カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

温泉めぐり日本一周[69日目]

投稿日:2017年12月17日

「こういうこともあるさ」

西部編 20日目(2007年1月29日)

 内灘砂丘温泉「内灘町福祉センター」の朝湯に入る。茶色い湯。湯船は深い。湯にどっぷりつかりながら能登半島の山並みから昇る朝日を見る。昨日の天気とはうってかわって、今日は晴天だ。朝食を食べて9時、内灘砂丘温泉「内灘町福祉センター」を出発。河北潟放水路にかかる内灘大橋を渡って金沢へ。

 金沢からは国道157号で白峰を通り、石川・福井県境の谷峠に向かう。谷峠の「峠返し」で折り返し、白峰に戻ってきた。白峰の「志んさ本舗」で「とち餅」を買って食べ、それを昼食にした。

 第1湯目は白峰温泉の日帰り湯「白山天望の湯」。内風呂と露天風呂に入ったが、ともにぬめりのある湯。露天風呂からは白山の主峰群を望む。

 第2湯目は白山一里野温泉「温泉センター天領」の湯。入浴料は入口には700円と書いてあったが、実際には600円だった。ここの大岩を組み合わせた露天風呂はすばらしい。ぬめりのある湯で飲泉可。

 第3湯目は白山中宮温泉「新中宮温泉センター」の湯。ここは内風呂のみ。大岩を配した湯船で、やはり湯にはぬめりがある。ここから中宮温泉には雪で行けなかった。

 第4湯目は瀬女温泉。ここは内風呂のみで地元のみなさんにとっては共同浴場的な湯。入浴料も300円と安い。湯につかりながら「湯の中談義」ができるような温泉。すぐ近くには新しくできた「かんぽの宿」があるが、ここの入浴料は800円。見るだけで入らなかった。つづいて女原温泉に行ったが、ここは定休日だった。

 第6湯目は白山杉の子温泉の日帰り湯「白山杉の子温泉」。ここは源泉掛け流し。小さな浴室なのだが、次々に入浴客がやってくる。みなさんよく知っていて、泉質のいい温泉には多くの人がやってくる。木の湯船につかりながら隣の人と話すと、金沢から車で来たというビジネスマン。白峰からの帰りだという。「(国道157号を通るときは)いつもここで、ひと風呂、浴びていくんですよ」という。「この湯に入ると、もうほかの湯には入れません」ともいう。

 第7湯目は国道157号から1キロほど入ったところにある瀬波温泉「白山里」の湯。ここは何とも雰囲気のある木造の建物で、宿泊も可。内風呂の湯につかりながら、今度は「泊りで来たい」と思わせるようなところだった。

 第8湯目は「金沢セイモアスキー場」にある河内千丈温泉。ここでは「保養センター清流」の湯に入った。内風呂のみ。湯から上がると、「よねさん」がぼくを待ち構えていた。「きっとカソリさんはここに寄る」とネライをつけ、仕事を終えるとすぐさま駆けつけてきてくれたという。

「よねさん」と一緒に金沢市内へ。

 第9湯目の野々市温泉の日帰り湯「美人の湯」にはよねさんと一緒に入った。大浴場と露天風呂は茶色い湯。湯から上がると、「リポビタンD」で乾杯だ。「よねさん」は今晩の宿、津幡の「勝崎館」まで同行してくれた。

 第10湯目の「勝崎の湯」につかる。「これで今日も10湯、達成だな」と喜んだのもつかのま、湯から上がると、宿の女将さんから「ごめんなさいね。2年ほど前からウチは温泉ではないのよ」といわれガックリ…。幻の第10湯目に終わったが、「こういうこともあるさ」で気をとりなおし、夕食にする。まずは「野菜ジュース」を飲み、「魚肉ソーセージ」、「焼さば」、「かにめし」、「コロッケ」、「納豆」と食べていく。これらはすべて「よねさん」からの差し入れだ。

