カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[172日目]

投稿日:2019年2月24日

さらば九州よ!

九州編 43日目(2007年6月1日)

「寝太郎家」のご実家で朝湯に入らせてもらい、ご飯、味噌汁、半熟卵、シラスおろし、納豆、佃煮、海苔の朝食をいただく。そして7時40分、みなさに見送られて出発。門司駅前から国道3号を行く。

「九州一周編」のゴール、門司港駅前でバンディットを止めるとしばし感慨にひたった。「さー、九州一周だ〜!」とやる気満々で門司港駅前に立ったあの日がなつかしい。旅の終わりは辛いもので、胸をえぐられるような寂しさを感じてしまう。そんな寂しさを振り払うかのように、「行くぞ!」とバンディットにひと声かけ、関門トンネルに入っていく。国道3号は国道2号に変わる。関門海峡の下をくぐり抜けながら、「さらば九州よ!」と叫んでやった。

 下関からは中国道を行く。「門司→東京」の「九州復路編」の開始。だが、走りだして早々、王司PAで小休止。どうにもこうにも体に力がはいらないのだ。

「まいったなあ…」

 この瞬間、「門司→東京」はできるだけ早く切り上げ、東京・日本橋にゴールしようと決めた。

 高速道を使っての温泉めぐりを開始する。

 まずは山口県編。中国道の美祢ICで降り、国道316号を北上する。

 第1湯目は於福温泉「おふく温泉」の湯。大浴場と露天風呂。湯は無色透明無味無臭。大浴場には各種湯船がある。源泉風呂もあるが冷っと冷たい水風呂だ。源泉の泉温は25・4度。

 於福温泉の湯から上がると美祢ICに戻って中国道に入り、次に小郡ICで降りる。

 第2湯目は湯ノ口温泉「天宿」の湯。大浴場と露天風呂。露天風呂には風情がある。樽風呂もある。高台上の温泉なので、ここからは湯ノ口の集落を見下ろす。

 小郡ICに戻ると、次の山口JCTで山陽道に入り、熊毛ICで降りる。

 第3湯目は呼鶴温泉「呼鶴温泉」の湯。ここは内風呂のみでラジウム泉。ほぼ無色透明の湯で、病気療養で来ている人が多い。湯から上がると昼食。「おむすび定食」を食べた。おにぎり2個に肉ジャガと竹の子、きんぴらごぼうがついている。

 熊毛ICに戻ると、山陽道で広島県に入る。つづいては「広島編」だ。

 第4湯目の五日市温泉の「ゆらゆら」。山陽道の五日市ICで降りて県道290号を南下したところにある。大浴場と露天風呂。露天風呂には樽風呂がある。

 第5湯目はホットカモ温泉「ホットカモ温泉」。山陽道の西条ICで降り、国道375号を南下したところにある。大浴場と露天風呂。大浴場には各種湯船。

 第6湯目は養老温泉「養老温泉」。山陽道の尾道ICで降り、国道184号を南下したところにある。ここは内風呂のみ。無色透明無味無臭の湯。尾道の奥座敷といった風情の温泉だ。

 第7湯目は神辺温泉「ぐらんの湯」。山陽道の福山東ICで降り、国道182号を北上したところにある。ここではうれしい出会い。その10数年前に新見の近くで出会った桒田隆尋さんに再会したのだ。桒田さんいは3人の子供がいるとのことで、そのうちの2番目の息子さんを連れていた。「ぐらんの湯」には大浴場と露天風呂。露天風呂は岩風呂だ。湯から上がると夕食。「稲庭風かやくうどん」を食べた。

「広島編」の4湯に入り、山陽道で岡山県に入っていく。

 第8湯目は桃太郎温泉「桃太郎温泉」。山陽道の山陽ICで降り、県道27号を西に行ったところにある。ここが今晩の宿。21時45分の到着だった。宿湯から上がるとカンビールを1本飲んだが、疲れきっていてバタンキュー状態で眠りこけた。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 寝太郎さんのご実家
朝食 寝太郎さんのご実家 ご飯、味噌汁、半熟卵、シラスおろし、納豆、佃煮、海苔
7時40分 寝太郎さんのご実家を出発
8時00分 門司港駅
山口県に入る
1736湯目 於福温泉「おふく温泉」(450円)
1737湯目 湯ノ口温泉「天宿」(800円)
1738湯目 呼鶴温泉「呼鶴温泉」(500円)
昼食 呼鶴温泉「呼鶴温泉」の「おむすび定食」(720円)
広島県に入る
1739湯目 五日市温泉「ゆらゆら」(600円)
1740湯目 ホットカモ温泉「ホットカモ温泉」(700円)
1741湯目 養老温泉「養老温泉」(500円)
1742湯目 神辺温泉「ぐらんの湯」(700円)
夕食 神辺温泉「ぐらんの湯」の「稲庭風かやくうどん」(550円)
出会い 桒田さん(父子)
岡山県に入る
21時45分 桃太郎温泉「桃太郎温泉」(1泊朝食6510円)
1743湯目 桃太郎温泉「桃太郎温泉」
本日の走行距離数 525キロ
本日の温泉入浴数 8湯

寝太郎さんのご実家で朝食をいただく門司港駅前に到着於福温泉「おふく温泉」

寝太郎さんのご実家で朝食をいただく 門司港駅前に到着 於福温泉「おふく温泉」

湯ノ口温泉「天宿」「天宿」の露天風呂に入る呼鶴温泉「呼鶴温泉」の「おむすび定食」

湯ノ口温泉「天宿」 「天宿」の露天風呂に入る 呼鶴温泉「呼鶴温泉」の「おむすび定食」

五日市温泉「ゆらゆら」ホットカモ温泉「ホットカモ温泉」養老温泉「養老温泉」

五日市温泉「ゆらゆら」 ホットカモ温泉「ホットカモ温泉」 養老温泉「養老温泉」

桒田さん親子との出会い神辺温泉「ぐらんの湯」「ぐらんの湯」の「稲庭風かやくうどん」

桒田さん親子との出会い 神辺温泉「ぐらんの湯」 「ぐらんの湯」の「稲庭風かやくうどん」

Comments

Comments are closed.

  • イベント情報

    Webike CAFE Meeting
    日時:2019年8月17日
    賀曽利隆のトークショー開催
    オリジナルタオル
    プレゼント(数量限定)
    詳細は上のバナーをクリック!
    バイクフォーラム in ならは
    日時:2019年10月5日
    詳細は上のポスターをクリック!
    オオサンショウウオ
    ソロツーリングラリー
    日時:2019年10月27日
    前夜祭:26日(申込先着100名)
    詳細は上のバナーをクリック!
  • ツイッター

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • 新刊紹介


    アンダー400 No.76
    6月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    矢祭・八溝山地区編

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up