カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[71日目]

投稿日:2018年1月11日

小松拠点の温泉めぐり

西部編 22日目(2007年1月31日)

 小松温泉「ウエルサンピア小松」の朝湯に入り、ご飯、味噌汁、塩ジャケ、カマボコ、ヒジキ、半熟卵、湯豆腐、サラダ、のりの朝食を食べ、9時30分、小松を拠点にしての温泉めぐりに出発。冷たい雨の中を走り出す。

 第1湯目は美川温泉「美川温泉観光ホテル」の湯。「ホテル部」と「総湯部」に分かれていて、「総湯部」の「総湯」に入る。

 第2湯目は川北温泉「ふれあいの湯」。ここは人気の湯で朝から大勢の人たちが来て混み合っていた。大広間もほぼ全席、「場所取り」されていた。わさわさと混みあっている大浴場の湯に入る。ほとんど無色透明の湯だが、有味無臭で若干の塩味がする。

 川北温泉からは手取川を渡って辰口温泉へ。ここは加賀でも屈指の古湯。「開湯1400年」の記念碑が建っている。だが、老舗温泉旅館「たがわ龍泉閣」で入浴を頼んだが、「まだ、露天風呂の準備ができていないので…」ということで入れず。ということで第3湯目は小高い丘の上にある新辰口温泉の「ふるさと温泉」になった。「辰口福祉会館」内の温泉で、ここも川北温泉同様、混みあっていた。

 第4湯目は湯谷温泉。九谷焼きの「九谷陶芸村」の近くにある「クアハウス九谷」の湯に入る。内風呂の無色透明の湯につかったが、かなり熱い湯で源泉は60度近い高温湯。飲泉可の温泉だ。湯谷温泉の湯から上がると、依然として降りつづく雨の中を走り、13時50分、小松に戻った。走行距離は54キロ。ここまでが小松拠点の温泉めぐり第1弾だ。

 ひきつづいて小松拠点の温泉めぐり第2弾目に出発。ありがたいことに雨が上がった。

 第5湯目は千代野温泉の温泉銭湯「千代野温泉」。ここは「よねさん」おすすめの温泉。大浴場とサニールーム内のかわいらしい湯船につかる。こげ茶色の湯。ほとんど無味無臭。

 第6湯目は鶴来温泉「さわだ旅館」の湯。こじんまりとした浴室と湯船。

 第7湯目はめおと岩温泉の日帰り湯「楽養館」。内風呂のみで無色透明の湯。浴室からは手取川の谷間を見下ろす。

 第8湯目は涌泉寺温泉の総湯「ピュア涌泉寺」。ここで「よねさん」登場。なんと5度目の出会いだ。勤務中、何度となく「300日3000湯」の速報をチェックし、ぼくの動きを推理していた「よねさん」。1時間早く仕事を切り上げ(つまりは早退)、「間違いない!」と確信を持って涌泉寺温泉に直行し、見事にカソリを捕獲した。ここではそんな「よねさん」と一緒に入る。無色透明の湯。飲泉可。大浴場のあと露天風呂に入る。3つの露天風呂があるが、それらはなかなかのものだ。

 涌泉寺温泉からは「よねさん」の先導で温泉をめぐる。

 第10湯目は泉龍温泉の温泉銭湯「ぽかぽからんど泉龍温泉」。そして19時30分、ふたたび小松に戻ってきた。ここまでが小松拠点の温泉めぐり第2弾。走行距離は70キロだった。

「よねさん」との温泉めぐりはさらにつづく。

 小松市内の芦城温泉と今江温泉の2湯に入る。ともに温泉銭湯。芦城温泉「さくらの湯」は3階建ての建物の2階。「桶置」の間があるのが、いかにも地元に密着した温泉銭湯らしい。

 今江温泉「今江温泉」は旧北陸街道に面している。昔なつかしい風情をたっぷりと残している。ここの源泉は50度で飲泉可。かなりミネラル分の濃い味だった。

 小松の市街地を離れ、「よねさん」おすすめのだるま温泉へ。だが、残念ながら「廃業湯」。「ここはほんとうにいい湯なんだけど…」と残念そう。ここでそんな「よねさん」と別れた。

 今晩の宿は木場潟の近くにある木場温泉の一軒宿「湖山荘」。宿近くのラーメン店「珍萬」で夕食。「ラーメンライス&餃子」を食べる。ライスには店のおばちゃんに断って、「よねさん」差し入れの納豆をかけて食べた。「よねさん」の気持ちが伝わってくるようで、「ラーメン納豆飯」はことのほかうまかった。

