カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[93日目]

投稿日:2018年4月17日

花粉症はもう「生き地獄」

西部編 44日目(2007年2月22日)

 大垣の「バードグリーンホテル」の朝湯に入り、クロワッサン、パン、サラダ、ソーセージ、揚げ物、コーヒーの朝食を食べ、9時30分に出発。

 岐阜県の温泉めぐりはつづく。

 まずは大垣から南へ。

 第1湯目は海津温泉「海津苑」の湯。豊富な湯量。円形の大きな石造りの湯船からは湯があふれ出ている。赤茶色のにごり湯。石の湯船、石の洗い場には温泉の成分がこびりついて層を成し、いかにも温泉らしくなっている。

 湯につかると、目が猛烈にかゆくなる。湯の中で目をかきむしる。眼球を取り出して、タワシでゴシゴシしたくなるほど。そのあとはもう大変だ。いつものことだが、悲惨な状態。目はゴロゴロし、腫れ上がる。そうなるのがわかっていてもかきむしってしまう。花粉症が発症してからというもの、毎日、この繰り返し。とくに第1湯目に入るころが目のかゆみは一番ひどい。湯から上がり、走り出すと、腫れ上がった目で前方が見えなくなるほど。それでも「行くぞ!」とスズキDJEBEL250XCを走らせる。

 いやはや何とも「地獄の季節」。花粉症はもう「生き地獄」だ。

 第2湯目は羽島温泉「羽島市老人福祉センター」の湯。円形の湯船。海津温泉と似たような温泉施設で、泉質も似ている。

 第3湯目は大野温泉の日帰り湯「おおの温泉」。ここからは右手の伊吹山地、左手の養老山地がよく見える。その間の大きく落ち込んだところが関ヶ原。大浴場と大露天風呂の湯に入ったが、ガラガラ状態で入浴客はほとんどいない。こんなにいい温泉なのに。とくにここの庭園風大露天風呂はすばらしい。湯から上がると昼食。「牛丼」を食べた。

 大野温泉からは国道303号経由で国道157号に入り、北へと走る。

 第4湯目は谷汲温泉の日帰り湯「満願の湯」。ここは西国巡礼33番札所の谷汲山華厳寺の門前。西国の巡礼を終え、最後に谷汲にたどり着いたときの喜びはどれほどのものか。「満願」の重さは巡礼をした人たちだけが味わえるもの。そんな「旅の重さ」を考えながら「満願の湯」の大浴場と大露天風呂の湯につかった。
(これは後日談になるが、2009年には「西国33番」をめぐった。谷汲山華厳寺の参拝を終えると、谷汲温泉「満願の湯」に入ったが、そのときは感慨無量だった)

 第5湯目は根尾川谷汲温泉の日帰り湯「根尾川谷汲温泉」の湯。大浴場と大露天風呂。ここの石造りの大露天風呂は見事。これらの2湯はともにぬめりのあるヌルヌルツルツル湯だった。

 岐阜県の県都岐阜から各務原へ。

 第6湯目は各務原温泉。大規模なショッピングセンター内にある日帰り湯「美人の湯かがみはら」の湯に入る。大浴場と露天風呂。「美人の湯」の通り、肌がツルツルする湯。

 第7湯目は東海環状の美濃加茂ICに近い里山の湯温泉。「日本昭和村」にある「昭和銭湯 里山の湯」に入った。大浴場と露天風呂。露天風呂には何種かの湯船があるが、ひとつづつ入った。湯から上がると宿探し。もうダメかと温泉宿を諦めかけて、「もうこれが最後」と電話した郡上八幡温泉に宿がとれた。21時の宿探しだった。

 美濃加茂ICで東海環状に入り、片側1車線の高速道を突っ走り、関美濃JCTで東海北陸道に入る。ジェベルには「悪いな」と謝りながらアクセル全開で郡上八幡ICへ。そこから国道156号を4キロほど岐阜方向に戻ったところに郡上八幡温泉の一軒宿「ホテル郡上八幡」がある。到着は22時30分。すぐさま「宿湯」に入る。ほっとした気分で大浴場の湯につかった。

 湯から上がると、館内の店がまだ開いていた。湯上りの生ビールを大ジョッキーで飲み干したあと、「ラーメン」の遅い夕食。ラーメンを食べ終えると、店のママは「これはサービスよ」といって、おにぎりを握ってくれた。大きなあったかなおにぎりは超うまかった!

