カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[180日目]

投稿日:2019年3月31日

甲子トンネルが開通するらしい

東部編 6日目(2007年6月25日)

 東舘温泉「ユーパル矢祭」の朝湯に入り、ご飯、味噌汁、焼き魚、納豆、温泉卵、海苔、キャラブキの朝食を食べ、9時に出発。

 矢祭から国道118号で棚倉へ。棚倉からは国道289号を行く。白河を通り、奥羽山脈の山中に入り、第1湯目の新甲子温泉へ。雨が降り出し、あっというまに激しくなる。新甲子温泉では日帰り湯「ちゃぽランド」の湯に入った。大浴場の内風呂のみ。浴室からは奥羽山脈南端の山々が見渡せた。湯から上がるとここで昼食。「みそラーメン」を食べた。

 新甲子温泉から第2湯目の甲子温泉へ。国道289号は甲子温泉で行き止まり。その先は工事中。甲子峠を貫く全長4345メートルの甲子トンネルは2008年中には開通するらしい。これは楽しみ。甲子峠を越えて奥会津に抜けられるようになると、東北ツーリングのルートの選択がぐっと増えるというものだ。

 国道289号の行止り地点で旧道に入り、甲子温泉の一軒宿、「大黒屋旅館」に行く。

 ここは人気の温泉宿で、日帰り入浴の観光バスがやってくるほど。館内から阿武隈川の源流にかかる橋を渡り、対岸の湯屋へ。混浴の「大岩風呂」に入る。いつもはもっと混み合っているのだが、月曜日の昼下がりということもあるのだろうか、入浴客はほんの数人。隣に「婦人風呂」があるので、女性の姿はなかった。

 甲子温泉から白河に戻ると、国道4号を北へ。

 まずは矢吹周辺の温泉をめぐる。

 第3湯目は矢吹温泉「あゆり温泉」の湯。大浴場と露天風呂。ともに混みあっていた。無色透明のツルツル湯に人をかき分けるようにしてつかった。

 第4湯目は泉崎さつき温泉「泉崎カントリーヴィレッジ」の湯。大浴場と露天風呂。源泉かけ流しの湯で、泉温度は43・5度。若干、色つきの湯で単純泉。

 第5湯目は狐内温泉「きつねうち温泉」の湯。ここは東風の台公園にある温泉施設で、大浴場の内風呂のみ。家族連れなどでけっこう混みあっていた。

 次に石川周辺の温泉をめぐる。

 第6湯目は猫啼温泉「井筒屋旅館」の湯。大浴場と露天風呂。ここは和泉式部の愛猫伝説の地。

 第7湯目は片倉温泉「薬王館」の湯。内風呂と露天風呂に入る。ここは昭和初期の片倉製糸の別邸だった。これで上諏訪温泉の「片倉館」とつながった。

 第8湯目は母畑温泉。「ホテル下の湯」に隣接する「温泉健康センター」の湯に入った。放射能泉で、シルクタッチのやわらかな湯。湯の感触がすごくいい。温めの湯なので長湯できる。

 これらの3湯に入ると、石川から矢吹に戻った。

 今晩の宿は矢吹町の隣、鏡石町にある新菊島温泉の一軒宿「新菊島温泉ホテル」。国道4号からわずかに入ったところにある。

 21時10分の到着。夕食のコンビニ弁当を食べると、第9湯目の「宿湯」に入った。大浴場は混浴。湯船はあっと驚くような広さ。それよりももっと驚くのは膨大な湯量だ。太いパイプからゴーッと大きな音をたてて湯が流れ込み、大量の湯が湯船から溢れ出ている。そんな大浴場の湯に自分一人でつかった。

「おー、もったいない…」
 と思わず声が出るほど。

 長湯を決め込んで温めのつるつる湯にどっぷりとつかるのだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 東舘温泉「ユーパル矢祭」
朝食 東舘温泉「ユーパル矢祭」 ご飯、味噌汁、焼き魚、納豆、温泉卵、海苔、キャラブキ
9時 東舘温泉「ユーパル矢祭」を出発
谷川温泉「谷川の湯」(休業中)
向山温泉(入浴のみ不可)
棚倉温泉「ルネッサンス棚倉」(1000円超)
1810湯目 新甲子温泉「ちゃぽランド」(600円)
昼食 新甲子温泉「ちゃっぽランド」みそラーメン(600円)
1811湯目 甲子温泉「大黒屋旅館」(630円)
金勝寺温泉「旅館金勝寺」(入浴のみ不可)
1812湯目 矢吹温泉「あゆり温泉」(300円)
中島温泉「ふれあいの郷」(本日休館日)
1813湯目 泉崎さつき温泉「泉崎カントリーヴィレッジ」(500円)
1814湯目 狐内温泉「きつねうち温泉」(350円)
成亀温泉(廃業湯)
1815湯目 猫啼温泉「井筒屋旅館」(650円)
1816湯目 片倉温泉「薬王館」(800円)
1817湯目 母畑温泉「下の湯」(500円)
禿山温泉「立正館」(入れず)
21時10分 新菊島温泉「新菊島温泉ホテル」(1泊朝食5000円)
1818湯目 新菊島温泉「新菊島温泉ホテル」
夕食 コンビニ弁当
本日の走行距離数 226キロ
本日の温泉入浴数 9湯

東舘温泉「ユーパル矢祭」の朝湯に入る「ユーパル矢祭」の朝食「ユーパル矢祭」を出発

東舘温泉「ユーパル矢祭」の朝湯に入る 「ユーパル矢祭」の朝食 「ユーパル矢祭」を出発

阿武隈山中を行く谷川温泉「谷川の湯」は休業中新甲子温泉「みやま荘」には入れず

阿武隈山中を行く 谷川温泉「谷川の湯」は休業中 新甲子温泉「みやま荘」には入れず

新甲子温泉「ちゃっぽランド」「ちゃっぽランド」の「みそラーメン」国道289号を行く

新甲子温泉「ちゃっぽランド」 「ちゃっぽランド」の「みそラーメン」 国道289号を行く

甲子温泉を流れる阿武隈川源流甲子温泉「大黒屋」の「大岩風呂」金勝寺温泉「旅館金勝寺」には入れず

甲子温泉を流れる阿武隈川源流 甲子温泉「大黒屋」の「大岩風呂」 金勝寺温泉「旅館金勝寺」には入れず

泉崎さつき温泉「泉崎カントリーヴィレッジ」狐内温泉「きつねうち温泉」猫啼温泉「井筒屋旅館」

泉崎さつき温泉「泉崎カントリーヴィレッジ」 狐内温泉「きつねうち温泉」 猫啼温泉「井筒屋旅館」

「井筒屋旅館」の湯「井筒屋旅館」の湯に入る片倉温泉「薬王館」

「井筒屋旅館」の湯 「井筒屋旅館」の湯に入る 片倉温泉「薬王館」

「薬王館」の湯母畑温泉「下の湯」の「温泉健康センター」「下の湯」の「温泉健康センター」の湯

「薬王館」の湯 母畑温泉「下の湯」の「温泉健康センター」 「下の湯」の「温泉健康センター」の湯

夕食のコンビニ弁当

夕食のコンビニ弁当    

Comments

Comments are closed.

  • 70代編日本一周

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.79
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    群馬県・榛名山周辺編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up