カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[167日目]

投稿日:2019年1月30日

朝青龍対白鵬戦を見る

九州編 38日目(2007年5月27日)

 日田温泉「山水館」の部屋からは日田川が真下に見下ろせる。大山川と玖珠川が合流して幅広くなった日田川が福岡県に流れ出ると筑後川と名前を変える。信州の千曲川が新潟県に入ると信濃川になるようなものだ。

 日田温泉「山水館」の朝湯に入る。4階の展望風呂。浴室からは日田の町並みを眺めた。ご飯、味噌汁、トロロ、ヒジキ、サラダ、ベーコンの陶板焼きの朝食を食べ、9時に出発。

 国道210号を行く。

 第1湯目は天ヶ瀬温泉「水光園」の「かじかの湯」。河原の大露天風呂。温めの湯、熱めの湯の2つの湯船につかりながら玖珠川の流れを見た。この河原には全部で7湯の共同湯の露天風呂もある。

 第2湯目は梅の香温泉「なごりの湯」。大浴場と露天風呂。露天風呂からは緑の濃い山を目の前に見る。

 第3湯目は琴ひら温泉「かやうさぎ」の湯。ここは純和風の温泉宿。木の湯船の内風呂に入る。趣のある湯船。湯口は味わい深い造り。浴室からは渓流を見下ろす。

 第4湯目は恵みの湯温泉「恵の湯」。岩風呂にどっぷりつかる。やわらかな湯の感触。窓を開けると、目の前を流れる玖珠川を見る。湯から上がると、ここで昼食。「南天うどん」を食べる。さつま揚げやカマボコ、シイタケ、山菜などの入った具だくさんのうどんだ。

 第5湯目は将善の里温泉「将善の湯」。ここは別荘地内の温泉。茶色がかった湯の色の大岩風呂につかった。

 第6湯目は国道210号沿いの湯ノ釣温泉。温泉旅館「渓仙閣」の露天風呂に入る。玖珠川の流れを間近に見ながら湯につかる。

 第7湯目は杉河内温泉「大門観光ホテル」の湯。ここは国道210号沿いであるのと同時にJR杉河内駅の「駅前温泉」。露天風呂から眺める玖珠川の渓谷美は目に残る。

 第8湯目は三日月の滝温泉「三日月の滝温泉」。すぐ近くには三日月の滝がある。キャンプ場もある。内風呂と露天風呂。露天風呂は内風呂とは別な場所にある。

 第9湯目は野田温泉。「家族風呂」専門の貸切湯。入浴料1000円の「夢の湯」が空いていたので入った。受付でもらう専用のコインを入れると、ドバーッと湯が盛大に湯船に流れ込む。

 第10湯目は九日市温泉の日帰り湯「万年の湯」。入浴料は100円。2つの岩風呂。ひとつは熱めの湯、もうひとつは若干、温めの湯。飲湯可。1000円風呂のすぐ近くの100円風呂はすごくよかった。

 第11湯目は山田温泉。広めの内風呂。ここの湯は加水なし、加温なし、消毒なし、循環なし、入浴剤なし。温泉はこうでなくては。

 第12湯目はくす温泉「伐株の湯」「伐株」というのはこの地の名山、伐株山からとっている。大露天風呂の湯から上がると、大広間のテレビで大相撲の千秋楽を見る。朝青龍対白鵬戦。白鵬が勝って全勝優勝すると、受付のおばちゃんは手をたたいて喜び、「これからは白鵬の時代よ!」といっている。

 第13湯目は龍門温泉。名瀑の龍門の滝を見たあと「滝乃湯」に行ったが、ここはすでに営業を終えていた。「花乃湯」も同様。終わるのが早い…。ということで温泉旅館「山渓館」の内風呂と露天風呂に入った。

