カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[79日目]

投稿日:2018年2月9日

下関で折り返す

西部編 30日目(2007年2月8日)

 青海島温泉の「シーサイドホテル」の朝湯に入り、ご飯、味噌汁、目玉焼き、焼き魚、胡麻豆腐、カマボコ、コンブ、のり、漬物の朝食を食べ、9時、出発。山口県の日本海側の温泉めぐりの開始だ。

 第1湯目は長門の名湯、湯本温泉。共同浴場の「恩湯」に入る。風格のある建物で湯船は2つ。温めの湯とさらに温い湯。長湯のできる温泉だ。湯につかりながらうとうとしている人もいる。入浴料は140円と安い。

 第2湯目は俵山温泉。ここも長門の名湯。温泉街の路地を走り、日帰り湯「白猿の湯」の大浴場と露天風呂の湯に入った。

 第3湯目は黄波戸温泉。ここでは山上の日帰り湯「黄波戸温泉交流センター」の湯に入った。大浴場と露天風呂。露天風呂からは黄波戸港と日本海を見下ろした。

 第4湯目は一の俣温泉。国道191号から国道491号に入り、南へ。大坊ダムまでは2車線の幅広の道だったが、そこを過ぎると狭い道に変わり、山中に入っていく。舗装林道のような狭路。長門市と下関市の市境の峠を越え、下ったところが一の俣温泉。ここでは温泉銭湯の「大衆浴場」に入った。

 湯から上がると、雨が降りはじめる。恵みの雨だ。花粉症にさんざん痛めつけられ、クシャミを連発しながらここまでバイクを走らせてきたが、それもちょっと小休止。クシャミは止まり、鼻水も止まり、すこしは楽に息ができるようになった。

 国道191号に戻ると、第5湯目の油谷湾温泉「ホテル楊貴館」の湯に入った。大浴場の湯につかりながら油谷湾を一望する。無色透明無味無臭の温めの湯。湯から上がると魚肉ソーセージの昼食。昨日の「ヤッサン」の差し入れの魚肉ソーセージだ。

 第6湯目は滝部温泉。大浴場と露天風呂の湯に入る。つづいて国道191号沿いの一軒宿の温泉、津波敷温泉に行ったが、ここは入浴のみは不可だった。

 第7湯目は大河内温泉「大河内山荘」の湯。大浴場と露天風呂。釜風呂もある。

 第8湯目は川棚温泉。ここでは「川棚グランドホテル」の湯に入った。脱衣所には山頭火の言葉が貼ってあった。大浴場と露天風呂の湯に入る。湯からあがるころには雨が降り始めた。

 次の吉見温泉「吉見温泉センター」は休業中で入れず。このころから雨が激しくなった。

 ザーザー降りの雨の中、19時35分、下関駅前に到着した。これで「本州西部編」の前半戦、「東京→下関」が終了!

 下関到着の余韻にひたる間もなく、すぐに「本州西部編」の後半戦、「下関→東京」をスタートさせる。

 第9湯目は下関温泉の日帰り湯「マリン温泉パーク」。大浴場と小さ目な露天風呂の湯に入る。

 第10湯目はみちしお温泉の日帰り湯「みちしお」の湯。大浴場には2つの湯船。ともに塩分を含んだ湯。さらに露天風呂に入り、湯から上がると隣の割烹「みちしお」で夕食。「刺身定食」を食べたが、名物の「貝汁」がついている。大きな器にアサリがたっぷり入っている。白味噌の貝汁だ。

 国道2号→国道190号で宇部へ。ここは「甲信編」で2日間、同行してくれ、今回の「本州西部編」でも丹後半島で同行してくれた若林さんの故郷。若林さんは「カソリさん、宇部ではウチに泊っていって下さいよ」ということで、ご両親に連絡しておいてくれた。

 遅い時間の到着にもかかわらず、若林家の豪邸にひと晩、泊めてもらった。お母さんはたくさんのおにぎりを用意して待ってくれていた。とっても温泉好き(若林家の家系?)な方で、なんともありがたいことに『山口県の温泉』の本をいただいた。おにぎりの夜食をおいしくいただいたあと、『山口県の温泉』を読ませてもらうのだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 青海島温泉「シーサイドホテル」
朝食 青海島温泉「シーサイドホテル」 ご飯、味噌汁、目玉焼き、焼き魚、胡麻豆腐、カマボコ、コンブ、のり、漬物
9時 青海島温泉「シーサイドホテル」を出発
713湯目 湯本温泉「恩湯」(140円)
714湯目 俵山温泉「白猿の湯」(700円)
715湯目 黄波戸温泉「黄波戸温泉交流センター」(400円)
716湯目 一の俣温泉「大衆浴場」(300円)
717湯目 油谷湾温泉「ホテル楊貴館」(1000円)
昼食 「魚肉ソーセージ」
718湯目 滝部温泉「滝部温泉」(1000円)
津波敷温泉 入浴のみは不可
719湯目 大河内温泉「大河内山荘」(600円)
720湯目 川棚温泉「川棚グランドホテル」(800円)
吉見温泉 入れず
19時35分 下関駅前に到着。「東京→下関」終了。「下関→東京」スタート!
721湯目 下関温泉「マリン温泉パーク」(1000円)
722湯目 みちしお温泉「みちしお」(700円)
夕食 「割烹みちしお」 「刺身定食」(1450円)
23時 宇部の若林宅に到着。ひと晩、泊めていただく
本日の走行距離数 246キロ
本日の温泉入浴数 10湯

青海島温泉「シーサイドホテル」の朝食青海島を出発湯本温泉「恩湯」

青海島温泉「シーサイドホテル」の朝食 青海島を出発 湯本温泉「恩湯」

俵山温泉「白猿の湯」「白猿の湯」の露天風呂黄波戸漁港

俵山温泉「白猿の湯」 「白猿の湯」の露天風呂 黄波戸漁港

一の俣温泉への道一の俣温泉「大衆浴場」一の俣温泉「大衆浴場」のツルツル湯

一の俣温泉への道 一の俣温泉「大衆浴場」 一の俣温泉「大衆浴場」のツルツル湯

油谷湾温泉「ホテル楊貴館」「ホテル楊貴館」の大浴場魚肉ソーセージの昼食

油谷湾温泉「ホテル楊貴館」 「ホテル楊貴館」の大浴場 魚肉ソーセージの昼食

滝部温泉の湯大河内温泉「大河内山荘」「大河内山荘」の湯

滝部温泉の湯 大河内温泉「大河内山荘」 「大河内山荘」の湯

川棚温泉「川棚グランドホテル」下関駅前に到着!下関温泉「マリン温泉パーク」

川棚温泉「川棚グランドホテル」 下関駅前に到着! 下関温泉「マリン温泉パーク」

みちしお温泉「みちしお」「割烹みちしお」の「刺身定食」

みちしお温泉「みちしお」 「割烹みちしお」の「刺身定食」  

Comments

Comments are closed.

  • イベントのお知らせ

    賀曽利隆が参加する
    ツーリングマップルイベント
    第二弾開催決定!
    【日時】2018年3月19日
        19:00~21:30
    【場所】東京都渋谷区渋谷
        cocoti SHIBUYA
    【料金】前売り2,500円
        当日 3,000円
    詳細は、ここをクリック
  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.68
    2月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    番外編・相模川遡上


    風まかせ No.66
    1月6日発売

    焚火日和

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up