カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[166日目]

投稿日:2019年1月26日

バックミラーを装着

九州編 37日目(2007年5月26日)

 佐土原温泉の国民宿舎「石崎浜荘」の朝湯に入る。大浴場の大風呂は熱めの湯。若干の色つき、味つきの湯だ。温めの湯の小さ目な湯船もある。ガラス張りの浴室からは、松林越しに朝日の昇った海を見る。窓の外をツバメたちが元気に飛び回っている。

 湯から上がるとご飯、味噌汁、焼き魚、明太子、玉子焼き、生卵、コブ、貝、海苔の朝食を食べ、9時、佐土原温泉の国民宿舎「石崎浜荘」を出発した。

 佐土原からは国道10号を北へ。

 第1湯目は日向サンパーク温泉「お舟出の湯」。大浴場と露天風呂。ともに無色透明無味無臭の湯。大浴場の大風呂は総木造り。浴室のガラス越しに日向灘を見る。露天風呂は石造りの湯船だ。

 第2湯目はかどかわ温泉「こころの杜」の湯。大浴場と露天風呂はほぼ無色透明の湯で塩分を含んでいる。広々とした露天風呂には気持ちよく入れた。

 延岡からはさらに国道10号を北上し、宮崎県から大分県に入った。

 第3湯目は直川温泉「鉱泉センター直川」の湯。ここは大浴場の内風呂のみ。湯が豪快に湯船に流れ込んでいる。無色透明の湯だ。湯から上がると昼食にする。サイコロステーキと刺し身コンニャク、ポテトサラダ、野菜天ぷら、それとご飯、味噌汁の「鉱泉定食」を食べた。

 大分に到着したのは16時。スズキのバイクショップ「SBS大分」でバンディットのバックミラーを取り付けてもらい、大分周辺の温泉をめぐる。

 第4湯目は、いやしの湯温泉「いやしの湯」。源泉掛け流しの湯。ここからは鶴見岳がよく見える。

 第5湯目は、かいがけ温泉「きのこの里」の「温泉館」の湯に入る。内風呂と露天風呂。無色透明の湯。ここにはキャンプ場もある。

 第6湯目は、はさま温泉「竹泉」の湯。ここは秘湯の露天風呂といった感じ。源泉掛け流しの湯だ。

 第7湯目は極楽温泉「極楽温泉」の湯。大浴場の内風呂のみで、子供連れで混み合っていた。

 大分からは夜の温泉めぐりを開始する。

 国道210号を行く。

 第8湯目は庄内温泉「ことぶき湯」。家族風呂中心だが、男湯と女湯の大衆浴場もある。焼肉店のやっている温泉。内風呂のみでかなり色の濃い黒湯。湯につかっていると、突然踏み切りの警報音が鳴り響いてびっくりしたが、目の前をJR九大線の列車が通り過ぎていった。

 第9湯目は湯平温泉。温泉街の石畳の急坂をバンディットで登り、共同浴場「中の湯温泉」に入った。建てかえられた新しい建物。湯屋も湯船もふんだんに木を使ったもので、木の香がぷんぷんと漂っている。

 つづいて湯布院温泉へ。共同浴場の「乙丸温泉」に到着したのは21時20分。ここの入浴時間は22時までなので、問題なく入れると思った。ところが一歩、館内に入ると、受付のオバチャンは手でバッテンをつくって「ダメダメ」のジェスチャー。「10時までには必ず出ますから」と哀願したが、オバチャンのバッテンは変わらない。無言で「ダメダメダメよ」といっている。まるで「シーシー」と野良猫を追い払うかのような仕草だ。断るにしても断り方っていうものがあるだろうに…。

「乙丸温泉」に入れないとわかると、21時30分の「宿探し」。電光石火の早業で日田温泉の「山水館」に電話する。泊まったことのある温泉宿というのは電話しやすいものだ。一発で宿をゲット。すぐさま湯布院ICで大分道に入り、夜の高速を突っ走る。日田の町は祭りが終わったばかりで、町全体がごったがえしていた。街角のあちらこちらに警察官が出て交通整理をしていた。かたずけはじめた屋台の並ぶ中を走り抜けていく。