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 「バードグリーンホテル」
朝食 「バードグリーンホテル」 クロワッサン、パン、サラダ、ソーセージ、揚げ物、コーヒー
9時30分 「バードグリーンホテル」を出発
839湯目 海津温泉「海津苑」(100円)
840湯目 羽島温泉「羽島市老人福祉センター」(200円)
841湯目 大野温泉「おおの温泉」(500円)
昼食 大野温泉「おおの温泉」 「牛丼」(500円)
842湯目 谷汲温泉「満願の湯」(500円)
843湯目 根尾谷汲温泉「根尾谷汲温泉」(500円)
三田洞神仏温泉 入れず
844湯目 各務原温泉「美人の湯かがみはら」(750円)
845湯目 里山の湯温泉「昭和銭湯 里山の湯」(600円)
22時30分 郡上八幡温泉「ホテル郡上八幡」(1泊朝食10000円)
846湯目 郡上八幡温泉「ホテル郡上八幡」
夕食 郡上八幡温泉「ホテル郡上八幡」 「ラーメン&おにぎり」
本日の走行距離数 256キロ
本日の温泉入浴数 8湯

夜明けの大垣「バードグリーンホテル」の朝食「バードグリーンホテル」を出発

夜明けの大垣 「バードグリーンホテル」の朝食 「バードグリーンホテル」を出発

海津温泉「海津苑」羽島温泉「羽島市老人福祉センター」大野温泉「おおの温泉」

海津温泉「海津苑」 羽島温泉「羽島市老人福祉センター」 大野温泉「おおの温泉」

「おおの温泉」の露天風呂に入る「おおの温泉」の「牛丼」大野温泉から谷汲温泉へ

「おおの温泉」の露天風呂に入る 「おおの温泉」の「牛丼」 大野温泉から谷汲温泉へ

「西国33ヵ所」第33番札所の谷汲山華厳寺の門前「西国33ヵ所」第33番札所の谷汲山華厳寺を参拝谷汲温泉「満願の湯」

「西国33ヵ所」第33番札所の谷汲山華厳寺の門前 「西国33ヵ所」第33番札所の谷汲山華厳寺を参拝 谷汲温泉「満願の湯」

根尾谷汲温泉「根尾谷汲温泉」の露天風呂三田洞神仏温泉には入れず各務原温泉「美人の湯かがみはら」

根尾谷汲温泉「根尾谷汲温泉」の露天風呂 三田洞神仏温泉には入れず 各務原温泉「美人の湯かがみはら」

里山の湯温泉「昭和銭湯 里山の湯」郡上八幡温泉「ホテル郡上八幡」に到着「ホテル郡上八幡」の夕食

里山の湯温泉「昭和銭湯 里山の湯」 郡上八幡温泉「ホテル郡上八幡」に到着 「ホテル郡上八幡」の夕食

超うまかった「おにぎり」

超うまかった「おにぎり」    

Comments

Comments are closed.

  • イベント情報

    キャンプミーティングinならは
    2018年9月8日
    日時:2018年9月8日
         15:00受付開始
       9日 復興ツーリング

    会場:天神岬スポーツ公園
       キャンプ場
       福島県楢葉町

    参加費:1,000円(テント泊)
        500円(日帰り)
        小学生以下は無料

    事前登録:登録フォーム

    問合せ:焚き火night事務局
       (担当:渡辺哲)
    https://www.facebook.com/
    akirawatanabe.790
  • ツイッター

  • 新刊紹介


    風まかせ No.69
    7月6日発売

    焚火日和


    アンダー400 No.70
    6月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    いわき中央編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up