カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[70日目]

投稿日:2017年12月26日

金沢周辺の温泉めぐり

西部編 21日目(2007年1月30日)

「勝崎館」の朝食では煮物、明太子、焼き魚などで3杯飯を食べたあと、「よねさん」が差し入れてくれた納豆で4杯目を食べる。この「納豆飯」はうまかった。久ぶりに食べたという感じ。東日本の宿の朝食では納豆は定番だが、西日本になるとぱたっと消える。「よねさん」はそのあたりのことがわかっていて、それで納豆を2個、差し入れてくれたのだ。1個は前夜食べ、2個目を朝食で食べ、東日本人のカソリは元気が出た。

 スズキDJEBEL250XCを走らせて、金沢周辺の温泉めぐりの開始だ。

 第1湯目は深谷温泉。ここは行基によって発見されたといい伝えられている金沢近郊の古湯。口乃湯、中乃湯、元湯と3軒の温泉宿がある。まずは口乃湯の「泉館」へ。ここは以前、入ったことのある温泉宿。真っ黒なチョコレート色の湯に驚いたことがある。そんな「泉館」は廃業し、温泉宿はとり壊され、さら地になっていた。次に中乃湯の「清水旅館」に行く。玄関で何度となく声をかけたが、誰も出てこないので諦めかけた。そんなときに女将さんが外からやってきて入れた。茶色のぬるぬる湯。「清水旅館」の湯から上がると、元湯の温泉旅館「石屋」まで行き、そこから金沢市内に戻った。

 第2湯目は湯涌温泉。金沢の奥座敷といった古湯。金沢の中心、兼六園下の交差点から富山との県境の医王山の方向に向かい、いかにも加賀の古湯といった趣の温泉街に入っていく。ここは加賀藩の時代からの湯治場。温泉街奥の共同浴場「総湯」(入浴料320円)に入った。内風呂のみの「白鷺の湯」。きれいな明るい浴室。石づくりの湯船には気持ちよく入れた。豊富な湯量。入浴時間は7時〜22時と長い。入浴料が安く、なおかつ朝早くから夜遅くまで入れるというのは、レベルの高い共同浴場の証明だ。

 第3湯目は浅の川温泉の日帰り湯「湯楽」。ここは加越能(加賀・越中・能登)の温泉を知りつくしている「よねさん」おすすめの湯。入口近くの「湯楽」の大看板、「天然一番搾り 純生の湯」には思わず笑った。源泉掛け流しで飲泉可、泉質抜群の内風呂と露天風呂の湯を楽しんだ。まさに「湯楽」!

 金沢市内に戻り、第4湯目、金沢片町温泉の湯に入る。「ホテルアパ」の最上階、14階にある温泉だ。大浴場と露天風呂に入ったが、ここの露天風呂は「絶景湯」。金沢の市街地を一望。加越国境の山々をも一望した。

 第5湯目は兼六温泉の温泉銭湯「兼六温泉」。内風呂、露天風呂ともに真っ黒な湯の色。ヌルヌル系の湯で肌がツルツルスベスベする。湯から上がると、近くの「ファミリーマート」で「カニチャーハン」と「魚肉ソーセージ」の昼食にする。

 金沢からは国道8号の旧道を行く。

 第6湯目は有松温泉「れもん湯」。大浴場にはいくつもの湯船がある。打たせ湯もある。豪快に流れ落ちる打たせ湯には気持ちよく打たれた。体がスーッと楽になる。

 第7湯目はクオレ温泉「健康センタークオレ」の湯。大浴場には何種もの湯船。茶色っぽい湯につかる。

 第8湯目のオータム温泉に向かおうとしたところで「よねさん」登場。今日は富山県内の病院での健康診断だったそうで、それを終えるとすぐに金沢にかけつけてくれた。ここからは「よねさん」の先導で金沢近郊の温泉をめぐった。

 オータム温泉の日帰り湯「しあわせの湯」。大浴場は茶色い湯。しょぱい湯の味。露天風呂はわずかに色つきでほとんど無味。「しあわせの湯」から上がると、国道8号に出、白山市へ。

