カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[142日目]

投稿日:2018年9月12日

「よかと〜!」の声に福岡を実感

九州編 13日目(2007年5月2日)

 伊万里温泉「ウエルサンピア伊万里」の朝湯に入る。大浴場の湯ににどっぷりつかる。湯船に流れ込む湯の音と、打たせ湯の流れ落ちる音が合わさり、渓流のせせらぎのような音が浴室内に響き渡る。まるで渓谷にいるかのようだ。

 朝湯から上がると朝食。朝粥、味噌汁、セットされている箱膳(煮物、煮豆、サラダ、豆腐、オムレツ)、焼き魚、煮物、フライドポテト、ソーセージといった朝食を食べ、8時30分に伊万里温泉「ウエルサンピア伊万里」を出発する。

 伊万里を拠点にしての温泉めぐりを開始する。

 佐里温泉、おうち温泉、厳木温泉、まむし温泉、野田温泉、玄海海上温泉、寺浦温泉、高串温泉、いろは島温泉、福島温泉と、全部で10湯に入った。

 第1湯目は佐里温泉「登栄荘」の湯。ここは田園の一軒宿。内風呂は石造りの湯船。庭園露天風呂は木の湯船。ともに気持ちよく入れる湯だ。

 第2湯目はおうち温泉「天徳の湯」。明るい広々とした大浴場。小さ目な露天風呂。源泉の湯温度は41・2度。無色透明の湯はやわらかな感触。つづいて行った妙法寺温泉「飛龍の湯」は定休日で入れなかったが、ここはハードルが高い。というのは火、木、土、日、祝日が定休日なので、入れるのは月曜日と水曜日、金曜日の3日ということになる。今日は水曜日なので入れる日なのだが、連休ということで休みなのだろう。

 第3湯目は厳木温泉「佐用姫の湯」。ここは内風呂のみ。

 厳木温泉「佐用姫の湯」をあとにすると県道276号→県道306号→県道327号で山中を走り抜け、国道323号からさらに県道143号で県境の白木峠を越える。佐賀・福岡県境の峠で、福岡県に入った。

 第4湯目はまむし温泉「まむしの湯」。「よかと〜!」の女性の声に福岡を実感。大浴場と露天風呂。露天風呂には岩風呂のほかに壺湯や樽湯、打たせ湯がある。まむし温泉「まむしの湯」を出ると、海沿いの国道202号で佐賀県に戻った。

 第5湯目は野田温泉「やすらぎ荘」の湯。ミカンの花の匂いがあたり一面に漂っている。藤棚の藤が満開だ。ここには大浴場と露天風呂。ふんだんに木を使った湯屋には木の匂い。湯から上がると昼食。ゼンマイの煮物、セリの胡麻和えのついた「ちらしずし」を食べた。

 第6湯目は玄海海上温泉「パレア」の湯。大浴場と露天風呂。露天風呂からは仮屋湾を望む。きらきらときらめく仮屋湾。海岸では海草取りの人たちの姿が見られる。

 第7湯目は寺浦温泉「寺浦温泉」。ここは内風呂のみ。無色透明の湯はツルツルヌルヌル。浴室からは干潮で干上がった仮屋湾を見る。このあたりは仮屋湾の南端になる。

 第8湯目は高串温泉「肥前町福祉センター」の湯。ここも内風呂のみで、無色透明の湯。寺浦温泉と同じようなツルツルヌルヌルの湯。湯の中で自分の肌をさわると、びっくりするほどのスベスベ肌になっている。

 第9湯目はいろは島温泉「いろは島」の湯。無色透明の湯で、ここもツルツル湯。浴室からは緑濃い福島と夕日に赤々と燃える小島群が見える。

 ここでいったん長崎県に入り、第10湯目の福島温泉「国民宿舎つばき荘」の湯に入る。福島にある温泉で、福島大橋を渡って福島に入る。大浴場と露天風呂。大浴場から露天風呂への移動は着衣が必要。「島の温泉」というだけで、魅せられるものがある。

 こうして10湯に入り、18時15分、伊万里に戻ってきた。ここまでの走行距離は170キロ。なお、伊万里は佐賀県になる。

 伊万里から平戸島へ。宿探しの結果、うまい具合に平戸島の平戸温泉に宿がとれた。

 国道204号を西へ。佐賀県から長崎県に入る。松浦に近づいたところでは落ちていく夕日に向かってバンディットを走らせた。松浦半島の山の端に落ちる真っ赤な夕日は強烈に目に残った。

