カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[90日目]

投稿日:2018年3月24日

「湖国周遊」の開始

西部編 41日目(2007年2月19日)

 花の里温泉「山水館」の朝湯に入る。3階の大露天風呂。ここも岩風呂で、摂津峡の渓谷美を見下ろす絶景湯だ。露天風呂の造りもすごくいい。ご飯、味噌汁、塩ジャケ、湯豆腐、半熟卵、ホウレンソウのおひたし、漬物の朝食を食べ、9時30分、花の里温泉「山水館」を出発する。

 スズキDJEBEL250XCを走らせ、国道1号で大阪・京都境の洞ヶ峠へ。

「日和見」の代名詞にもなっている洞ヶ峠近くの枚方温泉の日帰り湯「極楽湯」(枚方店)に入り、京都へ。

 第2湯目は国道1号を左折し、桂川を渡ったところにある伏見やまと温泉の日帰り湯「伏見やまとの湯」。大浴場と露天風呂に入る。国道1号に戻ると、第3湯目は名神の京都南IC近くの伏見力の湯温泉「伏見力の湯」。大浴場と露天風呂に入り、湯から上がると昼食。「とん汁定食」を食べた。

 京都の温泉、2湯に入ったあと京都南IC→京都東ICの1区間だけ名神を走り、国道161号で滋賀県に入っていく。

「湖国周遊」の開始。琵琶湖を一周しながら滋賀県の温泉をめぐるのだ。

 第5湯目は琵琶湖大橋を渡ったところにある大橋温泉の日帰り湯「みずほの湯」。大浴場と階上の露天風呂に入った。源泉風呂は薄茶色の湯。前日の大阪の大混雑の日帰り湯が幻だったかのように、「みずほの湯」は入浴客が少なく、ガラーンとしていた。平日の午後ということもあるのだろうが、かわいそうになるくらいだった。

 第6湯目は比良温泉の日帰り湯「比良とぴあ」。すぐ背後には比良山地の山々が連なっている。迫力のある山岳風景が間近に迫っている。「比良とぴあ」の湯には、そんな比良山地の山々を登ってきた人たちが入っていた。ここには登山者がよく来るのだろう、ザックを置く場所も用意されていた。自然を満喫できる比良温泉だ。

 第7湯目は宝船温泉。琵琶湖の湖畔にある一軒宿の温泉だ。「湯元ことぶき」の外来入浴は15時までと書いてある。時間は16時45分。ダメもとで一応は入浴を頼んでみることにした。だが、いくら声をかけてみても、誰も出てこない。諦めてジェベルのエンジンをかけ、走り出そうとしたときに、ここの女将さんらしき女性が現れた。ジェベルのエンジンを停め、「あのー、入浴させてもらえますか?」と聞いてみた。すると「どうぞ、どうぞ」と愛想よくいわれた。

 さっそく小さな露天風呂のにごり湯につかる。これがなかなかのもの。湯船が小さい分だけ、気持ちが不思議なほど落ち着くのだ。茶室に似たようなところがある。わずかな空間をうまく使い込む日本人の極意を見るかのような露天風呂だ。

 国道161号をさらに北へ。若狭との国境の山々が迫ってくる。

 第8湯目は湖北のマキノ高原温泉「さらさ」の湯。大浴場と露天風呂。露天風呂は小さ目で円形の湯船。なかなか趣のある露天風呂だった。

 第9湯目はマキノ白谷温泉「八王子荘」の湯。ここはこじんまりとした温泉施設で、内風呂と露天風呂がある。

 国道8号に出て木之本へ。

 第10湯目は北近江リゾート温泉「北近江の湯」。明るく広々とした大浴場が印象的。大浴場と露天風呂に入り、湯から上がるとレストランで夕食。「鉄火丼」を食べた。マグロの赤身はなかなかいいものを使っていたし、江州米のご飯もおいしいもので、「よかったな!」と思える「鉄火丼」だ。

