カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[107日目]

投稿日:2018年5月27日

第3弾目の兵庫温泉めぐり

四国編 8日目(2007年3月17日)

 なにわ温泉「スーパーホテルCITY大阪」の朝湯に入り、湯から上がると、バイキングの朝食だ。まずは冷たいオレンジジュースを一気に飲み干し、朝粥を椀に1杯食べ、野菜サラダをたっぷり食べる。それからが本格的な朝食。焼き魚、玉子焼き、煮物、ソーセージ、漬物、味噌汁で3杯飯を食べる。そんな朝食でパワーをつけ、さー、出発だ。

 国道1号の終点であり、国道2号の起点である梅田新道の交差点にスズキのスカイウェイブ400を止める。そこから国道2号を走り出す。大阪の中心街を走り抜け、淀川を渡ると兵庫県。「本州西部編」にひきつづき、これが第3弾目の兵庫の温泉めぐりになる。

 第1湯目は尼崎極楽湯温泉の日帰り湯「極楽湯」。10時ジャストの到着で「一番湯」に入った。大浴場と露天風呂の湯につかりながらすがすがしい気分にひたる。並んでも一番湯に入る気持ちがよくわかる。

 第2湯目は尼崎やまと温泉の日帰り湯「やまとの湯」。大浴場は若干のにごり湯。露天風呂は無色透明の湯だ。

 尼崎の2湯に入ったあとは神戸の温泉めぐり。ここではたてつづけに3湯の温泉銭湯に入った。

 第3湯目は六甲おとめ塚温泉の「乙女の湯」。緑がかった湯の色。深い浴槽にどっぷりつかる。

 第4湯目は灘温泉の「灘温泉六甲店」の湯。大浴場と露天風呂。大浴場には「源泉湯」もある。

 第5湯目は篠原温泉の「篠原温泉」。内風呂と露天風呂。ここも深い浴槽で、緑がかった湯の色をしている。「篠原温泉」の湯から上がったところでは、うれしい出会いがあった。松葉忠良さんとの出会い。バイク大好きな松葉さんはヤマハロードスターウォーリアとハーレーに乗っている。そんな松葉さんは後日、「300日3000湯」のサイトに次のような書き込みをしてくれた。

「賀曽利さん、今頃どのあたりでお湯につかっているんでしょうか。先日は偶然にもお会いできまして、感激というよりも感動でした。日曜ライダーの私にとりましては、教祖様のようなお方ですね。賀曽利さんの文章の行間から滲み出てくるままの、やさしくタフで、おおらかなナイスガイでした。また、どこかでお会いしたいですね。体と事故には気をつけて、3000湯めぐり頑張ってください」

 神戸の温泉めぐりはさらにつづく。

 第6湯目は海辺のHATなぎさの湯温泉「HATなぎさの湯」。大浴場と露天風呂。露天風呂には寝湯と3つの壷湯。湯から上がると遅い昼食。神戸に来ると、肉を食べたくなる。ということで黒毛和牛の「ステーキ丼」を食べた。錦糸卵とカイワレをまぶしたご飯の上に上質な肉がびっしりのっている。やわらかな肉で焼き加減も絶妙。この「ステーキ丼」のうまさもさることながら、「なぎさの水」のうまさはちょっと驚き。何杯もおかわりをしたほどだ。さすが「神戸ウォーター」の町だけのことはある。

 第7湯は神戸の中心、三宮駅に近い神戸クアハウス温泉「神戸クアハウス」の湯。ここはいい湯だ。重曹泉はモスグリーン、硼酸泉はライトブルーと泉質の違いによって湯の色も違う。「都心の湯治場」と大きく書かれているが、まさにその通りの湯の良さだった。

 第8湯目は六甲布引温泉の温泉銭湯「湯あそびひろば二宮温泉」。ここでは旅行者姿の人や六甲山のハイキング帰りの人たちの姿も見受けられ、内風呂、露天風呂ともに混みあっていた。

 第9湯目は湊山温泉の日帰り湯「湊山温泉」。ここも温泉銭湯風。曲がりくねった細長い湯船も円形の高温の湯船も、ともに深い。立湯でちょうどいいほど。神戸の人たちはこの深い浴槽が好きなようだ。

 第10湯目は巳泉の湯温泉の温泉銭湯「朝日温泉」。ここは内風呂のみで「源泉湯」や「高温湯」もある。神戸にこれだけの数の温泉銭湯があることを今回、初めて知った。新たなる神戸の発見といったところだ。

 神戸からは国道2号のナイトラン。加古川、姫路と通り、岡山県に入る。

 岡山から宇野港へ。深夜のフェリー、午前1時発の便で高松に渡った。

 高松港到着は午前2時。さー、「四国一周」の開始だ!