 第14湯目は椿温泉。住宅街の中にある温泉。こじんまりとした内風呂。湯につかりながら九重の山々を眺める。

 第15湯目はみしま温泉。大浴場と露天風呂。若干の色つき湯。この一帯はいたるところに温泉があって、掘れば湯が出るといったところなのだ。

 20時40分、今晩の宿、玖珠の楠温泉「豊後乃里」に到着。20時台の宿への到着だなんて久しぶり。その安堵感もあって、はたまた湯疲れなのか、ドドドドドッと疲れが噴き出し、部屋に入るなり、バタンキューで深い眠りに落ちていった。部屋の電気もつけっぱなし。目をさましたのは1時間半後。蚊にやられ、あまりのかゆさに目をさましたのだ。血をたっぷりと吸った憎き蚊どもを次々にたたきつぶし、それから第16湯目の「宿湯」に入る。露天風呂の湯につかり、暗い玖珠川の流れを目の前に見る。その向こうを2両編成の列車が1本の光の帯となって通り過ぎていった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 日田温泉「山水館」
朝食 日田温泉「山水館」 ご飯、味噌汁、トロロ、ヒジキ、サラダ、ベーコンの陶板焼き
9時 出発
1663湯目 天ヶ瀬温泉「かじかの湯」(500円)
1664湯目 梅の香温泉「なごりの湯」(600円)
1665湯目 琴ひら温泉「かやうさぎ」(700円)
1666湯目 恵の湯温泉「恵の湯」(400円)
昼食 恵の湯温泉「恵の湯」の「南天うどん」
1667湯目 将善の里温泉「将善の湯」(500円)
1668湯目 湯ノ釣温泉「渓仙閣」(500円)
1669湯目 杉河内温泉「大門観光ホテル」(500円)
1670湯目 三日月の滝温泉「三日月の滝温泉」(300円)
三日月の滝
1671湯目 野田温泉「夢の湯」(1000円)
1672湯目 九日市温泉「万年の湯」(100円)
1673湯目 山田温泉「山田温泉」(300円)
1674湯目 くす温泉「伐株の湯」(300円)
1675湯目 龍門温泉「山渓館」(1000円)
龍門の滝
1676湯目 椿温泉「椿温泉」(200円)
1677湯目 みしま温泉「みしま温泉」(250円)
夕食 国道210号沿いのラーメン店「特製博多ラーメン」(650円)
20時40分 楠温泉「豊後乃里」(1泊朝食6140円)
1678湯目 楠温泉「豊後乃里」
本日の走行距離数 135キロ
本日の温泉入浴数 16湯

日田温泉「山水館」の部屋から見る日田川「山水館」の朝湯に入る「山水館」の朝食

日田温泉「山水館」の部屋から見る日田川 「山水館」の朝湯に入る 「山水館」の朝食

「山水館」を出発天ヶ瀬温泉天ヶ瀬温泉「かじかの湯」

「山水館」を出発 天ヶ瀬温泉 天ヶ瀬温泉「かじかの湯」

梅の香温泉「なごりの湯」琴ひら温泉「かやうさぎ」「かやうさぎ」の湯

梅の香温泉「なごりの湯」 琴ひら温泉「かやうさぎ」 「かやうさぎ」の湯

恵の湯温泉「恵の湯」「恵の湯」の「南天うどん」将善の里温泉「将善の湯」

恵の湯温泉「恵の湯」 「恵の湯」の「南天うどん」 将善の里温泉「将善の湯」

湯ノ釣温泉「渓仙閣」の露天風呂「渓仙閣」の露天風呂に入る杉河内温泉「大門観光ホテル」

湯ノ釣温泉「渓仙閣」の露天風呂 「渓仙閣」の露天風呂に入る 杉河内温泉「大門観光ホテル」

「大門観光ホテル」の露天風呂「大門観光ホテル」の露天風呂から見る玖珠川の流れ三日月の滝

「大門観光ホテル」の露天風呂 「大門観光ホテル」の露天風呂から見る玖珠川の流れ 三日月の滝

三日月の滝温泉「三日月の滝温泉」「三日月の滝温泉」の湯野田温泉「夢の湯」

三日月の滝温泉「三日月の滝温泉」 「三日月の滝温泉」の湯 野田温泉「夢の湯」

九日市温泉「万年の湯」山田温泉「山田温泉」「山田温泉」の湯

九日市温泉「万年の湯」 山田温泉「山田温泉」 「山田温泉」の湯

くす温泉「伐株の湯」の露天風呂龍門滝龍門温泉「山渓館」

くす温泉「伐株の湯」の露天風呂 龍門滝 龍門温泉「山渓館」

椿温泉「椿温泉」「椿温泉」の露天風呂みしま温泉「みしま温泉」

椿温泉「椿温泉」 「椿温泉」の露天風呂 みしま温泉「みしま温泉」

夕食の「特製博多ラーメン」

夕食の「特製博多ラーメン」    

Comments

Comments are closed.

  • イベント情報

    バイクフォーラム in ならは
    日時:2019年10月5日
    詳細は上のポスターをクリック!
    オオサンショウウオ
    ソロツーリングラリー
    日時:2019年10月27日
    前夜祭:26日(申込先着100名)
    詳細は上のバナーをクリック!
  • 新刊紹介


    アンダー400 No.77
    8月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    長野県・岡山地区 前編

  • ツイッター

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up