カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[177日目]

投稿日:2019年3月12日

食べるといいことがある

東部編 3日目(2007年6月22日)

 今日は夏至。4時前から外は明るい。旭九十九里温泉「かんぽの宿 旭九十九里温泉」の部屋の窓からは、夜明けの太平洋を見下ろした。左手には断崖となって海に落ちる刑部岬が見える。

 朝湯に入る。10階の展望風呂。今度は湯につかりながら太平洋を見下ろした。若干の色つき湯。塩分が濃い。湯から上がると、バイキングの朝食を食べる。朝粥を食べられるのがうれしい。飯岡産のシラスがうまい。

 9時、旭九十九里温泉「かんぽの宿 旭九十九里温泉」を出発。刑部岬、犬吠埼と岬をめぐり、銚子から利根川を渡って茨城県に入った。そのころから雨が降り出し、次第に激しくなっていく。本格的な梅雨に突入といった空模様。DR−Z400Sには「雨にも負けずに行こう!」と声をかけ、水しぶきを巻き上げながら走った。

 鹿島から国道51号を北へ。11時15分、大洗に到着。ここから茨城県の温泉めぐりが始まった。

 第1湯目は大洗温泉の日帰り湯「潮騒の湯」。内風呂と露天風呂。湯から上がると、仮眠室で30分寝た。この眠りで、梅雨に打ちのめされた体が蘇った。気分よく目覚めたところで昼食にする。大洗海岸を目の前にする大広間で「日替わり定食」を食べた。さすが大洗、刺身、焼き魚、魚汁と魚三昧の定食。味、量ともに申し分ない。「温泉」、「30分寝」、「魚三昧」の3本立で元気を取り戻し、ふたたびザーザー降りの雨の中を走り出す。立ち向かっていく気持ちが蘇ると、同じ雨でもずいぶんと楽になるものだ。

 第2湯目は阿字ヶ浦温泉「のぞみ」の湯。大浴場と露天風呂。ここは1500mの大深度温泉。塩分の濃い湯。露天風呂にはいくつかの湯船がある。太平洋を眺める眺望風呂のほかに木の湯船や五右衛門風呂、洞窟風呂がある。

 第3湯目は虚空蔵温泉「遊悠館」の湯。大浴場と露天風呂。ともに黒湯、それもかなり黒い黒湯だ。無味無臭の湯。ここにはレストラン「悠々亭」がある。

 第4湯目は鵜ノ岬温泉「鵜来来の湯」。時間は16時30分だったが、入浴料金は800円から夜間割引の500円になっていた。大浴場と露天風呂。無色透明無味無臭の湯。露天風呂からは鵜ノ岬の海岸を見下ろす。

 鵜ノ岬からの風景を眺めたところで国道6号を北へ。

 第5湯目は中郷温泉「通りゃんせ」の湯。感謝デーの割引料金で、さらに夜間割引で入れた。大浴場と露天風呂。無色透明の湯にどっぷりつかる。

 第6湯目は国道6号沿いの石尊温泉「石尊鉱泉」の湯。知る人ぞ知るといった感じの湯に入った。

 第7湯目は国道6号を右折する五浦温泉。ここでは日帰り湯の「天心乃湯」に入った。大浴場と露天風呂。ともに塩分を含んだ湯。湯から上がると大広間に直行。「間に合った!」。20時が食堂のオーダーストップで、それに間に合ったのだ。「海老天丼定食」を食べた。食べるといいことがある。これは旅の鉄則だ。

 夕食を食べ終わり、人心地がついたところで宿探しをする。すると苦労しないで宿をゲット!

