カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[109日目]

投稿日:2018年6月2日

讃岐から阿波へ

四国編 10日目(2007年3月19日)

 大串温泉「グリーンヒル大串」の朝湯に入る。1000湯を達成した温泉なだけに、気分よく赤湯につかった。大串鼻の高台にある「グリーンヒル大串」は「絶景湯」。小豆島との間の海をタンカーや貨物船、フェリーなどがひっきりなしに通過していく。

 朝湯から上がると朝食。塩サバの焼き魚やかまぼこ、目玉焼き、切干ダイコンの煮物などを食べる。甘さを帯びた白味噌の味噌汁が四国を感じさせた。裸麦の麦味噌だ。桑原さん、若林さんと一緒に食べる朝食なので、いつも以上においしく食べられた。

 9時30分、大串温泉「グリーンヒル大串」を出発。桑原さんと若林さんの乗る車をフォローする。桑原さんは大串鼻周辺のすばらしい景色をバックに、スズキSKYWEVE400の写真をとりまくる。「カメラマン桑原」の本領発揮。

 まずは大串温泉と同じさぬき市内の温泉をめぐる。

 第1湯目はカメリア温泉の日帰り湯「カメリア温泉さんがわ」の湯。寒川(さんがわ)町の温泉だ。内風呂のみでほぼ無色透明の湯。ガラス張りの明るい浴室。ここではスイッチ式の打たせ湯に打たれる。スイッチを押すと湯がダーーーッと流れ落ちてくる。勢いよく流れ落ちる湯に首筋あたりを打たれると思わず声を上げてしまう。

「おー、効く!」

 第2湯目はみろく温泉の「ゆ〜とぴあみろく温泉」。みろく公園内にある温泉施設で、浴室からはみろく池を目の前に見る。

 第3湯目は絹島温泉「ベッセルおおち」の湯。大浴場と露天風呂。大浴場には檜風呂もある。露天風呂からは目の前に絹島を見る。さぬき市内にはもう1湯、津田温泉「クアタラソさぬき津田」があるが、入浴料が1575円なのでパスした。

 次に東かがわ市の黒川温泉と白鳥温泉の2湯へ。黒川温泉の一軒宿「黒川温泉」には鍵がかかっていて入れず…。川をはさんで対岸の白鳥温泉の日帰り湯「白鳥温泉」に入れた。内風呂のみ。浴室からは渓流を見下ろす。湯から上がると昼食。讃岐うどんの「わかめうどん」とハレの日の食べ物の「ばらずし」を食べた。

 国道318号で阿讃国境に連なる讃岐山脈の鵜峠を越える。新道は全長1769メートルの鵜の田尾トンネルで貫かれている。「田尾」は峠の「タオ」のことか。

 香川県から徳島県に入り、第5湯目の御所温泉へ。峠を下った国道沿いの「御所温泉観光ホテル」の湯に入った。大浴場と露天風呂。露天風呂からは讃岐山脈の山並みを間近に眺めた。露天風呂は「青石」をふんだんに使った岩風呂。青石は中央構造線のシンボル。

 第6湯目は土成温泉「御所の郷」の湯。明るく広い大浴場と露天風呂に入った。ここからは青く連なる四国山脈の山並みを眺める。青い四国。幾重にも重なった山並みの最後列は雪山だ。

 吉野川の北側を通って鳴門へ。

 その途中で第7湯目のあせび温泉の日帰り湯「あせび温泉やすらぎの郷」の湯に入る。ここは「美人の湯」で知られる良質なアルカリ泉の温泉。あせび温泉の湯から上がると、鳴門に近い徳島空港へ。ここで桑原さんと別れた。桑原さんは最終便に乗って東京へと帰っていく。桑原さんがいなくなり、一抹の寂しさを感じながら、カソリ&ワカバヤシのコンビで夜の温泉をめぐる。

 第8湯目は鳴門大橋に近い鳴門温泉「ルネッサンスリゾートナルト」の湯。ここには1階の露天風呂と8階の展望風呂があるが、展望風呂の方に入った。だが、残念ながら夜の展望風呂からは期待したような展望は見られなかった。今度は明るいうちに来よう…。

 第9湯目はあいあい温泉の日帰り湯「あいあい温泉」。徳島郊外の田園地帯にある日帰り湯で駐車場は満車状態。大浴場と大露天風呂も混みあっていた。露天風呂のまわりには亜熱帯樹が植えられ、南国ムードを漂わせていた。

「あいあい温泉」の湯から上がったところで宿探し。徳島県内の何ヶ所かに電話したが、20時過ぎの宿探しは難しい。次々に断られ、「これが最後」という月ヶ谷温泉に泊まれた。

「ラッキー!」

 徳島市内の渋滞を走り抜け、四国山脈の山中の月ヶ谷温泉へと急ぐ。途中のコンビニで弁当を仕入れ、21時40分に月ヶ谷温泉の「月の宿」に到着。第10湯目の「宿湯」に入り、湯から上がるとカンビールで乾杯。といっても若林さんは飲まないので、ぼくが一人で飲み、飲み終えたところでコンビニ弁当の夕食にした。

 なんとも遅い夕食。

 若林さん、ご苦労さま!

