝温泉「滝の湯」(時間外)
赤芝峡
2338湯目 泡ノ湯温泉「三好荘」(500円)
2339湯目 飯豊温泉の国民宿舎「梅花皮荘」(400円)
新潟県に入る
2340湯目 鷹ノ巣温泉「喜久屋」(500円)
2341湯目 雲母温泉「雲母本館」(500円)
出会い クレープ神田さん
雲母温泉「共同浴場」(100円)
2342湯目 湯沢温泉「共同浴場」(150円)
2343湯目 桂の関温泉「ゆ〜む」(500円)
出会い ゆぷるさん、吉田さん、スパット神田さん
夕食 「レストラン山水庵」 ハンバーグ定食(1000円)
21時10分 高瀬温泉「ニュー萬力」(1泊朝食5400円)
2344湯目 高瀬温泉「ニュー萬力」
本日の走行距離数 207キロ
本日の温泉入浴数 9湯

小野川温泉「亀屋万年閣」の朝湯に入る「亀屋万年閣」の朝食国道121号の大峠

小野川温泉「亀屋万年閣」の朝湯に入る 「亀屋万年閣」の朝食 国道121号の大峠

添川温泉「しらさぎ荘」道の駅「いいで」の「飯豊丼」泡ノ湯温泉「三好荘」

添川温泉「しらさぎ荘」 道の駅「いいで」の「飯豊丼」 泡ノ湯温泉「三好荘」

飯豊温泉の国民宿舎「梅花皮荘」の湯鷹ノ巣温泉「喜久屋」の湯雲母温泉「清流荘」。ここは入浴のみは不可で入れず

飯豊温泉の国民宿舎「梅花皮荘」の湯 鷹ノ巣温泉「喜久屋」の湯 雲母温泉「清流荘」。ここは入浴のみは不可で入れず

雲母温泉「雲母本館」の湯「レストラン山水庵」の「ハンバーグ定食」

雲母温泉「雲母本館」の湯 「レストラン山水庵」の「ハンバーグ定食」  

Comments

Comments are closed.

  • イベント情報

    バイクフォーラム in ならは
    日時:2019年10月5日
    詳細は上のポスターをクリック!
    オオサンショウウオ
    ソロツーリングラリー
    日時:2019年10月27日
    前夜祭:26日(申込先着100名)
    詳細は上のバナーをクリック!
  • 新刊紹介


    アンダー400 No.77
    8月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    長野県・岡山地区 前編

  • ツイッター

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up