 福島との県境に近い湯ノ網温泉の温泉旅館「松屋」に向かう。到着は21時。玄関には2つのツバメの巣。飛び立つ直前といった大きくなったヒナの姿が見えた。こうして第8湯目の「宿湯」に入った。湯船はポリ風呂だが、浴室は古風な造り。ここは「鹿の湯」で知られているが、壁には鹿の絵が描かれている。湯につかりながら「さー、明日も梅雨に負けずにがんばっていこう!」と自分で自分を励ますのだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 旭九十九里温泉「かんぽの宿 旭九十九里温泉」
朝食 旭九十九里温泉「かんぽの宿 旭九十九里温泉」のバイキング 朝粥、サラダ、うどん、飯岡産のシラス
9時 旭九十九里温泉「かんぽの宿 旭九十九里温泉」を出発
茨城県に入る
たいよう温泉「とっぷ・さてん大洋」(1000円超)
鉾田温泉「ほっとパーク鉾田」(入れず)
1777湯目 大洗温泉「潮騒の湯」(1000円)
昼食 大洗温泉「潮騒の湯」の「焼き魚定食」(1050円)
1778湯目 阿字ヶ浦温泉「のぞみ」(900円)
1779湯目 虚空蔵温泉「遊悠館」(600円)
1780湯目 鵜ノ岬温泉「鵜来来の湯」(500円・割引)
鵜ノ岬
常磐うぐいす谷温泉(時間外)
磯原温泉(入浴のみ不可)
高萩温泉「菊の湯」(廃業湯)
1781湯目 中郷温泉「通りゃんせ」(500円・割引)
1782湯目 石尊温泉「石尊鉱泉」(400円)
1783湯目 五浦温泉「天心乃湯」(500円・割引)
夕食 五浦温泉「天心乃湯」の「海老天丼定食」(980円)
友の湯温泉(休業中)
平潟港温泉(入れず)
関山温泉(廃業湯)
21時00分 湯の網温泉「松屋」(1泊5925円)
1784湯目 湯の網温泉「松屋」
本日の走行距離数 203キロ
本日の温泉入浴数 8湯

九十九里浜の夜明け「かんぽの宿 旭九十九里温泉」から見る旭市「かんぽの宿 旭九十九里温泉」の朝食

九十九里浜の夜明け 「かんぽの宿 旭九十九里温泉」から見る旭市 「かんぽの宿 旭九十九里温泉」の朝食

「かんぽの宿 旭九十九里温泉」を出発大洗温泉「潮騒の湯」「潮騒の湯」の「焼き魚定食」

「かんぽの宿 旭九十九里温泉」を出発 大洗温泉「潮騒の湯」 「潮騒の湯」の「焼き魚定食」

阿字ヶ浦温泉「のぞみ」虚空蔵温泉「遊悠館」鵜ノ岬温泉「鵜来来の湯」

阿字ヶ浦温泉「のぞみ」 虚空蔵温泉「遊悠館」 鵜ノ岬温泉「鵜来来の湯」

鵜ノ岬の展望台から伊師浜海岸を見下ろす常磐うぐいす谷温泉には入れず中郷温泉「通りゃんせ」

鵜ノ岬の展望台から伊師浜海岸を見下ろす 常磐うぐいす谷温泉には入れず 中郷温泉「通りゃんせ」

石尊温泉「石尊鉱泉」の湯五浦温泉「天心乃湯」「天心乃湯」の「海老天丼定食」

石尊温泉「石尊鉱泉」の湯 五浦温泉「天心乃湯」 「天心乃湯」の「海老天丼定食」

今晩の宿、湯の網温泉「松屋」に到着湯の網温泉「松屋」の湯

今晩の宿、湯の網温泉「松屋」に到着 湯の網温泉「松屋」の湯  

Comments

Comments are closed.

  • キャンプミーティング in ならは

    日時:2019年6月1日〜2日
    詳しくは上のポスターをクリックしてください。
  • ひめさゆりバイクミーティング

    日時:2019年6月16日
       10:00〜14:00
       イベント参加費:500円
       前夜祭 15日18:30〜
       ※前夜祭は会費5,000円
        (要事前申込)

    会場:会津高原南郷スキー場
       福島県南会津町界

    今年も賀曽利隆参加予定。詳しくは公式フェイスブックをご覧ください。
  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.75
    4月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    伊豆半島編


    タンデムスタイル No.204
    3月23日発売

    NIPPON 旅 BIKE
    富士山、大いなる旅編

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • サポーターサイト

  • 関連サイト

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up