カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[143日目]

投稿日:2018年9月16日

ロッカーキーを紛失したが

九州編 14日目(2007年5月3日)

 平戸温泉「平戸海上ホテル観月館」の朝湯に入る。海辺の露天風呂からは、朝日にきらめく平戸の海を間近に眺めた。湯から上がると朝食。ご飯、味噌汁、サラダ、アゴ(トビウオ)の干物、かまぼこ、湯豆腐、ハムエッグ、ほうれん草のおひたし、納豆、海苔といった朝食をしっかりと食べた。

 9時、平戸温泉「平戸海上ホテル観月館」を出発。

 平戸温泉では「八田さん」とのうれしい出会い。但馬海岸、宝塚温泉に次いで3度目の出会いになる。八田さんは神戸からホンダのビッグバイク、バラデロを走らせ、高速の一気走りでやってきた。

「今日は一日、カソリさんについてまわっていいですか」

「どうぞ、どうぞ」

 ということで、八田さんと一緒に温泉をめぐる。

 平戸大橋を渡り、国道204号を南下。

 第1湯目は鹿町温泉。日帰り湯「やすらぎ館」に到着するやいなや、車から降りてきた人に声をかけられた。

「カソリさんですよね」

 バンディットに乗るぼくの姿を見て、すぐにわかったという。

 地元で「チャンポン」の店、「八兵衛」をやっている大石正彦さん。うれしいことに大石さんは『日本一周バイク旅4万キロ』(昭文社)の上下巻を読んでくれている。

 鹿町温泉「やすらぎ館」の湯はつるつる湯で気持ちいい。湯上りには八田さんの差し入れの「リポビタンD」で乾杯!

 第2湯目は世知原温泉「くにみの湯」。大浴場と露天風呂。露天風呂は「絶景湯」。湯につかりながら、ゆるやかな山並みを一望する。まさに「国見の湯」だ。

 国道204号で佐世保へ。

 佐世保周辺の温泉をめぐる。

 第3湯目は九十九島花みずき温泉「サスパ」の湯。大浴場の源泉の赤茶けた湯はドロッとしている。濁り湯の冷泉。一番大きな湯船はほぼ無色透明の湯。海水を沸かした潮湯の湯船もある。

 第4湯目はひゃく年の湯温泉「エコスパ佐世保」の湯。源泉掛け流しのツルツル湯。

 第5湯目はウェルサンピア佐世保温泉「スパ早岐瀬戸」の湯。ここも大浴場と露天風呂ともにツルツル湯だ。寝湯が気持ちいい。湯から上がると大広間で昼食。「中華丼」を頼んだ。350円だったのでミニ丼ぐらいを想像していたら、なんとこれがボリューム満点で具だくさん。味も悪くない。八田さんも同じものを頼んだので2人して大満足。

 さて出発。

 ところがロッカーキーを返そうとしたが見当たらない。ロッカーキーを失くすのは毎度のことで、浴室に忘れてきたり、ロッカーに刺しっぱなしだったり。ところが今回はどこを探しても見当たらないのだ。で、キーの紛失代として3000円を払うことになった。

 第6湯目はばってんの湯温泉「ばってんの湯」。国道205号沿いの「ホテルローレライ」内にある。大浴場と露天風呂。ここでは露天風呂よりも、大浴場の方からの眺めが良い。目の前にはJRのハウステンボス駅。川をはさんだ対岸には「ハウステンボス」。ここは「ハウステンボス」を一望できる湯だ。

 ばってんの湯温泉「ばってんの湯」から上がると携帯が鳴った。「スパ早岐瀬戸」からの電話だった。「鍵がみつかりましたよ」とのこと。八田さんにも付き合ってもらい、すぐに戻る。キーを拾った人がロッカーに差し込んでおいてくれたという。