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 なにわ温泉「スーパーホテルCITY大阪」
朝食 なにわ温泉「スーパーホテルCITY大阪」 バイキング
9時15分 なにわ温泉「スーパーホテルCITY大阪」を出発
兵庫県に入る
979湯目 尼崎極楽湯温泉「極楽湯」(750円)
980湯目 尼崎やまと湯温泉「やまとの湯」(880円)
981湯目 六甲おとめ塚温泉「乙女の湯」(380円)
982湯目 灘温泉「灘温泉六甲道店」(380円)
983湯目 篠原温泉「篠原温泉」(380円)
「松葉忠良さん」との出会い
984湯目 HATなぎさの湯温泉「なぎさの湯」(700円)
昼食 HATなぎさの湯温泉「なぎさの湯」 「黒毛和牛のステーキ丼」(1280円)
985湯目 神戸クアハウス温泉「神戸クワハウス」(920円)
986湯目 六甲布引温泉「湯あそびひろば二宮温泉」(380円)
987湯目 湊山温泉「湊山温泉」(500円)
988湯目 巳泉の湯温泉「朝日温泉」(380円)
垂水温泉「天平のゆ」(800円) 天然温泉ではないのでカウントせず
夕食 垂水温泉「天平のゆ」 「桜鯛の茶漬け」(1230円)
加古川有馬の湯温泉「有馬の湯」パス
加古川やまとの湯温泉 廃業湯
湯遊ランド加古川温泉 廃業湯
989湯目 姫路城温泉「播州しらさぎの湯」(580円)
岡山県に入る
00時50分 宇野港到着
01時00分 宇野港出発
02時00分 高松港到着
本日の走行距離数 223キロ
本日の温泉入浴数 11湯

なにわ温泉「スーパーホテルCITY大阪」の朝食大阪駅前から国道2号を行く尼崎極楽湯温泉「極楽湯」が第1湯目

なにわ温泉「スーパーホテルCITY大阪」の朝食 大阪駅前から国道2号を行く 尼崎極楽湯温泉「極楽湯」が第1湯目

尼崎やまと湯温泉「やまとの湯」六甲おとめ塚温泉「乙女の湯」灘温泉「灘温泉六甲道店」

尼崎やまと湯温泉「やまとの湯」 六甲おとめ塚温泉「乙女の湯」 灘温泉「灘温泉六甲道店」

篠原温泉「篠原温泉」「松葉忠良さん」との出会いHATなぎさの湯温泉「なぎさの湯」

篠原温泉「篠原温泉」 「松葉忠良さん」との出会い HATなぎさの湯温泉「なぎさの湯」

「なぎさの湯」の「黒毛和牛のステーキ丼」神戸クアハウス温泉「神戸クワハウス」六甲布引温泉「湯あそびひろば二宮温泉」

「なぎさの湯」の「黒毛和牛のステーキ丼」 神戸クアハウス温泉「神戸クワハウス」 六甲布引温泉「湯あそびひろば二宮温泉」

湊山温泉「湊山温泉」巳泉の湯温泉「朝日温泉」垂水温泉「天平のゆ」は天然温泉ではないのでカウントせず

湊山温泉「湊山温泉」 巳泉の湯温泉「朝日温泉」 垂水温泉「天平のゆ」は天然温泉ではないのでカウントせず

垂水温泉「天平のゆ」の「桜鯛の茶漬け」宇野港からフェリーで高松港へ

垂水温泉「天平のゆ」の「桜鯛の茶漬け」 宇野港からフェリーで高松港へ  

Comments

Comments are closed.

  • カソリ登場! イベント情報

    Vストロームミーティング2018
    2018年9月2日
    日時:2018年9月2日
       10:00〜14:00

    会場:スズキ株式会社本社
       浜松市南区高塚町300

    参加費:無料

    詳しくは下記ホームページで
    http://www1.suzuki.co.jp/
    motor/vstrom_meeting2018/
    キャンプミーティングinならは
    2018年9月8日
    日時:2018年9月8日
         15:00受付開始
       9日 復興ツーリング

    会場:天神岬スポーツ公園
       キャンプ場
       福島県楢葉町

    参加費:1,000円(テント泊)
        500円(日帰り)
        小学生以下は無料

    事前登録:登録フォーム

    問合せ:焚き火night事務局
       (担当:渡辺哲)
    https://www.facebook.com/
    akirawatanabe.790
    最西端ミーティング
    2018年9月15日〜16日
    日時:2018年9月15〜16日

    会場:長崎県佐世保市
       長串山公園

    参加費:5,000円

    詳しくはTHE ROUND 4 POLESホームページで
    最西端ミーティング
    https://www.round4poles.com
  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.71
    8月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    いわき湯本IC編


    風まかせ No.69
    7月6日発売

    焚火日和

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up