カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

ツーリングマップル東北 2018年版発売

投稿日:2018年3月28日

絶景の連続「カソリの旅2018」を詳細フォロー

『ツーリングマップル東北』の2018年版が発売されました。できたてのホヤホヤの『ツーリングマップル東北2018』を見ていると、胸が熱くなってきます。2017年の1年間をかけて東北をまわった努力が報われたような気分です。

 7月のカメラマン同行取材の3日間は奇跡の快晴つづきだったので、表紙も裏表紙も、挿入されている冊子「全力取材2018東北」も、とにかく写真がすばらしいのです。まずはみなさんにそれを見ていただきたいという気持ちでいっぱいです。

絶景ルートを忠実にフォロー

 さらに2018年版には通常版にもR版にも、巻末に写真ページが6ページ、入っています。題して「カソリの旅2018」で、カメラマン同行取材の第1日目のカソリ旅が時系列に並んで見られるようになっています。5時17分の新菊島温泉(福島)にはじまり、磐梯吾妻スカイライン→蔵王エコーライン→月山越えと東北の絶景ルートを次々に走破し、最後は山形・秋田県境の三崎で日本海に落ちる夕日を見るという1日の旅。三崎到着は18時59分でした。みなさんがこのカソリ旅のルートをフォローできるように、写真のみならず全体のルートマップと3枚の詳細なパート編のルートマップものっています。

イザベラバードの足跡を追う

 2018年版の実走取材では山王峠(栃木・福島)から青森港までイサベラバードの足跡を追いましたが、そのコメントも新たに多数、のせています。イサベラバードは明治初期に東北を縦断したイギリス人女性で、『日本奥地紀行』という名著を残しています。当時の東北の様子が詳しく描かれいるので、この150年あまりの東北の変化がよくみてとれるのです。

最新ダムカード情報を掲載

 それと2017年版にひきつづいて、2018年版でもダムカードを配布しているダム情報をのせています。新たにダムカードの配布を始めた東北のダムと、『ツーリングマップル東北』に収録されている東北に隣接する新潟県や北関東のダム情報ものせています。

コメントを多数更新

 2度にわたる「東北一周」や「東京→青森・林道走破行」などで得た新たな情報も多数、のせています。『ツーリングマップル』は毎年、進化しています。新しいコメントを多数のせ、さらに古くなって現状とは合わなくなったコメントを多数、削除しています。

 ということでみなさん、ぜひとも『ツーリングマップル東北2018』を実際に見てください。カソリが渾身の力を込めてまわった東北2万キロで得た様々な旅情報が盛りこまれています。どうぞ『ツーリングマップル東北2018』を持って東北を駆けめぐって下さい。東北は最高におもしろいですよ〜!

賀曽利 隆

Comments

Comments are closed.

  • イベント情報

    キャンプミーティングinならは
    2018年9月8日
    日時:2018年9月8日
         15:00受付開始
       9日 復興ツーリング

    会場:天神岬スポーツ公園
       キャンプ場
       福島県楢葉町

    参加費:1,000円(テント泊)
        500円(日帰り)
        小学生以下は無料

    事前登録:登録フォーム

    問合せ:焚き火night事務局
       (担当:渡辺哲)
    https://www.facebook.com/
    akirawatanabe.790
  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.70
    6月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    いわき中央編


    風まかせ No.68
    5月7日発売

    焚火日和
    福島県楢葉町

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up