カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[205日目]

投稿日:2019年6月18日

秋田県に入る

東部編 31日目(2007年7月20日)

 嶽温泉「嶽ホテル」の朝湯に入る。内風呂、露天風呂ともにきれいな白濁湯。湯には酸味がある。色の具合は時間によって違うという。刻一刻と湯の色が変わるというのだ。ここは江戸時代から知られた湯治場。白濁湯につかっていると、「さすが!」と思わせるものがある。

 湯から上がるとまずはリンゴジュースを飲み、ご飯、味噌汁、玉子焼き、筋子、フキ、サラダ、湯豆腐、海苔、漬物、リンゴジュースの朝食を食べ、9時に出発。ザーザー降りの雨が降っている。DR−Z400Sに、
「さー、行くぞ!」
 と、いつものように一声かけて走り出す。

 第1湯目は岩木山麓の湯段温泉。「ゆだんの宿」の湯に入る。方形の小さめな木の湯船。濁り湯で、湯には甘味がある。それもかなりの甘味だ。飲泉可。浴室からは庭園を眺める。

 岩木山の山麓から日本海の鯵ヶ沢へ。

 第2湯目は鯵ヶ沢温泉「山海荘」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。無色透明無味無臭の湯。かなり塩分の濃い湯につかる。

 日本海の沿岸を走る国道101号から、清流の赤石川に沿って山中に入っていく。種里城址を通るが、ここは津軽氏発祥の地だ。

 第3湯目は、白神山地から流れ出る赤石川に面した熊の湯温泉「熊の湯温泉」の湯。にごり湯で、熱めの湯と温めの湯の2つの湯船がある。とくに温めの湯は気持ちよく、湯につかりながらウトウトした。

 国道101号に戻ると、日本海に沿って南下する。

 第4湯目は深浦温泉「ゆとり」の湯。大浴場の湯につかったあと、湯から上がると食堂で「カレーライス」を食べた。

 第5湯目は黄金崎不老ふ死温泉「黄金崎不老ふ死温泉」の湯。ザーザー降りの雨は一段と激しくなっているので、海岸の露天風呂ではなく、旅館内の大浴場の湯に入った。濁り湯。塩分の濃い湯。浴室のガラスは曇りガラスなので、残念ながら日本海は見えない。

 第6湯目はみちのく温泉「みちのく温泉」の湯。黄土色の湯で、温泉の成分の濃い味がする。露天風呂の湯につかり、日本海を眺めた。

 第7湯目は鍋石温泉「ウェスパ椿山」の湯。展望風呂に入る。日本海を一望。無色透明の湯で塩分が濃い。含鉄ナトリウム塩化物強塩泉で、加水、加温、循環、入浴剤、消毒剤、一切ナシの湯だ。

 第8湯目は白神温泉「静観荘」の湯。浴室の前がJR五能線の線路。大浴場の濁り湯にどっぷりつかる。温めの湯で長湯できる。湯につかっていると、五能線の1両編成の列車が通り過ぎていった。

 国道101号をさらに南下し、青森・秋田県境の須郷岬に到達。白神山地、ここに尽きるといった地点で、岬からは海上に散らばる岩礁を眺めた。

 青森県から秋田県に入った。

 雨は相変わらず降りつづいている。

 第9湯目は八森いさりび温泉「湯っこランド」の湯。海岸の日帰り湯で、大浴場の内風呂のみ。無色透明の湯で、浴室からは目の前の日本海を一望する。湯につかりながら地元のお年寄りのみなさんの会話を聞いていると、大分、理解できるようになった。津軽ではほとんど理解できなかったので、県境を越えて秋田県に入ったことを実感するのだった。

 第10湯目は秋田白神温泉「秋田白神温泉」の湯。浴室の脱衣所の窓から見える白神山地の山並みが印象的。無色透明のやわらかな肌ざわりの湯につかる。湯から上がると、国道101号沿いの「ローソン」でコンビニ弁当を食べた。やっと雨が上がった。

 第11湯目は能代温泉「アリナス」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。無色透明無味無臭の湯。ここもやわらかな湯だ。

