カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[213日目]

投稿日:2019年7月20日

渓流大露天風呂に「スゲー!」連発

東部編 39日目(2007年7月28日)

 横手駅前温泉「ホテルプラザアネックス横手」の朝湯に入る。展望風呂の湯につかりながら横手駅を見下ろした。湯から上がると、ご飯、味噌汁、塩ジャケ、玉子焼き、手作り豆腐、サラダ、煮物、納豆、明太子、海苔、生卵、漬物の朝食を食べ、9時に出発。

 横手駅前温泉には「えむけーさん」が来てくれた。ということで、カソリのスズキDR−Z400S、「クレープ神田さん」のホンダXR250、「えむけーさん」のカワサキKLEアネーロの3台のバイクを連ねて走り出す。

 国道107号の巣郷峠へ。そこで「峠返し」。

 第1湯目は相野々温泉「鶴ヶ池荘」の湯。大浴場と露天風呂。無色透明の湯。浴室からは目の前の鶴ヶ池を見る。水面はスイレンで覆いつくされ、白やピンクの花が咲いていた。

 第2湯目は南郷温泉「共林荘」の湯。ここには「本館元湯」と「新館大浴場」の2つの浴室があるが、そのうち「新館大浴場」の湯に入った。湯から上がると、「ホリゴメさん」がニコニコ顔で待ち構えていた。ホリゴメさんのバイクはヤマハDT125。ここからは4者4台のバイクを走らせての温泉めぐりになった。

 県道40号で峠を越え、国道397号へ。

 大森峠の「峠返し」で第3湯目の大森山麓温泉「ジュネス休養センター」の湯に入る。ここは大浴場の内風呂のみ。浴室からは大森峠周辺の豊かな自然を一望。東北の緑に目が染まる。

 なるせ温泉「なるせ温泉旅館」は休業中で、第4湯目は上畑温泉「ゆうらく」の湯。内風呂の木枠の湯船に入る。無色透明の湯。湯につかりながらクレープ神田さん、えむけーさん、ホリゴメさんと湯の中談義で盛り上がる。ここには露天風呂もあるが、湯は張られていなかった。

 第5湯目は金峰山温泉「ゆっぷる」の湯。旧平鹿町(現横手市)のこの一帯は秋田県でも一番のリンゴの産地。「ゆっぷる」は温泉とリンゴのアップルをからめたネーミング。ここでは「ゆぷるさん」、「のらさん」と再会。「ゆぷるさん」のブログ名はこの「ゆっぷる」にちなんだもので、実家はここから歩いていけるほどの近さだという。これで総勢6人。大浴場の無色透明の湯に6人で入る。もう壮観。浴室からの眺めはすばらしい。平鹿一帯の風景を一望。晴れていれば正面に鳥海山が見えるとのことだが、残念ながら雲の中。湯から上がると昼食の「豚汁定食」を食べた。

 第6湯目は川原毛温泉。川原毛地獄から流れ出る湯ノ川に入った。川原毛大湯滝はよく知られているが、我々は「のらさん」に案内されて、渓流大露天風呂に入った。そこは渓流全体が一大露天風呂になっている。自然そのまんまの湯につかりながら「スゲー!」を連発する。

 第7湯目は泥湯温泉。ここでは「奥山旅館」の湯に入った。大露天風呂。白濁湯で湯にはほとんど味がない。

 第8湯目は木地山温泉。木地山キャンプ場内の露天風呂に入った。

 第9湯目は「のらさん」と「ゆぷるさん」おすすめのやまの湯っこ温泉「やまの湯っこ」。山中にある一軒宿の温泉。木枠の2つの湯船。湯に入ったとたんに体全体に薄い膜が張るようなツルツル感がある。ここを最後に「クレープ神田さん」、「のらさん」、「ゆぷるさん」の3人は帰っていった。

 残ったカソリと「ホリゴメさん」、「えむけーさん」の3人は今晩、一緒に泊まろうということになり、宿を探した。19時の「宿探し」。その結果、横手温泉「かんぽの宿 横手」に泊まれることになった。おまけに夕食も用意してくれるという。
 ということで出発点の横手に戻ってきた。横手公園の近くにある「かんぽの宿 横手」に到着したのは20時。すぐさまレストランに行き、生ビールで乾杯!