 気分を良くして今晩の宿、須賀谷温泉に向かう。国道8号から国道365号へ。夜道を走る。ジェベルの大光量のヘッドライトのおかげで、ナイトランが楽。長浜市に入ったあたりで国道を左折したところに須賀谷温泉の一軒宿「須賀谷温泉」がある。ここは戦国時代、小谷城主の浅井長政が妻のお市の方、娘(後の淀君)を連れて湯治にきた温泉。そんな歴史をしのびながら第11湯目の「宿湯」に入る。気持ちよくつかれるにごり湯だ。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 花の里温泉「山水館」
朝食 花の里温泉「山水館」 ご飯、味噌汁、塩ジャケ、湯豆腐、半熟卵、ホウレンソウのおひたし、漬物
9時30分 花の里温泉「山水館」を出発
810湯目 枚方温泉「極楽湯」(390円)
洞ヶ峠 峠越え
京都府に入る
811湯目 伏見やまとの湯温泉「伏見やまとの湯」(600円)
812湯目 伏見力の湯温泉「伏見力の湯」(600円)
昼食 伏見力の湯温泉「伏見力の湯」 「とん汁定食」(600円)
滋賀県に入る
813湯目 大津やまとの湯温泉「大津やまとの湯」(600円)
814湯目 琵琶湖大橋温泉「みずほの湯」(600円)
815湯目 平良温泉「比良トピア」(600円)
816湯目 宝船温泉「湯元ことぶき」(750円)
817湯目 マキノ高原温泉「さらさ」(600円)
818湯目 マキノ白谷温泉「八王子荘」(500円)
819湯目 北近江リゾート温泉「北近江の湯」(900円)
夕食 北近江リゾート温泉「北近江の湯」 「鉄火丼」(700円)
20時45分 須賀谷温泉「須賀谷温泉」(1泊朝食10650円)
820湯目 須賀谷温泉「須賀谷温泉」
本日の走行距離数 183キロ
本日の温泉入浴数 11湯

花の里温泉「山水館」の露天風呂「山水館」の露天風呂に入る「山水館」の朝食

花の里温泉「山水館」の露天風呂 「山水館」の露天風呂に入る 「山水館」の朝食

「山水館」から見る摂津峡「山水館」を出発枚方温泉「極楽湯」

「山水館」から見る摂津峡 「山水館」を出発 枚方温泉「極楽湯」

国道1号の洞ヶ峠伏見やまとの湯温泉「伏見やまとの湯」「伏見やまとの湯」の「豚汁定食」

国道1号の洞ヶ峠 伏見やまとの湯温泉「伏見やまとの湯」 「伏見やまとの湯」の「豚汁定食」

これが「豚汁定食」の「豚汁」大津やまとの湯温泉「大津やまとの湯」琵琶湖大橋温泉「みずほの湯」

これが「豚汁定食」の「豚汁」 大津やまとの湯温泉「大津やまとの湯」 琵琶湖大橋温泉「みずほの湯」

平良温泉「比良トピア」宝船温泉「湯元ことぶき」の近くから見る琵琶湖宝船温泉「湯元ことぶき」

平良温泉「比良トピア」 宝船温泉「湯元ことぶき」の近くから見る琵琶湖 宝船温泉「湯元ことぶき」

「湯元ことぶき」の露天風呂「湯元ことぶき」の露天風呂に入るマキノ高原温泉「さらさ」

「湯元ことぶき」の露天風呂 「湯元ことぶき」の露天風呂に入る マキノ高原温泉「さらさ」

マキノ白谷温泉「八王子荘」北近江リゾート温泉「北近江の湯」の「鉄火丼」これが北近江リゾート温泉「北近江の湯」の「鉄火丼」

マキノ白谷温泉「八王子荘」 北近江リゾート温泉「北近江の湯」の「鉄火丼」 これが北近江リゾート温泉「北近江の湯」の「鉄火丼」

今晩の宿、須賀谷温泉「須賀谷温泉」に到着!

今晩の宿、須賀谷温泉「須賀谷温泉」に到着!    

Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.69
    4月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    いわき勿来編


    風まかせ No.67
    3月6日発売

    焚火日和

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up