カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[217日目]

投稿日:2019年7月30日

荒井さんとの温泉めぐりがつづく

東部編 43日目(2007年8月1日)

 ひまわり温泉「ゆ・ら・ら」の朝湯に入り、ご飯、味噌汁、焼魚、かまぼこ、煮物、納豆、半熟卵、モヤシ、海苔、漬物の朝食を食べる。朝飯はいつものように3杯飯。まず1杯目はもろもろのおかずで食べ、2杯目は納豆で、3杯目は半熟卵で食べた。

 8時30分、ひまわり温泉「ゆ・ら・ら」を出発。前日にひきつづいての荒井さんとの温泉めぐりを開始。

 第1湯目は新寒河江温泉「市民浴場」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。茶色い熱めの湯につかる。

 第2湯目は高嶋温泉。寒河江郊外の一軒宿「高嶋屋」の湯に入った。ここも内風呂のみ。無色透明の湯につかったが、湯のやわらかさが際立っていた。

 第3湯目は寒河江温泉。寒河江の中心街にある「割烹旅館吉本」の湯に入った。「鮎まつり」の準備で忙しいのに、ていねいに応対してくれた。「男湯」は清掃中で湯を落としていたので、「女湯」に入るようにと案内してくれた。茶色っぽい「美肌の湯」にどっぷりつかる。荒井さんは「寒河江にはよく来るけど、こんな温泉があったなんて、知らなかったなぁ…」といっている。湯は源泉100%。ここの女将さんの話によると、源泉は寒河江駅のすぐ近くだという。

 第4湯目は天童最上川温泉「ゆぴあ」の湯。大浴場と大露天風呂。無味無臭の茶色っぽい湯につかりながら残雪の月山を見る。

 第5湯は天童温泉「ふれあい荘」の湯。ここは内風呂のみで、無色透明のかなり熱い湯につかる。それでも以前に比べたら入りやすい湯温。「健康に適した温度に設定しています」の貼り紙がしてあるので、湯温を下げたということなのだろう。こうして貼り紙をしているのは、熱い湯が好きで、熱い湯に慣れている地元のみなさんから不満が出ているのに違いない。

 天童からは国道48号で山形・宮城県境の関山峠へ。その途中でセローに乗った「おかさん」と出会う。一緒に関山峠を越えて宮城県に入る。ここからは荒井さん、おかさんとの温泉めぐり。

 第6湯目は作並温泉。「岩松旅館」は入浴料が1500円なのでパス。「かたくりの宿」は休業。ということで「都の湯」に入った。小さめな湯船の無色透明の湯につかる。湯から上がると昼食。「カツ丼」を食べた。

 作並温泉からは国道48号で仙台方向へ。

 第7湯目は鳴合温泉の一軒宿「河鹿荘」の湯。ここは内風呂のみで、個性的な形をした湯船。浴室からは広瀬川の流れを見下ろす。気持ちよく長湯できる温めの湯につかりながら、「荒井さん」、「おかさん」とおおいに話を弾ませる。心熱き山形県人たちよ!

 鳴合温泉で折り返し、関山峠を越えて山形県に戻る。

 第8湯目は荒谷温泉「総合運動公園」の湯。ここは山形総合運動公園内にある温泉施設で、「おかさん」に案内されなかったら、とてもではないがわからなかった。浴室入口の鍵を受付で借りて入る。それにしても入浴料の110円は安い。小さめな湯船の無色透明の湯につかりながら、ここでも我々は湯の中談義に花を咲かせた。

 第9湯目は大の目温泉「旅館安部」の湯。岩風呂の緑色がかった湯につかる。源泉100パーセントのあったまり湯。この日は猛烈に暑い日で、湯から上がるともうフラフラだ。「おかさん」とはここで別れた。

