カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[97日目]

投稿日:2018年4月28日

三河の温泉めぐり

西部編 48日目(2007年2月26日)

 足助の白鷺温泉「白鷺館」の朝湯に入る。浴室からは咲き始めた梅の花を見る。「花見の湯」。湯から上がると朝食。ご飯、味噌汁、焼き魚、半熟卵、おろし、のり、佃煮、とろろ、漬物の朝食を食べた。味噌汁は三河の赤味噌。デザートにミカン、ポンカン、リンゴ、バナナが出たのがうれしい。

 9時45分 白鷺温泉「白鷺館」を出発。

 まずは岩神之湯温泉「岩神之湯」に入ったが、ここは天然温泉ではないのがわかりカウントせず。次の足助温泉「にしき荘」は休業中で入れず。川怒温泉「長門荘」も休業中で入れず。ともに休業中というよりも廃業湯のようだ。

 苦戦がつづくが、次の榊野温泉は入浴のみは不可。

 足助から国道153号経由で矢作川へ。

 やっと入れた。さー、三河の温泉めぐりの開始だ。

 第1湯目は小渡温泉。温泉旅館「はしもと」の「家族湯」。小さな湯船。湯口の竹筒から湯が流れ出ている。自分でバルブを開け閉めして湯量を調整する。湯から上がると、女将さんは「気つけて行き〜や」と何度も声をかけてくれた。

 そのまま矢作川沿いに下り、第2湯目の笹戸温泉へ。ここでは「湯本館」の湯に入った。やはり「家族湯」。木の湯船で無色透明のやわらかな湯の感触だった。

 国道153号に戻ると、伊勢神峠を越え、第3湯目の稲武温泉へ。道の駅「どんぐりの里いなぶ」の日帰り湯「どんぐりの湯」に入る。大浴場と露天風呂。大浴場には総檜造りの檜風呂がある。露天風呂は岩風呂。湯は無色透明のツルツル系。湯から上がると食堂で昼食の「わっぱめし」を食べた。蒸し上げた五目飯で、ズワイガニの身がのっている。

 第4湯目はすぐ近くの夏焼温泉「ホテル岡田屋」の湯。趣のある木の湯船で浴室からは周辺の山々の風景を眺めた。

 稲武の2湯に入り、国道257号→国道473号で東栄へ。

 東栄からは国道151号を北へと走る。

 第5湯目は太和金峠を越えた豊根の兎鹿嶋温泉「パルとよね」の湯。ここはすばらしい温泉施設なのだが、入浴客は少なく、ガラガラ状態。もったいない。大浴場と露天風呂にどっぷりつかった。

 豊根から東栄に戻る。

 第6湯目はとうえい温泉。内風呂と石の露天風呂。樽湯が2つ。打たせ湯もある。かなり塩分の濃い湯。

 東栄から豊川方向に向かって、今度は国道151号を南下する。日が落ちると急速に冷え込んでくる。冬と春が同居しているかのようだ。

 第7湯目は名号温泉「うめの湯」。大浴場と露天風呂。露天風呂のすぐ近くをJR飯田線の列車が通り過ぎていく。

 第8湯目は三河では最大の温泉地の湯谷温泉。1200年の歴史を誇る古湯で、鳳来寺開山の利修仙人が発見されたといい伝えられている。ここでは日帰り湯「鳳来ゆ〜ゆ〜ありいな」の湯に入った。大浴場と大露天風呂。

 湯谷温泉からさらに国道151号を南下。夜の寒さが身にしみる。

 豊川市に入ったところで第9湯目の一宮温泉の日帰り湯「本宮の湯」に入る。大浴場と露天風呂。露天風呂は小さめ。湯から上がると、「本宮定食」を食べた。天ぷらそばがメインで、それに炊き込みご飯と団子がついている。