「うまい!」

 生ビールでの乾杯が終わると、ご飯、味噌汁、前菜、刺身、天ぷら、玉子豆腐、煮物、揚物、漬物などの夕食を食べた。

 夕食を食べ終わったあとで第10湯目の「宿湯」に入る。大浴場と露天風呂。湯から上がると2次会だ。サッカーのアジアカップ3位決定戦、日本対韓国戦を見ながら3人でビールを飲む。試合は延長戦に突入。それでも決まらず、最後はPK戦。なんともほろ苦い結末で日本が敗れた。それをもって我々の2次会もお開きになった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 横手駅前温泉「ホテルプラザアネックス横手」
朝食 横手駅前温泉「ホテルプラザアネックス横手」 ご飯、味噌汁、塩ジャケ、玉子焼き、手作り豆腐、サラダ、煮物、納豆、明太子、海苔、生卵、漬物
9時 横手駅前温泉「ホテルプラザアネックス横手」を出発
出会い えむけーさん
湯の平温泉(廃業湯)
巣郷峠(峠返し)
2252湯目 相野々温泉「鶴ヶ池荘」(400円)
2253湯目 南郷温泉「共林荘」(400円)
出会い ホリゴメさん
三又温泉(休業中)
大森峠(峠返し)
2254湯目 大森山麓温泉「ジュネス休養センター」(400円)
なるせ温泉「なるせ温泉旅館」(休業中)
2255湯目 上畑温泉「ゆうらく」(250円)
2256湯目 金峰山温泉「ゆっぷる」(400円)
出会い ゆぷるさん、のらさん
昼食 金峰山温泉「ゆっぷる」 豚汁定食(735円)
2257湯目 川原毛温泉「渓流大露天風呂」(無料)
2258湯目 泥湯温泉「奥山旅館」(500円)
2259湯目 木地山温泉「木地山キャンプ場」(360円)
2260湯目 やまの湯っこ温泉「やまの湯っこ」(300円)
20時 横手温泉「かんぽの宿横手」(1泊2食12470円)
2261湯目 横手温泉「かんぽの宿横手」(1泊2食12470円)
夕食 横手温泉「かんぽの宿横手」 ご飯、味噌汁、前菜、刺身、天ぷら、玉子豆腐、煮物、揚物、漬物
本日の走行距離数 240キロ
本日の温泉入浴数 10湯

横手駅前温泉「ホテルプラザアネックス横手」から横手駅を見下ろす「ホテルプラザアネックス横手」の朝湯に入る「ホテルプラザアネックス横手」の朝食

横手駅前温泉「ホテルプラザアネックス横手」から横手駅を見下ろす 「ホテルプラザアネックス横手」の朝湯に入る 「ホテルプラザアネックス横手」の朝食

クレープ神田(右)さんとえむけーさん国道107号の巣郷峠で折り返し相野々温泉の鶴ヶ池

クレープ神田(右)さんとえむけーさん 国道107号の巣郷峠で折り返し 相野々温泉の鶴ヶ池

南郷温泉「共林荘」の湯国道397号の大森峠。ホリゴメさんが新たに加わった金峰山温泉「ゆっぷる」の「豚汁定食」

南郷温泉「共林荘」の湯 国道397号の大森峠。ホリゴメさんが新たに加わった 金峰山温泉「ゆっぷる」の「豚汁定食」

これが川原毛温泉の渓流大露天風呂!木地山温泉「木地山キャンプ場」の露天風呂横手温泉「かんぽの宿横手」の夕食

これが川原毛温泉の渓流大露天風呂! 木地山温泉「木地山キャンプ場」の露天風呂 横手温泉「かんぽの宿横手」の夕食

Comments

Comments are closed.

  • イベント情報

    オオサンショウウオ
    ソロツーリングラリー
    日時:2019年10月27日
    前夜祭:26日(申込先着100名)
    詳細は上のバナーをクリック!
  • Vストロームミーティング2019

    日時:2019年11月10日(日)
    会場:スズキ株式会社本社
       浜松市南区高塚町300
    参加費:無料
    詳しくは下記をクリック
    Vストロームミーティング 2019
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.78
    9月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    長野県・岡谷地区 後編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up