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 大串温泉「グリーンヒル大串」
朝食 大串温泉「グリーンヒル大串」 ご飯、味噌汁、塩サバ、カマボコ、目玉焼き、切干ダイコン、のり、漬物
10時 大串温泉「グリーンヒル大串」を出発
1001湯目 カメリア温泉「カメリア温泉さんがわ」(600円)
1002湯目 みろく温泉「ゆ〜とぴあみろく温泉」(500円)
1003湯目 絹島温泉「ベッセルおおち」(700円)
黒川温泉「黒川温泉」には入れず
1004湯目 白鳥温泉「白鳥温泉」(400円)
昼食 白鳥温泉「白鳥温泉」 「わかめうどん&ばらずし」(520円)
鵜の田尾峠 峠越え 徳島県に入る
1005湯目 御所温泉「御所温泉観光ホテル」(1000円)
1006湯目 土成温泉「御所の郷」(600円)
1007湯目 あせび温泉「やすらぎの郷」(500円)
徳島空港での「桑原さん」との別れ
1008湯目 あいあい温泉「あいあい温泉」(500円)
21時40分 月ヶ谷温泉「月の宿」(1泊朝食5800円)
1009湯目 月ヶ谷温泉「月の宿」
夕食 コンビニ弁当
本日の走行距離数 192キロ
本日の温泉入浴数 9湯

大串温泉「グリーンヒル大串」の朝湯に入る「グリーンヒル大串」から見る小豆島「グリーンヒル大串」の朝食を食べる

大串温泉「グリーンヒル大串」の朝湯に入る 「グリーンヒル大串」から見る小豆島 「グリーンヒル大串」の朝食を食べる

朝食の塩サバ大串鼻からの眺めカメリア温泉「カメリア温泉さんがわ」

朝食の塩サバ 大串鼻からの眺め カメリア温泉「カメリア温泉さんがわ」

絹島温泉「ベッセルおおち」「ベッセルおおち」からの眺め黒川温泉「黒川温泉」には入れず

絹島温泉「ベッセルおおち」 「ベッセルおおち」からの眺め 黒川温泉「黒川温泉」には入れず

白鳥温泉「白鳥温泉」での若林さんとのツーショット「白鳥温泉」のうどん3種「白鳥温泉」の「ばらずし」

白鳥温泉「白鳥温泉」での若林さんとのツーショット 「白鳥温泉」のうどん3種 「白鳥温泉」の「ばらずし」

鵜の田尾峠御所温泉「御所温泉観光ホテル」の露天風呂に入る「御所温泉観光ホテル」からの眺め

鵜の田尾峠 御所温泉「御所温泉観光ホテル」の露天風呂に入る 「御所温泉観光ホテル」からの眺め

土成温泉「御所の郷」あせび温泉「やすらぎの郷」徳島空港での「桑原さん」との別れ

土成温泉「御所の郷」 あせび温泉「やすらぎの郷」 徳島空港での「桑原さん」との別れ

あいあい温泉「あいあい温泉」月ヶ谷温泉「月の宿」に到着「月の宿」の湯に入る

あいあい温泉「あいあい温泉」 月ヶ谷温泉「月の宿」に到着 「月の宿」の湯に入る

夕食はコンビニ弁当

夕食はコンビニ弁当    

Comments

Comments are closed.

  • カソリ登場! イベント情報

    Vストロームミーティング2018
    2018年9月2日
    日時:2018年9月2日
       10:00〜14:00

    会場:スズキ株式会社本社
       浜松市南区高塚町300

    参加費:無料

    詳しくは下記ホームページで
    http://www1.suzuki.co.jp/
    motor/vstrom_meeting2018/
    キャンプミーティングinならは
    2018年9月8日
    日時:2018年9月8日
         15:00受付開始
       9日 復興ツーリング

    会場:天神岬スポーツ公園
       キャンプ場
       福島県楢葉町

    参加費:1,000円(テント泊)
        500円(日帰り)
        小学生以下は無料

    事前登録:登録フォーム

    問合せ:焚き火night事務局
       (担当:渡辺哲)
    https://www.facebook.com/
    akirawatanabe.790
    最西端ミーティング
    2018年9月15日〜16日
    日時:2018年9月15〜16日

    会場:長崎県佐世保市
       長串山公園

    参加費:5,000円

    詳しくはTHE ROUND 4 POLESホームページで
    最西端ミーティング
    https://www.round4poles.com
  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.71
    8月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    いわき湯本IC編


    風まかせ No.69
    7月6日発売

    焚火日和

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up