 そのおかげで3000円が戻ってきたが、戻った3000円以上に、「スパ早岐瀬戸」のみなさんのあたたかな対応ぶりに心を打たれた。

 第7湯目は波佐見温泉「泉荘」の湯。小さな湯船。若干の白濁の湯。ここでは毎日入りにくるという常連さんと一緒になった。

 第8湯目は川棚大崎温泉「しおさいの湯」。大浴場と露天風呂。連休ということもあって混み合っていた。湯につかりながら海越しの山並みを見る。

 第9湯目は嬉野温泉の「元湯温泉」。大浴場の内風呂のみ。熱めの湯と温めの湯。ここは「日本三大美肌の湯」で知られている。飲泉可なのがうれしい。

 第10湯目は大村温泉「大村ゆの華」。八田さんには「1日10湯達成、おめでとう!」の祝福の声をかけた。大浴場と露天風呂。何種もの湯船がある。濃い塩分の湯もある。湯から上がると夕食にする。「ゆの華うどん」を食べた。肉入りのうどん。エビフライや玉子焼きも入っている。

 大村温泉「大村ゆの華」を出ると長崎道の大村ICへ。八田さんは北へ、このあと山口県の秋吉台をまわりたいという。ぼくは南へ、諫早へと向かう。今晩の宿、諫早のビジネスホテル「諫早第一ホテル」に到着したのは23時10分。連休の最中で温泉宿はどこもとれなかった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 平戸温泉「平戸海上ホテル観月館」
朝食 平戸温泉「平戸海上ホテル観月館」 ご飯、味噌汁、サラダ、アゴ(トビウオ)の干物、かまぼこ、湯豆腐、ハムエッグ、ほうれん草のおひたし、納豆、海苔
9時 平戸温泉「平戸海上ホテル観月館」を出発
出会い 八田さん
1342湯目 鹿町温泉「やすらぎ館」(600円)
1343湯目 世知原温泉「山暖簾」(500円)
1344湯目 九十九島花みずき温泉「サスパ」(800円)
1345湯目 ひゃく年の湯温泉「エコスパ佐世保」(600円)
1346湯目 ウェルサンピア佐世保温泉「スパ早岐瀬戸」(600円)
昼食 ウェルサンピア佐世保温泉「スパ早岐瀬戸」 中華丼(350円)
1347湯目 ばってんの湯温泉「ばってんの湯」(600円)
1348湯目 波佐見温泉「泉荘」(500円)
1349湯目 川棚大崎温泉「しおさいの湯」(500円)
佐賀県に入る
1350湯目 嬉野温泉「元湯温泉」(500円・休日料金)
長崎県に入る
1351湯目 大村温泉「大村ゆの華」(650円)
夕食 大村温泉「大村ゆの華」 ゆの華うどん(600円)
23時10分 諫早 「諫早第一ホテル」(1泊朝食4200円)
本日の走行距離数 215キロ
本日の温泉入浴数 10湯

夜明けの平戸の海平戸の海に朝日が昇る平戸温泉「平戸海上ホテル観月館」の朝湯に入る

夜明けの平戸の海 平戸の海に朝日が昇る 平戸温泉「平戸海上ホテル観月館」の朝湯に入る

「平戸海上ホテル観月館」の朝食平戸での八田さんとの出会い鹿町温泉「やすらぎ館」

「平戸海上ホテル観月館」の朝食 平戸での八田さんとの出会い 鹿町温泉「やすらぎ館」

八田さんの差し入れの「リポビタンD」で乾杯!世知原温泉「山暖簾」九十九島花みずき温泉「サスパ」

八田さんの差し入れの「リポビタンD」で乾杯! 世知原温泉「山暖簾」 九十九島花みずき温泉「サスパ」

ひゃく年の湯温泉「エコスパ佐世保」ウェルサンピア佐世保温泉「スパ早岐瀬戸」「スパ早岐瀬戸」 中華丼

ひゃく年の湯温泉「エコスパ佐世保」 ウェルサンピア佐世保温泉「スパ早岐瀬戸」 「スパ早岐瀬戸」 中華丼

ばってんの湯温泉「ばってんの湯」波佐見温泉「泉荘」の湯川棚大崎温泉「しおさいの湯」

ばってんの湯温泉「ばってんの湯」 波佐見温泉「泉荘」の湯 川棚大崎温泉「しおさいの湯」

夕暮れの有明海嬉野温泉「元湯温泉」大村温泉「大村ゆの華」の「ゆの華うどん」

夕暮れの有明海 嬉野温泉「元湯温泉」 大村温泉「大村ゆの華」の「ゆの華うどん」

Comments

Comments are closed.

Scroll Up