 木場温泉の「湖山荘」に到着したのは21時45分。ここも「旅館部」と「総湯部」に分かれているが、すでに営業を終えている「総湯」に自分一人でどっぷりと湯につかるのだった。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝食 小松温泉「ウエルサンピア小松」 ご飯、塩ジャケ、カマボコ、ヒジキ、半熟卵、湯豆腐、サラダ、のり、味噌汁
9時30分 小松温泉「ウエルサンピア小松」を出発
630湯目 美川温泉「美川温泉観光ホテルの総湯」(370円)
631湯目 川北温泉「ふれあいの湯」(200円)
辰口温泉 入れず
632湯目 新辰口温泉「ふるさと温泉」(200円)
昼食 新辰口温泉「ふるさと温泉」 「カレーライス」(500円)
633湯目 湯谷温泉「クアハウス九谷」(360円)
634湯目 千代野温泉「千代野温泉」(370円)
635湯目 鶴来温泉「さわだ旅館」(500円)
636湯目 めおと岩温泉「楽養館」(300円)
鳥越温泉「バードハミング」は定休日で入れず
中ノ峠 峠越え
「よねさん」との出会い
637湯目 涌泉寺温泉「総湯」(370円)
638湯目 加賀八幡温泉「総湯」(370円)
639湯目 泉龍温泉「泉龍温泉」(370円)
640湯目 芦城温泉「さくら湯」(370円)
641湯目 今江温泉「今江温泉」(370円)
うさみ温泉 休業中
だるま温泉 廃業湯
夕食 「珍萬」 「ラーメンライス&餃子」(1250円)
21時 木場温泉「湖山荘」(1泊朝食4000円)
642湯目 木場温泉「湖山荘」
本日の走行距離数 138キロ
本日の温泉入浴数 13湯

小松温泉「ウエルサンピア小松」からの眺め「ウエルサンピア小松」の朝湯に入る「ウエルサンピア小松」の朝食

小松温泉「ウエルサンピア小松」からの眺め 「ウエルサンピア小松」の朝湯に入る 「ウエルサンピア小松」の朝食

「ウエルサンピア小松」を出発「美川温泉観光ホテル」の総湯に入る手取川河口の風景

「ウエルサンピア小松」を出発 「美川温泉観光ホテル」の総湯に入る 手取川河口の風景

川北温泉「ふれあいの湯」辰口温泉の「開湯1400年」の記念碑辰口温泉の「たがわ龍泉閣」には入れず…

川北温泉「ふれあいの湯」 辰口温泉の「開湯1400年」の記念碑 辰口温泉の「たがわ龍泉閣」には入れず…

新辰口温泉「ふるさと温泉」昼食の「カレーライス」湯谷温泉「クアハウス九谷」

新辰口温泉「ふるさと温泉」 昼食の「カレーライス」 湯谷温泉「クアハウス九谷」

雨雲のたれこめた風景千代野温泉の「千代野温泉」鶴来温泉「さわだ旅館」

雨雲のたれこめた風景 千代野温泉の「千代野温泉」 鶴来温泉「さわだ旅館」

「さわだ旅館」の湯めおと岩温泉「楽養館」鳥越温泉「バードハミング」は定休日で入れず…

「さわだ旅館」の湯 めおと岩温泉「楽養館」 鳥越温泉「バードハミング」は定休日で入れず…

泉龍温泉の温泉銭湯「ぽかぽからんど泉龍温泉」芦城温泉「さくら湯」だるま温泉は廃業湯

泉龍温泉の温泉銭湯「ぽかぽからんど泉龍温泉」 芦城温泉「さくら湯」 だるま温泉は廃業湯

夕食は「珍萬」の「ラーメンライス&餃子」今晩の宿、木場温泉「湖山荘」に到着

夕食は「珍萬」の「ラーメンライス&餃子」 今晩の宿、木場温泉「湖山荘」に到着  

Comments

Comments are closed.

  • イベント情報

    キャンプミーティングinならは
    2018年9月8日
    日時:2018年9月8日
         15:00受付開始
       9日 復興ツーリング

    会場:天神岬スポーツ公園
       キャンプ場
       福島県楢葉町

    参加費:1,000円(テント泊)
        500円(日帰り)
        小学生以下は無料

    事前登録:登録フォーム

    問合せ:焚き火night事務局
       (担当:渡辺哲)
    https://www.facebook.com/
    akirawatanabe.790
  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.70
    6月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    いわき中央編


    風まかせ No.68
    5月7日発売

    焚火日和
    福島県楢葉町

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up