 能代から国道7号で大館へ。

 20時30分、大館近郊の一軒宿、長瀞温泉「長瀞温泉」に到着。ここが今晩の宿。第12湯目の「宿湯」から上がると、熊本のA子さんと携帯で話した。

「カソリさん、携帯、持ってるんだ〜!」
「持たされてる携帯…」
「この前、熊本に来てたでしょ。追いかけようとしたんだけど、諦めたわ」
「お会したかったですよぉ…、とっても!」
「また今度、一緒に温泉に入ろうね!」
 ということで、何とはなしに人恋しくなる長瀞温泉の夜だった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 嶽温泉「嶽ホテル」
朝食 ご飯、味噌汁、玉子焼き、筋子、フキ、サラダ、湯豆腐、海苔、漬物、リンゴジュース
9時 嶽温泉「嶽ホテル」を出発
2155湯目 湯段温泉「ゆだんの宿」(300円)
舞戸温泉(廃業湯)
2156湯目 鯵ヶ沢温泉「山海荘」(500円)
2157湯目 熊の湯温泉「熊の湯温泉」(350円)
2158湯目 深浦温泉「ゆとり」(350円)
昼食 深浦温泉「ゆとり」 カレーライス(520円)
2159湯目 黄金崎不老ふ死温泉「黄金崎不老ふ死温泉」(600円)
2160湯目 みちのく温泉「みちのく温泉」(450円)
2161湯目 鍋石温泉「ウェスパ椿山」(500円)
2162湯目 白神温泉「静観荘」(300円)
須郷岬
秋田県に入る
2163湯目 八森いさりび温泉「湯っこランド」(300円)
2164湯目 秋田白神温泉「秋田白神温泉」(500円)
夕食 秋田白神温泉近くの「ローソン」コンビニ弁当
2165湯目 能代温泉「アリナス」(300円)
20時30分 長瀞温泉「長瀞温泉」(1泊朝食5830円)
2166湯目 長瀞温泉「長瀞温泉」
本日の走行距離数 228キロ
本日の温泉入浴数 12湯

嶽温泉「嶽ホテル」の朝湯に入る「嶽ホテル」の朝食湯段温泉「ゆだんの宿」

嶽温泉「嶽ホテル」の朝湯に入る 「嶽ホテル」の朝食 湯段温泉「ゆだんの宿」

鯵ヶ沢温泉「山海荘」の湯津軽の水田地帯熊の湯温泉「熊の湯温泉」

鯵ヶ沢温泉「山海荘」の湯 津軽の水田地帯 熊の湯温泉「熊の湯温泉」

「熊の湯温泉」の湯深浦温泉「ゆとり」の大浴場「ゆとり」の「カレーライス」

「熊の湯温泉」の湯 深浦温泉「ゆとり」の大浴場 「ゆとり」の「カレーライス」

みちのく温泉「みちのく温泉」鍋石温泉「ウェスパ椿山」の展望風呂白神温泉「静観荘」の湯

みちのく温泉「みちのく温泉」 鍋石温泉「ウェスパ椿山」の展望風呂 白神温泉「静観荘」の湯

須郷岬からの眺め八森いさりび温泉「湯っこランド」夕食のコンビニ弁当

須郷岬からの眺め 八森いさりび温泉「湯っこランド」 夕食のコンビニ弁当

Comments

Comments are closed.

  • Vストロームミーティング2019(延期)

    日時:台風の影響により延期
    会場:スズキ株式会社本社
       浜松市南区高塚町300
    参加費:無料
    詳しくは下記をクリック
    Vストロームミーティング 2019
  • イベント情報

    バイクフォーラム in ならは
    日時:2019年10月5日
    詳細は上のポスターをクリック!
    オオサンショウウオ
    ソロツーリングラリー
    日時:2019年10月27日
    前夜祭:26日(申込先着100名)
    詳細は上のバナーをクリック!
  • 新刊紹介


    アンダー400 No.78
    9月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    長野県・岡谷地区 後編

  • ツイッター

    スマホ故障でツイートができない状態です。

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up