カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[74日目]

投稿日:2018年1月25日

今日はいい天気だ〜!

西部編 25日目(2007年2月3日)

 岩滝温泉「喜楽屋」の朝湯に入る。露天風呂の湯につかりながら抜けるような青空を見上げる。

「今日はいい天気だ〜!」

 湯から上がると朝食。イカ刺しや干物、シラスおろし、ヒジキ、玉子焼きといった朝食を食べ、9時30分に出発。宿を出ると、玄関前では昭文社の若林さんがにこやかな笑顔でもってぼくを待ち構えていた。東京から夜通し高速道を走ってきたという。そんな若林さんと一緒に丹後半島の温泉をめぐる。

 第1湯目は橋立温泉の「智恵の湯」。10時ぴったりの到着。ここのオープンは10時なので一番湯を楽しんだ。内風呂と露天風呂の湯につかる。無色透明の湯には若干の塩分。北近畿タンゴ鉄道の天橋立駅前の温泉施設だが、日本三景の天橋立の玄関口にふさわしい趣のある建物だ。

 第2湯目はおおみや小町温泉「丹後おおみや」の湯。内風呂と露天風呂。露天風呂からは雪の大宮を一望する。

 第3湯目の伊根温泉へ。船屋とブリの定置網漁で知られる伊根の集落を抜け、さらに3キロほど北に走ったところにある。伊根リゾート内の「桜泉閣」の湯に入る。ここの大岩を配した屋根つきの露天風呂はいい。大浴場のほかに木の湯船の浴室もある。

 湯から上がると昼食。「かきフライ定食」を食べたが、揚げたての熱々のカキはうまかった。ここで若林さんと別れた。旅の先々でその地の理髪店に入り、散髪をしてもらっている若林さんは、これから伊根の理髪店を探し、散髪してもらうという。

 丹後半島最北端の経ヶ岬に立ち、若狭湾から日本海へ。

 第4湯目は宇川温泉「よし野の里」の湯。熱湯と温湯の2つの湯船。それと円形の露天風呂。高台上の温泉施設だ。

 第5湯目は弥栄温泉の「あしぎぬ温泉」。大浴場と露天風呂。無色透明の無味無臭の湯。源泉は80度という高温湯。

 第6湯目は丹後温泉「はしうど荘」の湯。内風呂と露天風呂。日本海を間近に眺める温泉だ。

 第7湯目は鳴き砂温泉「日本海」の湯。内風呂と露天風呂。湯につかりながら田園風景を眺める。ここには何軒かの温泉民宿がある。

 第8湯目は浅茂川温泉「静の里」の湯。湯気がもうもうとたちこめる内風呂。露天風呂からは真下に漁港を見下ろす。湯から上がると、ここで夕食。「握りずしの9種盛り」を食べた。

 第9湯目は夕日ヶ浦温泉「花ゆうみ」の湯。広い敷地の温泉で、大露天風呂の流れ落ちる湯がすごい。

 今晩の宿の木津温泉へ。行基によって発見されたという京都府内では最古の温泉。国道沿いの看板を目にし、飛び込みで老舗旅館の「ゑびすや」に行った。ラッキー。土曜日の夜で、ほぼ満室だというのに、それも21時近い時間にもかかわらず、泊めてもらえた。ここには旧館の「大正館」がそのまま現役で残されている。旧館は大人気なのだ。ぼくが泊った部屋は新館だったが、自由に「大正館」を見学できる。湯もよかった。源泉掛け流しの内風呂、露天風呂はともに趣のある石づくりの湯船。あやうく宿なしになるところだったので、よけいに湯のありがたさが身にしみた。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝食 岩滝温泉「ホテル喜楽家」 ご飯、味噌汁、イカ刺し、干物、シラスおろし、玉子焼き、ヒジキ、のり
9時30分 岩滝温泉「ホテル喜楽家」を出発
「若林さん」との出会い
661湯目 天橋立温泉「智恵の湯」(600円)
水戸谷峠 峠越え
662湯目 おおみや小町温泉「丹後おおみや」(500円)
663湯目  伊根温泉「桜泉閣」(700円)
昼食 「桜泉閣」 「かきフライ定食」(1200円)
「若林さん」との別れ
664湯目 宇川温泉「よし野の里」(600円)
665湯目 弥栄温泉「あしぎぬ温泉」(600円)
666湯目 丹後温泉「はしうど荘」(500円)
琴引浜温泉 鳴き砂の浜の露天風呂(無料湯)はつぶれていた…
667湯目 鳴き砂温泉「日本海」(500円)
668湯目 浅茂川温泉「静の里」(500円)
夕食 「静の里」 「握りずしの9種盛り」(1080円)
669湯目 夕日ヶ浦温泉「花ゆうみ」(600円)
20時 木津温泉「ゑびすや」(1泊朝食10150円)
670湯目 木津温泉「ゑびすや」
本日の走行距離数 143キロ
本日の温泉入浴数 10湯

岩滝温泉「ホテル喜楽家」からの眺め「ホテル喜楽家」の露天風呂「ホテル喜楽家」の朝食

岩滝温泉「ホテル喜楽家」からの眺め 「ホテル喜楽家」の露天風呂 「ホテル喜楽家」の朝食

「ホテル喜楽家」を出発阿蘇海を眺める天橋立温泉「智恵の湯」

「ホテル喜楽家」を出発 阿蘇海を眺める 天橋立温泉「智恵の湯」

おおみや小町温泉「丹後おおみや」「丹後おおみや」からの眺め「丹後おおみや」の湯につかる

おおみや小町温泉「丹後おおみや」 「丹後おおみや」からの眺め 「丹後おおみや」の湯につかる

大宮の雪景色伊根温泉「桜泉閣」に到着「桜泉閣」の玄関

大宮の雪景色 伊根温泉「桜泉閣」に到着 「桜泉閣」の玄関

「桜泉閣」の露天風呂に入る「桜泉閣」の内風呂「桜泉閣」の「かきフライ定食」

「桜泉閣」の露天風呂に入る 「桜泉閣」の内風呂 「桜泉閣」の「かきフライ定食」

「桜泉閣」の「かきフライ定食」を食べる丹後半島最北端の経ヶ岬。ここが関西の最北端宇川温泉「よし野の里」

「桜泉閣」の「かきフライ定食」を食べる 丹後半島最北端の経ヶ岬。ここが関西の最北端 宇川温泉「よし野の里」

弥栄温泉「あしぎぬ温泉」丹後温泉「はしうど荘」日本海の海岸線を行く

弥栄温泉「あしぎぬ温泉」 丹後温泉「はしうど荘」 日本海の海岸線を行く

日本海の琴引浜琴引浜温泉入口の案内板浅茂川温泉「静の里」の「握りずしの9種盛り」

日本海の琴引浜 琴引浜温泉入口の案内板 浅茂川温泉「静の里」の「握りずしの9種盛り」

夕日ヶ浦温泉「花ゆうみ」今晩の宿、木津温泉「ゑびすや」の内部

夕日ヶ浦温泉「花ゆうみ」 今晩の宿、木津温泉「ゑびすや」の内部  

Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.69
    4月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    いわき勿来編


    風まかせ No.67
    3月6日発売

    焚火日和

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up