 今晩の宿、日田温泉の「山水館」に到着したのは22時25分。第10湯目の「宿湯」に入る。地下1階の「大水車風呂」。大きな水車が音をたててまわっている。そんな湯につかりながらいやなことも忘れ、ほっとした気分にひたる。湯から上がると、夕食のコンビニ弁当を食べるのだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 佐土原温泉の国民宿舎「石崎浜荘」
朝食 佐土原温泉の国民宿舎「石崎浜荘」 ご飯、味噌汁、焼き魚、明太子、玉子焼き、生卵、コブ、貝、海苔
9時 佐土原温泉の国民宿舎「石崎浜荘」を出発
1653湯目 日向サンパーク温泉「お舟出の湯」(500円)
1654湯目 かどかわ温泉「こころの杜」(500円)
大分県に入る
1655湯目 直川温泉「鉱泉センター直川」(500円)
昼食 直川温泉「鉱泉センター直川」の「鉱泉定食」(1200円)
「やよいの湯」(天然温泉ではない)
1656湯目 いやしの湯温泉「いやしの湯」(500円)
由布川温泉(ここは貸切湯のみ。入浴料が1000円超なのでパス)
1657湯目 かいがけ温泉「きのこの里」(300円)
1658湯目 はさま温泉「竹泉」(500円)
1659湯目 極楽温泉「極楽温泉」(300円)
1660湯目 庄内温泉「ことぶきの湯」(300円)
下湯平温泉(休業中)
1661湯目 湯平温泉「中の湯温泉」(200円)
川西温泉(発見できず)
中川温泉(発見 できず)
由布院温泉「乙丸温泉」(時間切れ)
22時25分 日田温泉「山水館」(1泊朝食10650円)
1662湯目 日田温泉「山水館」
夕食 コンビニ弁当
本日の走行距離数 352キロ
本日の温泉入浴数 10湯

佐土原温泉の国民宿舎「石崎浜荘」から見る朝日「石崎浜荘」の朝湯に入る「石崎浜荘」の朝食

佐土原温泉の国民宿舎「石崎浜荘」から見る朝日 「石崎浜荘」の朝湯に入る 「石崎浜荘」の朝食

「石崎浜荘」を出発美々津の立磐神社を参拝かどかわ温泉「こころの杜」

「石崎浜荘」を出発 美々津の立磐神社を参拝 かどかわ温泉「こころの杜」

国道10号の宮崎・大分県境直川温泉「鉱泉センター直川」「鉱泉センター直川」の「鉱泉定食」

国道10号の宮崎・大分県境 直川温泉「鉱泉センター直川」 「鉱泉センター直川」の「鉱泉定食」

「SBS大分」でバンディットのバックミラーを取り付けてもらった!いやしの湯温泉「いやしの湯」「いやしの湯」

「SBS大分」でバンディットのバックミラーを取り付けてもらった! いやしの湯温泉「いやしの湯」 「いやしの湯」

夕暮れの豊後の山並みかいがけ温泉「きのこの里」はさま温泉「竹泉」

夕暮れの豊後の山並み かいがけ温泉「きのこの里」 はさま温泉「竹泉」

「竹泉」の露天風呂極楽温泉「極楽温泉」庄内温泉「ことぶきの湯」

「竹泉」の露天風呂 極楽温泉「極楽温泉」 庄内温泉「ことぶきの湯」

湯平温泉の共同浴場「中の湯温泉」日田温泉「山水館」

湯平温泉の共同浴場「中の湯温泉」 日田温泉「山水館」  

Comments

Comments are closed.

  • 70代編日本一周

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.79
    11月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    群馬県・榛名山周辺編

  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    https://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
  • サポーターサイト

  • 関連サイト

Scroll Up