 第10湯目は中桜田温泉「ウェルサンピア山形」の湯。大浴場の無色透明の湯につかる。山形の市街地を遠望。ここは荒井さんにとってはなつかしの温泉。就職し、新人研修でやってきたところ。そのときは温泉に入る余裕もなく、ここに温泉があることすら知らなかったという。荒井さんはその何年か後に会社を辞めて、「日本一周」に旅立った。荒井さんとはここで別れた。

 第11湯目は国道13号沿いの日帰り湯、臥龍温泉「臥龍温泉保養センター」の湯。ここは内風呂のみで、濁り湯の熱めの湯につかった。つづいて八百坊温泉の湯に入るつもりだったが休業中で入れず、飯田温泉も休業中で入れなかった。

 20時15分、今晩の宿、山形温泉の「蔵王荘」に到着。第12湯目の宿湯に入り、湯から上がると、部屋でコンビニ弁当の「ビーフカレー」を食べるのだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 ひまわり温泉「ゆ・ら・ら」
朝食 ひまわり温泉「ゆ・ら・ら」 ご飯、味噌汁、焼魚、かまぼこ、納豆、半熟卵、煮物、モヤシ、海苔、漬物
8時30分 ひまわり温泉「ゆ・ら・ら」を出発
2300湯目 新寒河江温泉「市民浴場」(200円)
2301湯目 高嶋温泉「高嶋屋」(300円)
2302湯目 寒河江温泉「割烹旅館吉本」(500円)
2303湯目 天童最上川温泉「ゆぴあ」(300円)
2304湯目 天童温泉「ふれあい荘」(100円)
出会い おかさん
関山峠(峠越え)
宮城県に入る
2305湯目 作並温泉「都の湯」(700円)
昼食 作並温泉「都の湯」 カツ丼(700円)
広瀬川温泉(廃業湯)
2306湯目 鳴合温泉「河鹿荘」(500円)
関山峠(峠越え)
山形県に入る
2307湯目 荒谷温泉「総合運動公園」(110円)
漆山温泉(その他)
2308湯目 大の目温泉「旅館安部」(300円)
2309湯目 中桜田温泉「ウェルサンピア山形」(400円)
2310湯目 臥龍温泉「臥龍温泉保養センター」(350円)
八百坊温泉(休業中)
飯田温泉(休業中)
20時15分 山形温泉「蔵王荘」(1泊朝食5500円)
2311湯目 山形温泉「蔵王荘」
夕食 コンビニ弁当の「ビーフカレー」
本日の走行距離数 181キロ
本日の温泉入浴数 12湯

ひまわり温泉「ゆ・ら・ら」の朝湯に入る「ゆ・ら・ら」の朝食高嶋温泉「高嶋屋」の湯

ひまわり温泉「ゆ・ら・ら」の朝湯に入る 「ゆ・ら・ら」の朝食 高嶋温泉「高嶋屋」の湯

寒河江温泉「割烹旅館吉本」作並温泉「岩松旅館」。ここはパス「都の湯」の「カツ丼」

寒河江温泉「割烹旅館吉本」 作並温泉「岩松旅館」。ここはパス 「都の湯」の「カツ丼」

鳴合温泉「河鹿荘」「河鹿荘」の湯大の目温泉「旅館安部」

鳴合温泉「河鹿荘」 「河鹿荘」の湯 大の目温泉「旅館安部」

中桜田温泉「ウェルサンピア山形」夕食はコンビニ弁当の「ビーフカレー」

中桜田温泉「ウェルサンピア山形」 夕食はコンビニ弁当の「ビーフカレー」  

Comments

Comments are closed.

  • イベント情報

    オオサンショウウオ
    ソロツーリングラリー
    日時:2019年10月27日
    前夜祭:26日(申込先着100名)
    詳細は上のバナーをクリック!
  • Vストロームミーティング2019

    日時:2019年11月10日(日)
    会場:スズキ株式会社本社
       浜松市南区高塚町300
    参加費:無料
    詳しくは下記をクリック
    Vストロームミーティング 2019
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.78
    9月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    長野県・岡谷地区 後編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up