 有料の平戸大橋で平戸島に渡った。

 第11湯目は千里ヶ浜温泉の温泉ホテル「蘭風」の湯。大浴場と大露天風呂。にごり湯で湯量は豊富。湯から上がると夕食。「握りずし」を食べた。

 平戸温泉の「平戸海上ホテル観月館」に到着したのは20時40分。ここが今晩の宿で、平戸の町並みを走り抜けた海岸にある。第12湯目になる「宿湯」に入ったが、その名も「水族館大浴場」。浴室には巨大な水槽があって、泳ぎまわる魚たちを眺めながら湯につかるのだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 伊万里温泉「ウエルサンピア伊万里」
朝食 伊万里温泉「ウエルサンピア伊万里」 朝粥 味噌汁、セットされている箱膳(煮物、煮豆、サラダ、豆腐、オムレツ)、焼き魚、煮物、フライドポテト、ソーセージ
8時30分 伊万里温泉「ウエルサンピア伊万里」を出発
1330湯目 佐里温泉「登栄荘」(600円)
1331湯目 おうち温泉「天徳の湯」(500円)
妙法寺温泉(定休日)
1332湯目 厳木温泉「佐用姫の湯」(400円)
白木峠(峠越え)
福岡県に入る
1333湯目 まむし温泉「まむしの湯」(800円)
佐賀県に入る
1334湯目 野田温泉「やすらぎ荘」(600円)
昼食 野田温泉「やすらぎ荘」 ちらしずし(450円)
1335湯目 玄海海上温泉「パレア」(500円)
1336湯目 寺浦温泉「寺浦温泉」(500円)
1337湯目 高串温泉「肥前町福祉センター」(410円)
1338湯目 いろは島温泉「いろは島」(420円)
長崎県に入る
1339湯目 福島温泉「国民宿舎つばき荘」
佐賀県に入る
長崎県に入る
1340湯目 千里ヶ浜温泉「ホテル蘭風」(800円)
夕食 千里ヶ浜温泉「ホテル蘭風」 握りずし(1270円)
20時40分 平戸温泉「平戸海上ホテル観月館」(1泊朝食8550円)
1341湯目 平戸温泉「平戸海上ホテル観月館」
本日の走行距離数 225キロ
本日の温泉入浴数 12湯

伊万里温泉「ウエルサンピア伊万里」の朝湯に入る「ウエルサンピア伊万里」の朝食「ウエルサンピア伊万里」を出発

伊万里温泉「ウエルサンピア伊万里」の朝湯に入る 「ウエルサンピア伊万里」の朝食 「ウエルサンピア伊万里」を出発

佐里温泉「登栄荘」「登栄荘」の内風呂「登栄荘」の露天風呂

佐里温泉「登栄荘」 「登栄荘」の内風呂 「登栄荘」の露天風呂

「登栄荘」の露天風呂に入るおうち温泉「天徳の湯」「天徳の湯」の唐津焼

「登栄荘」の露天風呂に入る おうち温泉「天徳の湯」 「天徳の湯」の唐津焼

厳木温泉「佐用姫の湯」「佐用姫の湯」の大浴場まむし温泉「まむしの湯」

厳木温泉「佐用姫の湯」 「佐用姫の湯」の大浴場 まむし温泉「まむしの湯」

「まむしの湯」の樽湯野田温泉「やすらぎ荘」「やすらぎ荘」の「ちらしずし」

「まむしの湯」の樽湯 野田温泉「やすらぎ荘」 「やすらぎ荘」の「ちらしずし」

玄海海上温泉「パレア」仮屋湾の湾岸を行く寺浦温泉「寺浦温泉」

玄海海上温泉「パレア」 仮屋湾の湾岸を行く 寺浦温泉「寺浦温泉」

「寺浦温泉」の湯寺浦温泉の近くでは田植えをしていた高串温泉「肥前町福祉センター」

「寺浦温泉」の湯 寺浦温泉の近くでは田植えをしていた 高串温泉「肥前町福祉センター」

高串温泉近くの水田の風景いろは島温泉「いろは島」いろは島温泉近くの棚田の風景

高串温泉近くの水田の風景 いろは島温泉「いろは島」 いろは島温泉近くの棚田の風景

福島温泉「国民宿舎つばき荘」千里ヶ浜温泉「ホテル蘭風」の「握りずし」

福島温泉「国民宿舎つばき荘」 千里ヶ浜温泉「ホテル蘭風」の「握りずし」  

Comments

Comments are closed.

Scroll Up