 一宮温泉を最後に三河の温泉めぐりを終え、豊川ICで東名に入り、静岡県に入る。

 浜松西ICで東名を降り、22時30分、今晩の宿、浜名湖畔の舘山寺温泉「山長旅館」に到着。この時間でも快く泊めてくれたことに、出迎えてくれた女将さんに心よりお礼をいうのだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 白鷺温泉「白鷺館」
朝食 白鷺温泉「白鷺館」 ご飯、味噌汁、焼き魚、半熟卵、おろし、のり、佃煮、とろろ、漬物
9時45分 白鷺温泉「白鷺館」を出発
「岩神之湯」(530円) 天然温泉でないことがわかりカウントせず
足助温泉 休業中
川怒温泉 休業中
榊野温泉 入れず
876湯目 小渡温泉「はしもと」(600円)
877湯目 笹戸温泉「湯本館」(600円)
伊勢神峠 峠越え
878湯目 稲武温泉「どんぐりの湯」(600円)
昼食 稲武温泉「どんぐりの湯」 「わっぱめし」(950円)
879湯目 夏焼温泉「ホテル岡田屋」(400円)
名倉峠 峠越え
漆沢温泉 入浴のみは不可
塩津温泉 パス
千代姫温泉 入れず
880湯目 兎鹿嶋温泉「パルとよね」(500円)
881湯目 とうえい温泉「とうえい温泉」(500円)
882湯目 名号温泉「うめの湯」(700円)
883湯目 湯谷温泉「鳳来ゆ〜ゆ〜ありいな」(600円)
赤引温泉 入れず
884湯目 一宮温泉「本宮の湯」(600円)
夕食 一宮温泉「本宮の湯」 「本宮定食」(1000円)
静岡県に入る
渋川温泉 廃業湯
儀光温泉 入れず
22時30分 舘山寺温泉「山長旅館」(1泊朝食7000円)
885湯目 舘山寺温泉「山長旅館」
本日の走行距離数 237キロ
本日の温泉入浴数 11湯

白鷺温泉「白鷺館」の朝湯に入る「白鷺館」の朝食「白鷺館」を出発

白鷺温泉「白鷺館」の朝湯に入る 「白鷺館」の朝食 「白鷺館」を出発

岩神之湯温泉「岩神之湯」は天然温泉ではないのでカウントしない榊野温泉には入れず小渡温泉「はしもと」の湯

岩神之湯温泉「岩神之湯」は天然温泉ではないのでカウントしない 榊野温泉には入れず 小渡温泉「はしもと」の湯

笹戸温泉「湯本館」の湯稲武温泉「どんぐりの湯」「どんぐりの湯」の「わっぱめし」

笹戸温泉「湯本館」の湯 稲武温泉「どんぐりの湯」 「どんぐりの湯」の「わっぱめし」

夏焼温泉「ホテル岡田屋」「ホテル岡田屋」の湯兎鹿嶋温泉「パルとよね」

夏焼温泉「ホテル岡田屋」 「ホテル岡田屋」の湯 兎鹿嶋温泉「パルとよね」

「とうえい温泉」の露天風呂名号温泉「うめの湯」湯谷温泉「鳳来ゆ〜ゆ〜ありいな」

「とうえい温泉」の露天風呂 名号温泉「うめの湯」 湯谷温泉「鳳来ゆ〜ゆ〜ありいな」

一宮温泉「本宮の湯」「本宮の湯」の「本宮定食」舘山寺温泉に到着

一宮温泉「本宮の湯」 「本宮の湯」の「本宮定食」 舘山寺温泉に到着

Comments

Comments are closed.

  • イベント情報

    ひめさゆりバイクミーティング2018
    日時:2018年6月17日
       10:00〜(雨天決行)
       前夜祭 16日18:30〜
       ※前夜祭は会費5,000円
        (要事前申込)

    会場:会津高原南郷スキー場
       福島県南会津町界

    今年も賀曽利隆のトークショーを開催予定。詳しくは公式フェイスブックをご覧ください。
  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.69
    4月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    いわき勿来編


    風まかせ No.68
    5月7日発売

    焚火日和
    福島県楢葉町

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up