 第9湯目の富士温泉の「富士温泉」、第10湯目の笠間温泉の「笠間ふれあい温泉」と白山市内の温泉銭湯2湯をめぐり、「よねさん」と別れた。

 第11湯目は松任CCZ温泉「松任海浜温泉」の湯。露天風呂からは目の前を通る北陸道を見る。湯から上がると、北陸道の小松IC近くのラーメン店「宝龍」で「味噌ラーメン」と「シーフードサラダ」を食べ、小松温泉の「ウエルサンピア小松」に泊った。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝食 津幡の「勝崎館」 ご飯、焼き魚、玉子焼き、明太子、煮物、のり、漬物、味噌汁9時00分 津幡の「勝崎館」を出発
倶利伽羅温泉 廃業湯
倶利伽羅峠 峠返し
高窪峠 峠返し
618湯目 深谷温泉「清水旅館」(700円)
619湯目 湯涌温泉「総湯 白鷺の湯」(320円)
620湯目 浅の川温泉「湯楽」(350円)
みろく温泉 定休日で入れず
621湯目 金沢片町温泉「アパホテル」(500円)※1時間
622湯目 兼六温泉「兼六温泉」(370円)
昼食 「ファミリーマート」の「カニチャーハン」(480円)
623湯目 有松温泉「れもん湯」(370円)
624湯目 クオレ温泉「健康センタークオレ」(500円)
「よねさん」との出会い
625湯目 オータム温泉「しあわせの湯」(500円)
626湯目 富士温泉「富士温泉」(370円)
千代野温泉 定休日で入れず
627湯目 笠間温泉「笠間ふれあい温泉」(370円)
「よねさん」との別れ
628湯目 松任CCZ温泉「松任海浜温泉」(370円)
夕食 小松の「ラーメン寶龍」 「味噌ラーメン」(630円)、「シーフードサラダ」(530円)
21時40分 小松温泉「ウエルサンピア小松」(1泊朝食6760円)
629湯目 小松温泉「ウエルサンピア小松」
本日の走行距離数 149キロ
本日の温泉入浴数 12湯

津幡の「勝崎館」の朝食津幡の「勝崎館」を出発国道8号の倶利伽羅峠のトンネル

津幡の「勝崎館」の朝食 津幡の「勝崎館」を出発 国道8号の倶利伽羅峠のトンネル

国道304号の高窪峠深谷温泉「清水旅館」の湯湯涌温泉の総湯「白鷺の湯」

国道304号の高窪峠 深谷温泉「清水旅館」の湯 湯涌温泉の総湯「白鷺の湯」

浅の川温泉「湯楽」金沢片町温泉「アパホテル」入口「アパホテル」の露天風呂

浅の川温泉「湯楽」 金沢片町温泉「アパホテル」入口 「アパホテル」の露天風呂

「アパホテル」から見下ろす金沢兼六温泉「兼六温泉」「ファミリーマート」の「カニチャーハン」

「アパホテル」から見下ろす金沢 兼六温泉「兼六温泉」 「ファミリーマート」の「カニチャーハン」

有松温泉「れもん湯」クオレ温泉「健康センタークオレ」オータム温泉「しあわせの湯」でよねさん差し入れの「リポビタンD」を飲む

有松温泉「れもん湯」 クオレ温泉「健康センタークオレ」 オータム温泉「しあわせの湯」でよねさん差し入れの「リポビタンD」を飲む

富士温泉でジェベルの写真を撮るよねさん笠間温泉「笠間ふれあい温泉」の湯につかる夕食の「味噌ラーメン」と「シーフードサラダ」

富士温泉でジェベルの写真を撮るよねさん 笠間温泉「笠間ふれあい温泉」の湯につかる 夕食の「味噌ラーメン」と「シーフードサラダ」

小松温泉「ウエルサンピア小松」に到着

小松温泉「ウエルサンピア小松」に到着    

Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.67
    12月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    道志村


    風まかせ No.66
    1月6日発売

    焚火日和

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up