カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[214日目]

投稿日:2019年7月22日

渓流全体が大露天風呂

東部編 40日目(2007年7月29日)

 横手温泉「かんぽの宿 横手」には「ホリゴメさん」、「えむけーさん」と一緒に泊まったが、「ホリゴメさん」は朝、6時、仙台へと帰っていった。

「ホリゴメさん」を見送ったあと朝湯に入り、バイキングの朝食を食べ、9時30分に出発。「えむけーさん」はひきつづき同行してくれる。

 第1湯目は真人温泉「真人温泉旅館」の湯。ここは真人公園の入口にある温泉旅館。内風呂のほぼ無色透明の湯につかった。

 第2湯目はなるせ温泉「東仙歩」の湯。石を配した大浴場の大風呂と、大岩の下の2つの岩風呂。大風呂はジャスト適温で、岩風呂は熱めの湯。湯から上がると、えむけーさんとグレープフルーツ風ジュースで乾杯!

 第3湯目はジュネス温泉。スキー場「ジュネス栗駒」の「ホテルブラン」の湯に入る。大浴場の内風呂のみ。湯から上がると、前日にひきつづいて「ゆぷるさん」が来てくれた。ここからは3人での温泉めぐり。

 第4湯目は戸波温泉。一軒宿「戸波鉱泉」の湯に入る。ここは湯治風温泉宿。「ゆぷるさん」のおじいさん、おばあさんが湯治に来たところだという。子供時分の「ゆぷるさん」はそんなおじいさん、おばあさんについてここにやって来た。

 第5湯目は子安峡温泉。ここでは「ゆぷるさん」の案内で、共同浴場「山神の湯」に入った。料金箱に入浴料金の200円を入れる。木の湯屋、木の湯船。脱衣所は男女別だが、中で一緒になる混浴の湯。熱めの湯で湯量豊富。

 第6湯目は大湯温泉「阿部旅館」の湯。露天風呂の先には「川の湯っこ」。かなりの水量の渓流全体が大露天風呂になっている。川岸から98度という熱湯が噴出し、それが渓流に流れ込むので、渓流全体が適温の湯になっている。川底からもブクブク音をたてて熱湯が湧き出している。その上に尻がのると、熱いというよりも、チクチクした刺激を感じるほどだ。

 大湯温泉から国道398号で秋田・宮城県境の花山峠へ。そこで「えむけーさん」と別れた。残った「ゆぷるさん」とカソリは「峠返し」で来た道を引き返した。

 第7湯目は稲川温泉「緑風荘」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。無色透明の湯につかる。湯から上がるとかりんとうを食べた。

 国道398号で山谷峠を越え、第8湯目の湯の原温泉へ。そこでホンダMTX50に乗る「最上のTAKAさん」と出会った。3人で「湯の原温泉旅館」の湯に入る。ここは昔風銭湯の趣。男湯と女湯を仕切る壁の広告は時代がかったもの。無色透明の湯はPH7.9のアルカリ性の単純温泉。

 第9湯目は湯沢温泉「サンパレスみたけ」の湯。ところで「湯沢」だが、ここには越後湯沢のような温泉街はない。湯沢温泉といえば「サンパレスみたけ」だけ。何で「湯沢」なんだろうと不思議だったが、その疑問が解明された。「湯の原」と「松沢」、2つの地名が一緒になっての「湯沢」だった。

 今晩の宿は湯沢のだるま温泉「ゆざわ」。到着は19時30分。まずは3人で夕食を食べる。「最上のTAKAさん」は一緒に泊まるというので生ビールで乾杯。「ゆぷるさん」はオレンジジュースで付き合ってくれる。そのあと「刺身定食」を食べ、第10湯目の「宿湯」に入った。湯から上がると、部屋のテレビで参議院選挙の選挙速報を見ながらの2次会。今度は自販機のカンビールを飲む。地すべり的な「自民大敗」を見届けると「ゆぷるさん」は帰っていった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 横手温泉「かんぽの宿 横手」
朝食 横手温泉「かんぽの宿 横手」 ご飯、味噌汁、焼魚(サバ、ハタハタ)、玉子焼き、サラダ、糸コンニャク、かまぼこ、ソーセージ、納豆、豆腐、海苔、漬物
9時30分 横手温泉「かんぽの宿 横手」を出発
2262湯目 真人温泉「真人温泉旅館」(300円)
2263湯目 なるせ温泉「東仙歩」(400円)
2264湯目 ジュネス温泉「ホテルブラン」(300円)
出会い ゆぷるさん
2265湯目 戸波温泉「戸波鉱泉」(400円)
2266湯目 小安峡温泉「山神の湯」(200円)
昼食 子安峡温泉の食堂「たむら屋」 稲庭うどん(750円)
2267湯目 大湯温泉「阿部旅館」(400円)
栗駒神水
花山峠(峠返し)
2268湯目 稲川温泉「緑風荘」(300円)
山谷峠(峠越え)
2269湯目 湯の原温泉「湯の原温泉旅館」(320円)
出会い 最上のTAKAさん
2270湯目 ゆざわ温泉「サンパレスみたけ」(400円)
19時30分 だるま温泉「ゆざわ」(1泊朝食5400円)
2271湯目 だるま温泉「ゆざわ」
夕食 だるま温泉「ゆざわ」 刺身定食(1000円)
本日の走行距離数 160キロ
本日の温泉入浴数 10湯

横手温泉「かんぽの宿 横手」の朝湯に入る「かんぽの宿 横手」の朝食真人温泉「真人温泉旅館」

▲横手温泉「かんぽの宿 横手」の朝湯に入る ▲「かんぽの宿 横手」の朝食 ▲真人温泉「真人温泉旅館」

「真人温泉旅館」の湯なるせ温泉「東仙歩」の湯小安峡温泉「山神の湯」

▲「真人温泉旅館」の湯 ▲なるせ温泉「東仙歩」の湯 ▲小安峡温泉「山神の湯」

子安峡温泉の食堂「たむら屋」の「稲庭うどん」大湯温泉「阿部旅館」の湯大湯温泉の「川の湯っこ」

▲子安峡温泉の食堂「たむら屋」の「稲庭うどん」 ▲大湯温泉「阿部旅館」の湯 ▲大湯温泉の「川の湯っこ」

花山峠での「えむけーさん」との別れ湯の原温泉での「最上のTAKAさん」との出会いだるま温泉「ゆざわ」の「刺身定食」

▲花山峠での「えむけーさん」との別れ ▲湯の原温泉での「最上のTAKAさん」との出会い ▲だるま温泉「ゆざわ」の「刺身定食」

Comments

Comments are closed.

  • イベント情報

    オオサンショウウオ
    ソロツーリングラリー
    日時:2019年10月27日
    前夜祭:26日(申込先着100名)
    詳細は上のバナーをクリック!
  • Vストロームミーティング2019

    日時:2019年11月10日(日)
    会場:スズキ株式会社本社
       浜松市南区高塚町300
    参加費:無料
    詳しくは下記をクリック
    Vストロームミーティング 2019
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.78
    9月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    長野県・岡谷地区 後編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up