カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[204日目]

投稿日:2019年6月12日

津軽弁は難解だ

東部編 30日目(2007年7月19日)

 三本柳温泉「三本柳温泉」の朝湯に入り、ご飯、味噌汁、タラコ、ワラビ、ナガイモ、ミズ、イカ、菊の花、昆布、漬物の朝食を食べ、9時に出発する。

 岩木山麓の快走路「アップルライン」を走り、旧相馬村の村役場へ。その隣が第1湯目の御所温泉。大浴場には2つの湯船。にごり湯で黄緑色っぽい色をしている。地元のみなさんで混みあっていた。湯船のすみでみなさんの会話を聞いたが、ほとんど理解できなかった。津軽弁は難解だ。

 第2湯目はロマントピア温泉「星と森のロマントピア」の湯。大浴場と露天風呂はともに無色透明の湯。大浴場の方は無味無臭だが、露天風呂の方は有味無臭の湯だ。

 第3湯目は田代温泉「白神の湯」。大浴場の大風呂は熱めの湯。広々とした湯船にゆったりつかる。木の湯船の寝湯もあるが、ほんとうに寝てしまいそうになる。湯から上がると大広間で昼食にする。三本柳温泉の女将さんがつくってくれた「おにぎり」を食べる。「アクエリアス」付きだ。女将さん、ありがとう!

 第4湯目は村市温泉「村いちの湯」。大浴場には2つの湯船。「少し熱め」の湯(45度)と「普通の熱さ」の湯(41度)。ともに無色透明無臭で若干の塩味がする。

 第5湯目は大白温泉「大白温泉」の湯。大浴場は若干の色つき湯。露天風呂の湯は茶色で温め。

 第6湯目は桜温泉「ニュー桜旅館」の湯。大浴場と露天風呂はともに濁り湯。大浴場には熱めと温めの2つの湯船がある。露天風呂は大樽風呂だ。

 第7湯目は五代温泉。ここは温泉銭湯。大浴場の内風呂のみで、熱めの湯と温めの湯に仕切られている。湯は緑がかった色をしている。

 第8湯目は新岡温泉。ここも温泉銭湯で、黒湯系のツルツル湯。浴室からは真正面に岩木山が見える。圧倒されそうになるほどの大きな山容だ。

 第9湯目の東岩木山温泉は、ここだけがポーンと離れたところにある。大浴場は木の湯船。茶色い湯。岩木山周辺の温泉は温泉ごとに湯の色が変わり、泉質が変わっていくのがおもしろい。

 第10湯目は岩木山神社門前の百沢温泉。何軒かの温泉宿があるが、「百沢温泉」の湯に入った。木の湯船。にごり湯で草色っぽい湯の色をしている。ここを最後に今晩の宿、嶽温泉「嶽ホテル」へ。到着は18時30分。まだ十分に明るい。この日は廃業湯や休業中の温泉が多く、何湯にも入れなかったので、宿への早い到着になった。

 第11湯目の「宿湯」に入る。趣のある内風呂と露天風呂。白濁色の湯にはかなりの酸味がある。湯から上がると、部屋の冷蔵庫の冷えたビールを一気に飲み干した。

「ウメーーー!」

 テーブルの上に置かれた手書き風の案内がいい。

「よぐきたねし。よっこ(用事)があったら6番に電話っこしてけへ。部屋っこからの注文は、ばんげ(夜)の9時までにしてけへ。湯っこさ入る時、湯花っこで床が滑るはんで気つけで入ってけ。あさま(朝)は9時まで入れるはんでの。ぬぐだまってけへ!」

 ビールを飲み終えたところで、夕餉の膳が部屋に運ばれてきた。久ぶりの「宿食」だ。やっぱりこうでなくっては!

 刺身の盛り合わせ、イワナの塩焼き、天ぷら、茶碗蒸し、土瓶蒸し、ワラビ、ミズ、ネマガリの山菜、茸、ホヤ…といった山海の味覚を堪能。ご飯は山菜と茸の炊き込みだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 三本柳温泉「三本柳温泉」
朝食 三本柳温泉「三本柳温泉」 ご飯、味噌汁、タラコ、ワラビ、ナガイモ、ミズ、イカ、菊の花、昆布、漬物
9時 三本柳温泉「三本柳温泉」を出発
2144湯目 御所温泉「御所温泉」(300円)
2145湯目 ロマントピア温泉「星と森のロマントピア」(500円)
国吉温泉(廃業湯)
2146湯目 田代温泉「白神の湯」(300円)
昼食 田代温泉「白神の湯」 おにぎり(三本柳温泉の女将さんがつくってくれた)
2147湯目 村市温泉「村いちの湯」(300円)
美山湖温泉(廃業湯)
暗門温泉(休業中)
2148湯目 大白温泉「大白温泉」(300円)
2149湯目 桜温泉「ニュー桜旅館」(350円)
2150湯目 五代温泉「五代温泉」(300円)
2151湯目 新岡温泉「新岡温泉」(200円)
2152湯目 東岩木山温泉「北小苑」(350円)
2153湯目 百沢温泉「百沢温泉」(300円)
18時30分 嶽温泉「嶽ホテル」(1泊2食11250円)
2154湯目 嶽温泉「嶽ホテル」
夕食 山菜と茸の炊き込みご飯、味噌汁、刺身の盛り合わせ、イワナの塩焼き、天ぷら、茶碗蒸し、土瓶蒸し、ワラビ、ミズ、ネマガリの山菜、茸、ホヤ、漬物
本日の走行距離数 150キロ
本日の温泉入浴数 11湯

三本柳温泉「三本柳温泉」の朝湯に入る「三本柳温泉」の朝食「三本柳温泉」を出発

三本柳温泉「三本柳温泉」の朝湯に入る 「三本柳温泉」の朝食 「三本柳温泉」を出発

御所温泉「御所温泉」田代温泉「白神の湯」三本柳温泉の女将さんがつくってくれたおにぎり

御所温泉「御所温泉」 田代温泉「白神の湯」 三本柳温泉の女将さんがつくってくれたおにぎり

村市温泉「村いちの湯」大白温泉「大白温泉」桜温泉「ニュー桜旅館」の大浴場

村市温泉「村いちの湯」 大白温泉「大白温泉」 桜温泉「ニュー桜旅館」の大浴場

「ニュー桜旅館」の露天風呂新岡温泉「新岡温泉」百沢温泉「百沢温泉」

「ニュー桜旅館」の露天風呂 新岡温泉「新岡温泉」 百沢温泉「百沢温泉」

嶽温泉「嶽ホテル」の夕食

嶽温泉「嶽ホテル」の夕食    

Comments

Comments are closed.

  • ひめさゆりバイクミーティング

    日時:2019年6月16日
       10:00〜14:00
       イベント参加費:500円
       前夜祭 15日18:30〜
       ※前夜祭は会費5,000円
        (要事前申込)

    会場:会津高原南郷スキー場
       福島県南会津町界

    今年も賀曽利隆参加予定。詳しくは公式フェイスブックをご覧ください。
  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.76
    6月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    矢祭・八溝山地区編

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • サポーターサイト

  • 関連サイト

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up