本日のデータ 料金等は当時のものです
朝湯 内灘砂丘温泉「内灘町福祉センター」
朝食 内灘砂丘温泉「内灘町福祉センター」 ご飯、焼き魚、カマボコ、豆腐、のり、漬物、味噌汁
9時 内灘砂丘温泉「内灘町福祉センター」を出発
谷峠 峠返し
昼食 白峰の「志んさ本舗」 「とち餅5個」(650円)
609湯目 白峰温泉「白山天望の湯」(650円)
610湯目 白山一里野温泉「温泉センター天領」(700円)
611湯目 新中宮温泉「新中宮温泉センター」(300円)
612湯目 瀬女温泉「瀬女温泉センター」(300円)
女原温泉 定休日で入れず
613湯目 大門温泉「大門温泉センター」(300円)
614湯目 白山杉の子温泉「白山杉の子温泉」(330円)
615湯目 瀬波温泉「白山里」(350円)
めおと岩温泉 定休日で入れず
616湯目 河内千丈温泉(350円)
「よねさん」との出会い
617湯目 野々市温泉「美人の湯」(500円)
21時 津幡の「勝崎館」(1泊朝食6300円)
「よねさん」との別れ
夕食 「よねさん」の差し入れ 焼きソバ、かんめし、コロッケ、納豆、魚肉ソーセージ
本日の走行距離数 208キロ
本日の温泉入浴数 9湯

内灘砂丘温泉「内灘町福祉センター」の朝食「内灘町福祉センター」を出発河北潟放水路にかかる内灘大橋を渡る

内灘砂丘温泉「内灘町福祉センター」の朝食 「内灘町福祉センター」を出発 河北潟放水路にかかる内灘大橋を渡る

内灘大橋から見る河北潟雪の白峰にやってきた白峰温泉「総湯」。14時30分からなので入れず

内灘大橋から見る河北潟 雪の白峰にやってきた 白峰温泉「総湯」。14時30分からなので入れず

石川・福井県境の谷峠のトンネル谷峠のトンネルを抜けて福井県側に入ったところで折り返す谷峠の峠返しで石川県側を下っていく

石川・福井県境の谷峠のトンネル 谷峠のトンネルを抜けて福井県側に入ったところで折り返す 谷峠の峠返しで石川県側を下っていく

白峰のスキー場白峰名物の「とち餅」白峰温泉「白山天望の湯」

白峰のスキー場 白峰名物の「とち餅」 白峰温泉「白山天望の湯」

「白山天望の湯」からの眺め白山一里野温泉「温泉センター天領」のスキー場白山一里野温泉「温泉センター天領」

「白山天望の湯」からの眺め 白山一里野温泉「温泉センター天領」のスキー場 白山一里野温泉「温泉センター天領」

「温泉センター天領」の露天風呂に入る新中宮温泉「新中宮温泉センター」瀬女温泉「瀬女温泉センター」

「温泉センター天領」の露天風呂に入る 新中宮温泉「新中宮温泉センター」 瀬女温泉「瀬女温泉センター」

女原温泉は定休日で入れず大門温泉「大門温泉センター」白山杉の子温泉「白山杉の子温泉」

女原温泉は定休日で入れず 大門温泉「大門温泉センター」 白山杉の子温泉「白山杉の子温泉」

瀬波温泉「白山里」河内千丈温泉「保養センター清流」のニホンカモシカのはく製野々市温泉「美人の湯」。よねさんと一緒に入る

瀬波温泉「白山里」 河内千丈温泉「保養センター清流」のニホンカモシカのはく製 野々市温泉「美人の湯」。よねさんと一緒に入る

夕食はよねさんの差し入れ

夕食はよねさんの差し入れ    

Comments

Comments are closed.

  • カソリ登場! イベント情報

    Vストロームミーティング2018
    2018年9月2日
    日時:2018年9月2日
       10:00〜14:00

    会場:スズキ株式会社本社
       浜松市南区高塚町300

    参加費:無料

    詳しくは下記ホームページで
    http://www1.suzuki.co.jp/
    motor/vstrom_meeting2018/
    キャンプミーティングinならは
    2018年9月8日
    日時:2018年9月8日
         15:00受付開始
       9日 復興ツーリング

    会場:天神岬スポーツ公園
       キャンプ場
       福島県楢葉町

    参加費:1,000円(テント泊)
        500円(日帰り)
        小学生以下は無料

    事前登録:登録フォーム

    問合せ:焚き火night事務局
       (担当:渡辺哲)
    https://www.facebook.com/
    akirawatanabe.790
    最西端ミーティング
    2018年9月15日〜16日
    日時:2018年9月15〜16日

    会場:長崎県佐世保市
       長串山公園

    参加費:5,000円

    詳しくはTHE ROUND 4 POLESホームページで
    最西端ミーティング
    https://www.round4poles.com
  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.71
    8月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    いわき湯本IC編


    風まかせ No.69
    7月6日発売

    焚火日和

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    2018年度版発刊に寄せて
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

Scroll Up